« 「ど」 | トップページ | 今度はホントに デートコース »

デートコース

 こんばんは、チェスです。

 タイトルを見て、そそっかしい方は
「おおーっ、ついにチェスも、人並みにデートに行ったのか、して、何処に?」
 と思われたかもしれません。

 申し訳ありません。小職の話ではありません。

 その前に。

 大変甘くて美味しかった「アイスヴァイン」も、大事に飲んでいても、毎晩ではやっぱり無くなってしまいました。
 でも、アイスヴァインは少々お高いワインでしたので、そうそう続けて買うわけにもいきません。実は水泳のコーチ、水夢イルカ様から、おなじみのワイン貯蔵庫を有する酒屋さんの格安ワインチラシをいただいていて、そいつをじっくりと眺めていると、同じマイバッハの「ベーレンアウスレーゼ」がございます。こないだのアイスヴァインよりか、1000円も安いので、是非とも欲しい、と思ったのですが、ここは何分会社帰りに寄るにはかなりの根性を必要とする(それは徒歩で行くから)のです。
 結局、マイバッハはいつかの機会にして(たぶんいつか、と言っているうち無くなってしまうだろうなぁ)、会社帰りに寄れる輸入酒類店にて、コアラの絵がラベルに描いてある白ワインを購入致しました。どうしてこれにしたか?というと、「店長お薦めワイン」に並んでいたというそれだけの理由なのです。

 コアラ、と言えば、ワルツィング・マチルダのオーストラリアですよね。
 ほぉ、オーストラリアでもワインを作ってんの?と、不肖チェスは知りませんでした。
 フランス、イタリア、スペインにポルトガル、無論我が贔屓のドイツ、アメリカのカリフォルニア州、あと、南米大陸のアルゼンチンとチリ、そんなところがワインの産地であると思っておりました。ああ、無論我が日本でも作っていますよね。

 さて、コアラのワイン、飲んでみます。
 これまでの、甘いドイツワインと異なり、結構複雑微妙な味わいがします。甘いワインに慣れていたせいか、最初の一杯は酸味ばかりがきつくて、どうもあまり美味しく感じられないな、と思ったのですが・・・
 いやいや、しかし、2杯目は、早印象が変わりました。フルーティーな味わいがするのです。なんでしょうか、柑橘系?ちょっと違います。どうもここらあたりになるとボキャブラリーが乏しいのがモロにばれますが、うーん、やっぱりレモンとか、かぼすといった、果汁を絞って使う系の果物にあるような、何か。
 ワインの専門家が、よもやこの文章を読まれることはないでしょうが、読んだらきっと爆笑されるでしょうな。

 などと、アイスヴァインの後釜ワインのことを書いていたら、通常の記事のヴォリュームになってしまいました。
 なので、タイトルのお話は、また明日。

|

« 「ど」 | トップページ | 今度はホントに デートコース »

コメント

記事の内容とは異なるので大変申し訳ないのですが、アイスヴァインの事でどうしても書きこみがしたかったので、こちらにコメントしました。

今日の夜「世界ウルルン滞在記」というTV番組でカナダの「アイスワイン」の事が取り上げられていたのですが、チェスさんはご覧になりましたか?(↓番組URLです)
http://www.ururun.com/

生産国に違いはあるものの、製法はドイツの「アイスヴァイン」とほとんど一緒だと思います。
そして、チェスさんが記事に書いていた通り、ゴールド色のキレイなワインで(映像で見る限りではドロリと濃厚そうな感じ)、と~~~~っても甘そう!!・・でも美味しそう!
たぶん番組観ていた人の多数が「アイスワインを飲んでみたい。」と思ったのでは?
今後、「アイスヴァイン」又は「アイスワイン」ブームがくるかもしれませんねー!

ちなみに、こちらもカナダ生産のアイスワインについてのサイトですが、アイスワインについて詳しく書かれている上、サイトのデザインがキレイなので参考までに。
http://www.cig-jp.com/

投稿: あっち | 2005.02.21 00:32

 どうも、あっち様。チェスです。

 うるるん滞在記は、昼間予告編を見た時に「おおーっ、こいつは見てみなければ。」と思っていたんですよ。ところがコアラのワインを飲みすぎて気持ち良くなり、きれいに忘れてしまいました。
 アイスヴァイン(独逸語読みなのでしょうな)、アイスワインは、方々で作っているんですね。ただ、凍らせるに適したぶどうの品種と、凍らせるに充分な気候の両方が不可欠であろうとは素人にもわかりますから、日本で作るには北海道?で作れるかな。
 ううーん、この番組、再放送していないのでしょうか。残念!

 「うるるん」は若いタレントさんの時だと、厳しいロケに行かされることが多いですよね。

投稿: チェス | 2005.02.21 07:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デートコース:

« 「ど」 | トップページ | 今度はホントに デートコース »