« 気がつけば2月 | トップページ | アイスヴァイン 味わいました »

やっときたゾ!アイスヴァイン

 こんばんは、チェスです。

 夕刻の終業を知らせるチャイムが社内に鳴って少ししてから、我が携帯電話機の着信メロディーが鳴りました。番号を見て、ハテ、これはどこからだろうと、受けようか考えているうちに、伝言メモに切り替わってしまい、その伝言メモを聞いてみると、例の酒屋さんから
「アイスヴァインが入荷しましたよ~」
という電話でございました。

 こうなると、会社に居残って仕事を熱心にできる訳がなく、慌しく残りの仕事を片付けて、机の上もさっさと片付けて、Eメールを調べて、パソコンを落として、会社を後にしてしまいました。
 赤羽に行くバスに乗り、赤羽でバスを乗り継ぐ、というのが早そうな気がしたのですが、ケチな小職は、又しても徒歩で酒屋さんに向かうことにします。
 環七に出ると、これを西へ向かいます。山の手海蝕崖の端っこから、これを登る方向ですから、登り一方です。いつもは車でさっさと行ってしまう環七が、徒歩では結構つらいです。おまけに寒くて、ハナが垂れてきます。
 ようやく道が平坦になって、頑張って歩いていくと、中山道~17号線~との交差点に辿り着きました。都営地下鉄三田線板橋本町の駅があり、ここで三田線に乗れば一駅なのですが、せっかくここまで歩いたのですから、残りも頑張って歩きます。17号線の上に覆い被さっていた首都高速が離れていくと、やがて本蓮沼の駅で、ゴールが近くなりました。
 さて、酒屋さんに着きました。

 アイスヴァインは、2,560円也です。これまで飲んでいたワインよりだいぶ高いですが、今更退く訳にはいきません。躊躇せずに1本を買い求めました。「あっち」様ご推薦の、ロゼではなくて、白のアイスヴァインでしたが、もうこの際、贅沢は言いません。

050202_eiswein
 こんなラベルで、マイバッハ、という銘柄のアイスヴァインでございます。
 ラベルには「2003」という数字が見えますので、一昨年に醸造されたのでありましょう。極甘口なんだそうです。うーん、楽しみです。
 ちょっとだけ残しておいた、何とかカッツを飲んでしまい、冷蔵庫はアイスヴァインと交代です。
 思えば、この何とかカッツは薄幸なコでありました。後味スッキリと飲みやすいし、お値段も安かったにもかからわらず、アイスヴァイン登場までのワンポイントリリーフ扱いされ、「気取らない、お金もかからない、本当はいい娘であったのに、美人のお見合い写真につられてさっさと振ってしまった」みたいな感じでしょうか。

 で、この美人が果たしてどんな感じなのかは、明日御報告致します。

|

« 気がつけば2月 | トップページ | アイスヴァイン 味わいました »

コメント

チェスさんのブログで「アイスヴァイン」の記事を読むたびに、コメントが出来なくなるくらいドキドキしていました。
なぜならば、なんとなく「アイスヴァインのロゼは美味しい」と聞きかじった事があったので、オススメしただけで、確固たる保証(というか、オススメした根拠)などは、なかったからです。(ゴメンナサーイ!)以前にも書きましたが、あまり銘柄などに拘らない大酒飲みタイプなので(←言い訳)。

それでも、チェスさんがご購入されたアイスヴァイン、なかなか美味しそうなボトルデザインではないですか?!白と聞き、甘口でもちょっと飲んでみたいな、という気持ちにさせられました。

もしも、美味しくなかったら、それは「ロゼ」じゃなかったせいだ・・・と、第二の言い訳を考えているわたくしございます。

投稿: あっち | 2005.02.03 01:42

 チェスです。
 あっち様にそんなプレッシャーをかけてしまっていたとは・・知らぬこととは言え、申し訳ないことを致しました。
 どちらかと言えば甘党の小職ですが、例えばコーヒーは、現在ではブラックで飲むのが好きになってしまったように、嗜好は多少年とともに変わる様です。ワインも、遥かな昔に少々ごちそうになったドイツの白ワインの口当たりの良さが、記憶に残っているだけ、という理由で飲み始めたものですから、仮にアイスヴァインが期待に反したものであっても、あっち様にクレームをつけるということは有り得ませんので、ご安心下さい。
 それにしても、ドイツの白ワインしか飲んでいませんが、ワインというのはフランス、イタリア他色々な国のものがあるもんですねぇ。酒屋さんでワインを眺めているだけでも楽しくなりました。

投稿: チェス | 2005.02.03 14:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっときたゾ!アイスヴァイン:

« 気がつけば2月 | トップページ | アイスヴァイン 味わいました »