« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

つり革

 こんばんは、チェスです。

 本日、東京競馬場に行きました。東京競馬場に行くためには何通りかのルートが考えられますが、チェス家から出かけるメインルートは新宿から京王電鉄に乗って東府中で乗り換えるというものです。
 京王電鉄は、八王子へ行く電車と、高尾山口へ向かう電車とを当初1つの編成で走らせて、途中で切り離し、2つの電車に分割するということをしています。
 お客様が、八王子に行くつもりだったのに、高尾山の方の電車に乗ってしまった、ということが無い様に、つり革の色を、白と緑色というように変えることによって、行く先別の電車である注意を促しています。
 なるほど、前半の電車と、後半の電車では、つり革の色が違います。結構いいアイディアではないかと思いました。

 ところで、「つり革」と言いますが、現在の電車において、天井から下がっているものは、樹脂製の輪っかですよね。考えてみれば、革に白だの緑色だのの色をつけるのは大変です。不可能ではないと思いますが。

続きを読む "つり革"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みどりの日

 こんばんは、チェスです。

 世間的には、ゴールデンウィークのスタートで、今年は曜日の並びが中々良くて、2日と6日のお休みを取れば、忽ち長期休暇の出来あがり、というワケですから、普段はご家族との付き合いのないお父様族などは、罪滅ぼしのご家族サービスということで、ちょっと遠方への旅行など、ま、これはこれで大変でございましょう。

 4月29日は、「みどりの日」。昭和の御世は、天皇誕生日という祝日でした。今上天皇陛下が御代わりになって、「みどりの日」と名前が変わったのですが、今度この日を「昭和の日」にしよう、ということで、確か法案が国会を通ったんだったっけかな?主旨はよくわかりますし、祝日の意味的にも明確になっていいのではないのかな、と思います。

続きを読む "みどりの日"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピスタチオ

 こんばんは、チェスです。

 相変わらず、ミックスナッツが好きで、パソコンのキーボードを叩く傍らにミックスナッツを入れた容器を待機させています。
 前にこの記事にミックスナッツのことを書いた時には、あのメンバーの中に、どいつかはわからないけれど、全体の価格を上げている高価なのがいるに違いない、などと書いたと思います。
 で、今はその面々の中で、気になるメンバーがいます。
 非常に堅い殻に防御されており、最初はそうと気がつかずに、殻ごと食べてしまい、口の中が処分しようもない堅い殻の残骸だらけになって、えらい目に合いました。
 あの殻は、爪で割って、中の身だけを食べるものだったんですね。他のアーモンドやカシュー・ナッツ、胡桃にピーナッツという素性の知れた連中は、そのままぽいっと口に放り込めばいいだけに、こいつは扱い難くイヤな奴、と思っていました。面倒くさいじゃないですか。

 ですが、爪でパリ、パリと割りながら食べていると、なんだかこいつは味にコクがあるし、濃厚な感じで一粒でトクしたみたいな気がするのです。

続きを読む "ピスタチオ"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

鉄道システム

 こんばんは、チェスです。

 JR西日本の福知山線での脱線事故は、鉄道事故としては未曾有の大事故になってしまいました。
 本日(4月27日)段階で、100名近い方の死亡が確認されたのです。

 運悪くあの電車に乗ってしまった、あるいは乗らざるを得なかった、その結果、全く唐突に命を奪われてしまった無念は、如何ばかりでありましょう。
 果たして事故の原因はどんなことであったのか、これだけの人命が失われた大事故なのですから、徹底した究明がなされると思います。素人的には、原因は単純なものではなくて、いくつもの細かな出来事が複合的に重なってしまったように思われますが、これは専門家の調査により、明らかにされるでしょう。

 仮に、安全対策の不徹底、不充分というものが明らかになり、また人的なミスが判明していけば、当然のことながら、JR西日本の鉄道会社としての責任は重大であり、この点において刑事責任が発生してくるでしょう。

 ただ、こうした大事故が発生すると、マスコミや、それに顔を出す専門家と称する人の中に、相当に片寄ったと思われる意見を言う人が出てくるのです。

続きを読む "鉄道システム"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モールス信号

 こんばんは、チェスです。

 モールス信号、というのをご存知でしょうか?

 よく戦争映画の一場面で、無線連絡をしている通信兵がツーツー トントンと電鍵を打っているところがあるでしょ?
 あれはツーツー トントンの組み合わせで言葉を送って通信しているのですが、そのツーツー トントンの組み合わせをモールス信号と言います。モールスというのはこの信号を開発した技術者の名前ではないかと思います。たぶん。

 長い信号と短い信号の組み合わせですから、極めてシンプルであり、場合によっては現在でも使われることがあるのではないでしょうか。

 ところで、携帯電話で送るメール、ありますよね。小職、半年程前までは、携帯電話はもっぱら「i-mode端末」としてしか使っておらず、ごくたまに電話機として通話をする、というごく限定した使い方をしておりました。
 しかし、何がきっかけで、携帯メールという機能を使う様になるか、わかりません。

続きを読む "モールス信号"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一日の長

 こんばんは、チェスです。

 「いちじつのちょう」と読みます。にちにちのちょう、と読んではいけません。

 この言葉も、論語から来ているそうです。元は、1日だけ先に生まれた、つまり、ほんの少し年長である、という意味ですが、これが転じて、学業だとか、技能だとか何か比較の対象がある場合に、「少しだけど、優れている」という場合に「一日の長がある」などと使われるようになりました。

 「少しだけ」ということで、謙遜の響きがあるのか?というと、それはあまりないみたいです。ですから自分で、「私は、将棋は彼にはまだ負けたことはないです。まぁ一日の長がありますね。」などといっても、これは自慢げに聞こえてしまいますから、言わない方がいいでしょう。
 あくまで第三者が、AさんとBさんの何か技能などを比較して、論評する上での表現なんですね。
 AさんとBさんは、結構いい勝負をするけれど、今のところは駒落ちでないとBさんの勝ち目は少ないと思いますね。さすがにAさんには、一日の長がありますでしょう。みたいな使い方をすると、ナルホド、と思ってしまうわけです。


続きを読む "一日の長"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アブラムシがついた

 こんばんは、チェスです。

 日によっては東京では夏日という状況になってきたので、ハイビスカスの鉢を外に出すことにしました。
 ルーフバルコニーに、カポックが出しっぱなしになっていて、その隣に冬ごしに成功したカーネーションが置いてありますが、その間にハイビスカスを置きました。
 コーヒーの出し殻が肥料になる、と聞いて、時々コーヒーの出し殻を置いたりして、若葉がアチコチから出てきて、見ていて気持ち良いです。

 が、気持ち良くない事態になりました。

続きを読む "アブラムシがついた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

板橋区は中々広い

 こんばんは、チェスです。

 大変久しぶりに、板橋区の上板橋体育館(訂正「東板橋体育館」です)に行ってきました。そのルポは「コースロープはいらない!」に書きますので、そちらをどうぞ。

 で、プールで水遊びを堪能した後、ワインを仕入れに「水夢イルカ」様に教わった酒屋さんに行きました。
 何となく、同じ板橋区だからすぐに着くだろう、と思って歩きましたが、地下鉄三田線の駅2つ半分くらいを歩くことになりました。
 でも、国道17号線に平行している「旧中山道」。この道は商店街なのですが、かなり長い商店街で、スーパーやデパート地下が好きなチェスにとっては、商店街を歩くというのはこれで中々楽しいのです。

 時、あたかも夕方の買い物時分。
 商店街は買い物客で非常に賑わっておりました。

 ところで、小職はかなり勘違いをしていて、中山道を北に歩けば、じきに着いてしまうだろうと思ったのですが、これが間違いで・・まだ環七の内側をウロウロしていただけなのでした。
 環七との交差点付近が、地下鉄三田線の駅でいうと、板橋本町。更に一駅歩いて、志村坂上(訂正「本蓮沼」です。)、この駅を過ぎて更に北上し、やっと酒屋さんです。


続きを読む "板橋区は中々広い"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

関西国際空港

 こんばんは、チェスです。

 来ました、来ましたよぉ!

 何が?

 京都テクノブレインから、「新製品のお知らせメール」が来たのです。
 前回の「ぼくは航空管制官2」シリーズの新千歳空港から、次の新製品が何時出るかと待っておりましたが、とうとう出るのです。

 それが、今回のお知らせメールで登録ユーザーに告知された「関空CrossOverArea」

 大阪湾に造成された、世界初の人工海上空港。滑走路のどちら側からも、ILS進入ができるという、国内屈指の設備を誇ります。この空港は、現在第2滑走路増設工事の真っ最中です。アジアのハブ空港の一角として、今後益々その比重を高めていくでしょう。

 さて、今回のぼく管2の新製品での注目は、このゲームタイトル名に出ています。-クロスオーバーエリア-
 関西国際空港には、通称「関西レーダー」という広域管制をしている組織がございます。
 広域管制とは、何をやっているのか?

続きを読む "関西国際空港"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

負け試合には

 こんばんは、チェスです。

 小職は、あまりプロ野球というものを見ませんが、チェス家では、父親と、チェス弟が、読売球団のファンなので、プロ野球が始まりますと、夜のテレビでは、東京ドームの野球中継を見させられるという面白くない事態となります。

 テレビ中継のみならず、チェス弟は東京ドームに読売の応援に時々出掛けています。筋金入りのファンということになりましょう。
 ところが、今年の読売球団は、どうもあまり調子が良くなく、セントラルリーグの中でも下位の方に低迷しているらしいです。
 本日もちらりとテレビを見たところ、阪神球団を迎えての試合で、かなり劣勢のスコアでありました。しかし、昨日は読売お得意のホームラン攻勢で、阪神を圧倒していたみたいで、チェス弟も機嫌が良かったのでした。
 ただ、その機嫌の良さも、なんだか捻れているみたいで、彼がドームに応援に行った試合は、2試合とも負けているのだそうです。
 つまり、
「どうせ東京ドームに応援に行くのなら、このような勝ち試合に行きたい」
ということみたいです。でも、こればっかりは「この試合は必ず勝ちますチケット」なるものが無い以上、仕方がないでしょう。

続きを読む "負け試合には"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地図の日 その2

 こんばんは、チェスです。

 昨日の記事が、思いもかけずに長くなってしまったので、2日に分けました。

 伊能忠敬さんの面白いところは、江戸時代の平均的人生としては最早晩年と言ってよい50歳になってから、一念発起して、測地、測量という学問を学ぶことを決意するのです。測地、測量ということを学ぶには、天文観測が必要です。当時の日本で、そうしたことを学ぶことができるのは、幕府の天文方について学ぶしか方法はありませんでした。で、当時の幕府の天文方、高橋至時について天文測量を学んだのです。
 この高橋至時も、優れた天才学者でした。そして、自分よりはるかに年上の伊能忠敬に、西洋の天文測量学を熱心に教えます。
 ですが、この優れた学者、高橋至時は、惜しくも39歳にして亡くなってしまいます。
 忠敬さんは、年下の先生の若すぎる死にもめげずに、日本測量という大事業を行ない、当時としては画期的に精密な日本地図を作り上げたのです。(実際には、伊能忠敬さんの存命中には完成せず、弟子達の手によって日本全図は完成されたと言われています。)

 この伊能忠敬さんが、日本中を測量して回ったデータを元にして出来あがった日本地図=伊能図と呼ばれています=は、大変に正確、精密なものでした。逆に言えば、それまでの日本には、マトモな地図は存在していなかった、とも言うことができます。

続きを読む "地図の日 その2"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

地図の日 その1

 こんばんは、チェスです。

 小職が、この記事をココログに掲載した、4月19日という日は「地図の日」なのだそうです。
 地図大好き人間としては、ちょっと素通りできない日でございますね。(って言っても、あと2時間ちょっとで終わってしまうケド・・)

 まずは、「地図の日」の由来から調べてみましょう。って、地図の日の紹介記事に書いてありました。江戸時代の地理学者(という紹介で合っているのか?)の、伊能忠敬さんが、当時まともな地図の存在していなかった日本の正確な地図を作るために、第1回の測量に出発したのが、この4月19日という日なのだそうです。(東京新聞4月19日のコラムより)

 私の住む台東区は、歴史的にも色々と面白い場所があるのですが、家から歩いて5、6分の場所に「浅草天文台の跡」というのがあります。跡、といっても、かつてこの場所に、天文台がありました、という台東区が立てた史跡表示があるのみで、何かが残っているという訳ではないのですが、ともかく、江戸幕府が暦の編纂のために現在の蔵前の地に天文台を運営していたという事実がございます。
 

続きを読む "地図の日 その1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

通信販売

 こんばんは、チェスです。

 かつて、(たぶん小職の母親が)何回か利用した事がある通信販売会社のカタログが、未だにウチの郵便受けに放り込まれてきます。
 これは結構な厚さの雑誌並みで、全ページカラー印刷ですから、カタログ作成にもそれなりに経費がかかっていることでしょう。更には、このカタログを一度でも利用した事がある顧客に配送しなくてはなりませんから、その配送費の方も相当なものだろうと思います。

 試しに袋を破って、カタログをパラパラと眺めて見ますと、印刷も中々お金がかかっていそうです。こいつはグラビア印刷を使っているのではないでしょうか。

 突然話が横道に逸れますけれど、「グラビア」という用語、これは印刷原理の一つです。写真製版によって原版を作り、凹版の凹みの深さにより、濃淡を表現するので、写真とか美術画などを印刷するのに向いている原理です。だから正確には「グラビア印刷」と言います。
 それが用法的に、グラビア印刷によって出来あがった出版物、写真週刊誌とか写真月刊誌などを差してグラビア誌と言うようになり、あるいはカラー写真ページのことをグラビアと言ったりするようになりました。でもってついには、このグラビアページを飾る水着姿の女の子のことを「グラビアアイドル」などと言う様になったに至っては、用語も二転三転、流れて行きつく先はどこでしょう?という感じであります。

続きを読む "通信販売"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

デモ

 こんばんは、チェスです。

 最近のニュースでは、毎日のように中国で行なわれているという「反日デモ」の扱いが大きいですね。
 これについては、私も色々言いたい事がありますけれど、それについて書くのが本日のテーマではありません。
 デモ、と簡単に書きましたし、皆さんもどういうことかおわかりかと思いますが、この言葉は元は英語ですが、最早日本語です。

 おそらくデモの元の単語は、demonstration デモンストレーション-名詞-動詞になると、デモンストレイト、だと思います。

 確かに、この言葉は、英和辞典を引きますと、「示威行動」という意味も出てきますから、この意味を使って、略された結果が、日本語の「デモ」でありましょうね。

 しかし、元々は、「論証」とか、「証明すること」という意味です。

続きを読む "デモ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーケストラの指揮者

 こんばんは、チェスです。

 なんでも、男子と生まれたからには、必ずなってみたい職業(やってみたい仕事だったかな?)が3つあるそうです。
 1つは、プロ野球の監督。
 2つ目は、連合艦隊の司令長官。
 そして3つ目が、オーケストラの指揮者だそうです。
 プロ野球は、どうも最近、その人気はかつての黄金時代ほどではなく、人気が落ちたので球団経営が苦しくなり身売りということになったのか、逆に球団経営がヘタなので人気が落ちたのか、そのあたりは両方あるような気がするのですが、どうもこの仕事は昔ほど魅力的ではなくなりました。
 ただ、今でも私より上の世代は、「Jリーグよりプロ野球」という世代でありますから、これは作家の北杜夫さんのアイディアなのですが、「素人監督宝くじ」というものを売り出したら面白いぞ、と思います。オールスターゲームは2試合乃至3試合ですが、そのうち1試合を充てるか、あるいはこの素人監督用に試合を新設します。セントラルとパシフィックのオールスターチームを、素人の監督が率いて試合をするのです。素人ですから、とても9回は持ちませんから、3回で交代してもらい、先の宝くじを購入した人の中から抽選で当たった6人が、オールスターチームの監督を経験できるわけです。
 連合艦隊の指令長官は、旗艦「三笠」に乗って連合艦隊の全てを率いて、ロシアのバルチック艦隊を迎え撃った日本海海戦が、言ってみれば絶頂期であり、このあたりのことを追体験できるシミュレーション装置があればいいですね。但し連合艦隊それ自体は、第2次世界大戦で日本が敗戦致しましたので、解体してしまい、本物はどう頑張ってもなることは出来ません。

 さて、3番目の、オーケストラの指揮者。
 実は、こいつが最も魅力があるのです。

続きを読む "オーケストラの指揮者"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニンテンドッグス

 こんばんは、チェスです。

 昨日は、とんだヘマをやらかしました。この「タネがいっぱい」用に書いておいた記事を、事もあろうに「コースロープはいらない!」の方にアップしてしまったのであります。やれやれ。気をつけなければいけませんね。
 小職は、会社ではもうなんでもやらされていまして、会社のWebサイトの更新作業も小職の仕事ですが、自分のブログのヘマは仕方ないとして、会社のWebサイトでヘマをやらかしては目も当てられません。

 ところで。

 通勤に使うJRの電車の広告で、どうも気になるニンテンドーのゲームソフトの広告があります。その名も「ニンテンドッグス」ミニチュア・ダックス、チワワ、柴犬の3匹が用意されている、犬の飼育シミュレーションソフトみたいです。
 動物のシミュレーション・ソフト、それ自体は、特に目新しいものではなく、パソコン用には随分前から登場しています。
 デスクトップの全体を水槽にしてしまう、「アクアリウム」というソフトは、見た目も涼しげで楽しく、熱帯魚ファンなどには受けたのではないかと思いますし、実際かなりの本数を売ったメジャーなソフトになったと記憶しています。

 なら、「ニンテンドッグス」はどこか気になるのか。

続きを読む "ニンテンドッグス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

音楽を携帯する

 こんばんは、チェスです。

 小職が定期購読している雑誌(定期的に、も含む)は、何誌かあるのですが、その中の真面目な雑誌「日経パソコン」は情報収集のためにも、日常業務のヒントとしても中々役立っていて、もう10年以上は読み続けております。
 最新号の特集記事には、「携帯音楽プレイヤー購入完全ガイド」であり、購入を考えている人には中々参考になる記事でありましょう。
 勿論、日経パソコンが特集しているのですから、この場合の音楽プレイヤーは、CDやMD、カセットテープ、まして言わんやレコードプレーヤーのことではございません。フラッシュメモリーやHDDを音楽データの記憶媒体として、これらに自分で音楽データを転送し、聴いて楽しむプレイヤーのことです。

 これらの新世代音楽プレイヤーが登場するまでは、携帯音楽プレーヤーは何が主役であったか。
 そうです、MDプレーヤーですね。ま、今でもお使いの方は多いでしょう。
「日経パソコン」の上記の記事のデータによると、昨年までは、携帯音楽プレイヤーのトップシェアを持っていたのは、このMDプレイヤーだったのですが、今年に入ってこのシェアが逆転してしまったのだとか。昨年12月に、小職はこのテーマで記事を書いているのですが、その頃はまだMDがトップシェアを持っていたようです。

続きを読む "音楽を携帯する"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきうどん

 こんばんは、チェスです。

 小職は、たぬきうどんという奴が好きで、お昼に時々蕎麦屋の出前でこいつを取って食べます。
 本当は、うどんより、お蕎麦の方が好きなのですが、出前で取ると、蕎麦はどうしてものびてしまいます。ひどい時には、御汁を程よく吸い込んで、団子の如き状況を呈している時もありますので、出前でお蕎麦は取りません。ま、蕎麦がのびてしまうのは、必ずしも蕎麦屋ばかりの責任とは言い難く、毎度毎度、お昼のチャイムが鳴ってから、即座に息せき切って食堂に駆けつけるわけにはいきませんから(運悪く正午直前に電話がかかることだってあるし)小職の責任ということもあります。
 その点、うどんの方は、放置によく耐えてくれますから、出前に向いていると言えましょう。
 で、たぬきです。

 きつねうどん、というのは、お醤油で煮た油揚げが載っています。油揚げは、どういうわけかきつねの好物ということになっているので、油揚げが載っているのをきつねうどんというのだ、というのは、まぁわかり易い説明でありますね。

続きを読む "たぬきうどん"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

エイトマン

 こんばんは、チェスです。

 スマップの面々が、全員そろってアニメソングのクラシックとも言うべき「エイトマン」の主題歌を唄っている、そんなテレビCMがございます。まだ流れていると思いますので、皆様も(テレビが嫌いな人は別にして)ご覧になった事があるでしょう。
 小職は最初、「どうして『エイトマン』なんだろう?」と、ちょっと不思議に思いましたが、これはブロードバンドインターネット接続サービスの「光」と、エイトマンの主題歌に流れる「♪ひかる~うみ ひかる~おおぞら」をかけたものだったんですね。

 ま、年齢的に考えて、スマップの面々は全員、エイトマンを知らない世代でありましょう。
 だって、スマップよりか上の世代に属する小職ですら、エイトマンの本放送は全く記憶にありません。
 ただ、この主題歌はなかなかに勇ましく、またメロディーもかっこいいので、単独で知っていたということなのです。

続きを読む "エイトマン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仙台にて その3

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の夕方~日曜日の夕方の24時間、仙台におりましたが、その続きです。
 土曜日の夜に仙台に到着し、仙台駅に近いホテルに投宿すると、さっそくAA様がいらっしゃり、晩御飯を食べに連れて行ってくれました。
 ホテルから歩いて2、3分の場所にある、ビルの地下にあるお店でございました。

 親切なAA様は、小職がお肉を食べることが出来ないというのをご存知で、ですから仙台名物の「牛舌(タン)」のお店にはいかず、色々お魚を食べることができるお店に連れて行ってくださったのです。

 中でも、お店の名前になっているお魚を焼いた奴!立派なお皿に載ってやってきた「きちじ」が大変美味しく、感激いたしました。きちじというのが正式名なんだそうですが、世間的にはこのおさかなは「きんき」と呼ばれていることが多いですね。

続きを読む "仙台にて その3"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

仙台にて その2

こんばんは、チェスです。 そんなわけで、仙台には地下鉄があります。AA様がお住まいの近くまで、この地下鉄に乗りました。仙台の地下鉄は、目下一路線だけなので、券売機は至ってシンプルなものだろう、と思っていたのですが、意外にたくさんのボタンがあります。これはよく見ると、「バス乗り継ぎ用切符」なのです。双方とも、仙台市交通局のため、そうした切符を売ることが出来るのでしょうね。また、平成の大合併の影響は、仙台にも波及しており、仙台の市域は相当に広いものでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仙台にて

こんばんは、チェスです。『コースロープはいらない』でお馴染みのAA様に大変なお世話になり、丁度24時間の仙台滞在を楽しく過ごさせていただきました。本当にありがとうございました。マスターズ水泳競技大会も、知り合いの皆様のそれぞれの敢闘力泳を応援することができ、楽しかったです。それにしても、仙台という大都市は、車が多く、道路渋滞が厳しくなっておりました。都心部は道幅も広く、ゆったり流れているのですが、郊外の方は大変だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仙台へ その2

どうせなら、土曜日から行った方がAAさんとたくさん色々お話が出来るし、何より仙台に泊まれば、日曜日に早起きをしないで済むし…と思って、新幹線にうち乗って、只今北上中なのでございます。やまびこ号は、わざわざ2階建てなのに、気の毒な程ガラガラに空いています。もうすぐ仙台に着くと思いますが、この2本の記事、無事に投稿出来たかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仙台へ

こんばんは、チェスです。明日の日曜日、小職の何人かの知り合い〜水泳を通じてのです〜が、マスターズ水泳競技大会に出場されるので、応援を兼ねて、このココログに何時もコメントを下さるAAさんが仙台に単身赴任されて、おられるので、久しぶりにお顔をみたくなったので、それが目的です。日曜日の朝に出かけても良さそうでしたが、愛馬が土曜日に福島競馬場で走る予定があったため、これは好都合、と前日に福島経由で仙台に行けば良い、と考えたんですね。残念ながら愛馬は予定のレースを回避してしまったのですが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

灘って、ナンダ?

 こんばんは、チェスです。

 久しぶりに、地図を見ていて考えたこと、です。前回は、確か栃木市のことを書きましたでしょうか?

 現在、韓国とは竹島の領有権のことでモメにモメております。地図で見ると、本当に小さな島であって、あんな小さな島のことで大騒ぎをして国同士で険悪になるのもどうかと思いますが、しかし我が国としても領有を主張するにはそれなりに理由のあることでしょうし、現実問題として、沿岸警備隊の様な組織を使って実効支配をしている韓国にしてみれば、なおのこと、譲れない話なのでしょう。
 日本としては、「どちらの言い分に理があるか、第三者に判定してもらおうじゃないか」と国際司法裁判所への提訴を韓国に言っているのですが、元々聞く耳持たない韓国は、それも拒否しているため、この件は全く埒があきません。
「ウチのだ」「いや、ウチのだ」ではどうしようもないですから、一度韓国は、島においている警備隊を引き上げて、領有権については日韓双方が主張していることを双方が認識の上で、漁業権や海底資源の採掘権などについては、共同で管理するということにしたらどうかと思いますがねぇ。そういった理性ある解決方法はとれないものでしょうか。お互いの面子を保ちつつ、実利を取る、という方策が望ましいのではないかと思います。

続きを読む "灘って、ナンダ?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブラックバード

 こんばんは、チェスです。

 親切な友人から頂戴した、上等なアイスヴァイン2本を在庫していたのですが、眺めていればやはりこれは飲みたくなり、次々と栓を開けて、しかしもったいないので少しづつ楽しんで飲んでおりました。
 同じワインとは思えない、密度のある、ゴールドの色調のアイスヴァイン、甘さを楽しむ、まさしくデザートワインでありました。

 しかし、親やお金と同様、いくら少しづつ大切に飲んだとは言え、いつかは無くなってしまいます。(当たり前だ!)

 悲しいことですが、2本のアイスヴァインは無くなってしまいました。

 で、先日、次のワインの栓を開けました。赤羽の輸入食料品を扱っているお店で買ってきたもので、やはりドイツの白ワインです。
 ブラックバードという銘柄であります。
050407-Blackbird

 このようなラベルですが、ビンが面白くて、普通の透明なガラスのビンではないのです。
 白い陶器でできているかのようです。形も、少々変わっています。

 

続きを読む "ブラックバード"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シュークリーム

 こんばんは、チェスです。

 シュークリームというお菓子がありますよね。本場フランス語では「シュー・ア・ラ・クレーム」というのでしたっけ?
 ま、ともかくカスタードクリームをパリパリの皮で包んで焼いた、というシンプルなお菓子です。
 小職は、このシュークリームを見ますと、和菓子の最中を思い出します。最中の方は、中身は小豆のあんこですが、周辺は誠に軽い皮で覆われているところなぞは似ているのではないでしょうか。

 で、最中はともかくとして、あのシンプルなシュークリーム、どうもこの簡単な(と思える)お菓子が、どうしてどうして中々の人気でありまして、こいつを売り物にしている洋菓子店などもございます。
 しかし、人気のシュークリームといっても、これはもう完全に中のクリームが人気なのであって、外側の皮が人気のシュークリームというのは、ちょっと聞いたことがございません。あくまで、中身で勝負なんですね。

続きを読む "シュークリーム"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

お花見

 こんばんは、チェスです。

 すっかり春めいてきましたね。どういうわけか、今年の桜の開花予想は、例年よりは少し遅目でしたが、これだけ春本番、という気温になりますと、しっかり例年の様に鮮やかに咲いてくれることでしょう。
 昨年の春にもおそらく書いている筈ですが、会社に行く途中に小学校の前を通っていきますが、校門の脇にソメイヨシノと八重桜がそれぞれ植えてあります。
 ソメイヨシノの方が先に咲きますが、それでもまだやっと、少し咲きかけたかな?というあたりでしたから、入学式に満開の桜、というのはちょっと間に合わないかもしれません。ただ、このソメイヨシノという桜の木は、おっ、咲き始めたな、とはっきりわかる三分咲きくらいからは、もう爆発的に咲き始めて、あっという間に満開の桜、そして数日後には桜吹雪で散り始めとなりますから、お花見を楽しむ時期というのは、ホントに短いものです。

続きを読む "お花見"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とろろ汁

 こんばんは、チェスです。

 山芋とか、長芋、若しくは自然薯という、おろし金ですりおろすとネバネバドロドロの汁ができる芋がありますよね。
 あのドロドロに、うずらの小さな卵を割り入れ、出し汁で割ってドロドロ具合をサラサラにした奴が、世間一般では、とろろ汁と言われておりますが、私はあれが結構好きでして、ご飯にとろろ汁をかけて食べますと、他におかずは要りません。
 何時でもご飯を食べるのが遅い、食事が遅いという、グズのチェスでありますが、このとろろ汁ご飯に限っては、極めて早く食事が終わってしまいます。
 とろろ汁がうまい具合にご飯に回ると、それをかき込むだけですから、するするっと入ってしまいます。

続きを読む "とろろ汁"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サマータイム

 こんばんは、チェスです。

 超党派の国会議員が検討しているのか、よくは知りませんが、毎年の様に法案提出が噂されては消えていくのが、「サマータイム」です。
 「サマータイム」とは、何ぞや、とご存知ない方はあまりいらっしゃらないと思いますが、念の為に簡単にご説明致しましょう。
 簡単に言えば、「昼の時間が長い夏の間は、時計の針を1時間進めましょう、というものです。例えば、6月1日からサマータイムに突入、と致します。
 この日から、1時間時計が早くなりますから、それまで6時30分に起きていた小職は、前の日の時間でいうと5時30分に起きないといけないわけです。
 当然、眠くて仕方ありませんが、我慢して起きないといけません。日本全体が1時間早くなっているのですから。
 12時の昼休みは、前の日の11時です。未だお腹は空いていないかもしれませんが、ここでお昼ご飯です。
 さて、当たり前ですが、終業のチャイムも、前の日より1時間早く鳴ります。日の長い季節の事ですから、未だ昼間と言ってもよい明るさです。いつも会社の帰りに縄のれんに寄る皆さんは、ちょっと勝手が違うことでしょうが、実はサマータイムの効果というか、狙い目はここにあって、まだ明るい昼間の時間を使って、スポーツやなにやらを楽しみましょう、という事なのであります。

続きを読む "サマータイム"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カードの整理をどうする?

 こんばんは、チェスです。

 あまり整理整頓が得意ではないチェスに取りまして、昨今のカード類の大量発生には些か困惑しております。

 皆さん一体、この大量に発生しているカード類を、どのように整理して、持ち歩いているのでしょうか?
 銀行のキャッシュカードや、買い物に使うクレジットカードは、全部で3枚ですので、まぁこのくらいであれば名刺入れの片側のポケットを使って納めております。キャッシュカードやクレジットカードは、万一落としたり無くしたりすると大変なので、敢えてお財布とは別にしているのです。

 しかし、各種のお店では、自分のお店に顧客を囲い込む作戦から、もうあらゆるカード類がありますね。
 毎度買っているお高い食パンの「ボローニャ」はスタンプが溜まると、食パンが1本タダになりますから、これは捨てられません。
 時々お世話になる定食屋の「大戸屋」もスタンプが溜まると、1回定食がタダになりますから、これも捨てられません。

続きを読む "カードの整理をどうする?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マック

 こんばんは、チェスです。

 昨日は、普段考えもしないような事柄で記事を書いてしまったため、寝てから知恵熱でうなされてしまいました。(大嘘)
 身のほど知らずの様なことは書くものではありません。

 で、本日は週末、仕事は山の様にあるにもかかわらず、夕方6時過ぎには会社を出てしまいます。
 昨日入手しそこなった「週刊モーニング」を入手すべく、古本屋に行きまして、無事入手です。モーニングには、隔週連載で「チーズスイートホーム」というネコのチーちゃんが主役のマンガがございまして、このマンガが好きなのです。その他にも、とうとう常務にまで出世してしまった「島耕作」など、読みたい連載が多いので贔屓にしている週刊マンガ誌なのです。
 で、このモーニングを抱えて、スターバックスカフェ、というのがお気に入りルートですが、今日は切れそうになっている鼻炎薬も買わないといけませんから、スタバはまた今度、ということで電車に乗ってしまいます。
 で、秋葉原の駅ビルにある「マツキヨ」で鼻炎薬を買ったのですが、前回購入した分量のパッケージが無く、倍の分量のものを買うハメになりました。まぁ、まだ暫くはお世話になるだろう、と思って仕方なく高い奴を購入です。

続きを読む "マック"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »