« 寝る時の装備 | トップページ | 中島美嘉さん »

耐寒装備 その2

 こんばんは、チェスです。

 昨晩から、寝る時にマフラーを巻くことにトライしています。

 なぜにマフラーか?

 マフラーという防寒具は、考えてみると、大変コストパフォーマンスが高い防寒具です。カシミヤのマフラーといった高級なのを買わなければ、大してお金を出さなくても、まぁそこそこの物を購入できます。彼女のいる幸せな男なら(で、その彼女が器用なら)手編みのマフラーというのをお持ちかもしれませぬ。
 で、誰もがご存知の様に、マフラーを防寒上、ちょっと手薄になる「首」に巻く、と。お手軽な防寒対策ではあります。

 これが、かなり暖かく感じる。

 何故か。それは、首というのが、人間の血液循環上、文字通りの「ネック」であるからなのです。人間のありとあらゆる指図をしている司令部である頭へは、豊富な血液を常に送って、酸素や栄養分を脳みそのすみずみに行き渡らせないとなりません。でも、循環系の本部である心臓から、脳に行って帰ってくるには、ちょいと細くなっている「首」を必ず通らないと行けないのです。言ってみれば高速道路の料金所の様なもんです。
 ここを暖かく保護してやる、ということは、即ち、血液の大動脈、大静脈を暖かくしてやる、ということに繋がりますから、効果的でない筈はないのです。
 インナーや、コートなども、無論防寒には効果的であるけれども、僅か1000円程度の投資でもって、かなりの暖を取る事ができる、非常にコストパフォーマンスが高い、と言わなければなりますまい。

 血流が、いささかヨワいために、手足末端が冷たい、冷血動物の如き小職にとって、暖かくヌクヌクと寝ることができるかどうか、というのは、大事なことであります。読者の皆さんは2日がかりでこんな事を読まされて、クドい、と感じられたでしょうが、睡眠は人生の実に1/3を占めるんですよ。ここが快適かどうか、ということは結構大事なのです。

 で、寝る時にマフラーだ。

 2日、マフラーをしてみました。
 暖かかったです。
 暖かかったのですが、所謂「寝返り」というのが、ちょっと不便でした。これはやってみるとわかります。でも、暖かい効果の方が大きい様なので、今晩も巻いてみようかと思っています。

|

« 寝る時の装備 | トップページ | 中島美嘉さん »

コメント

チェスさんは冷え性なんですか?

水泳をされているのですから、血液循環はよくなるはずなんですが・・・。

マフラーではなく、「ネックウォーマー」と言うのもありますがいかがでしょうか?マフラーよりはかさばらないので寝返りも問題ないと思われます。

投稿: けろちゃん | 2005.02.06 20:34

 チェスです。
 前にも書かせていただいた様に、血圧がやや低めであるためか、手足など身体の末端が冷たくなりやすいですね。
「ネックウォーマー」ですか、けろちゃんは結構色々とご存知ですなぁ。今度探してみますかな。教えてくれてありがとうございます。取り敢えず、今晩もマフラーは着用です。

投稿: チェス | 2005.02.06 22:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 耐寒装備 その2:

« 寝る時の装備 | トップページ | 中島美嘉さん »