« 予告+アイスヴァインは何処に | トップページ | 板橋区をさ迷い歩く »

弁当を使う

 こんばんは、チェスです。

 難しい日本語シリーズです。

 たぶんお使いになるのは、シニア世代とでも言いますか、小職あたりよりも一回り以上は上の世代だと思うのですが、本を読んでいると「弁当を使う」という表現に出くわすことがございます。

 えっ、お弁当を「使う」の?お弁当は食べ物だから、「食べる」のではないの?とかなり素朴な疑問をもったわけなのです。
 ま、確かに「使う」というベーシックな動詞には、物を「消費する」という意味合いがございます。例えば「ガソリンを使う」「電気を使う」「ガスを使う」などですね。これらの用法は、有体物である道具を使いこなす、という意味ではなくて、エネルギーなどの「目に見えないもの」を消費してしまう、という意味で使うという動詞が使われています。
 であるならば、弁当を食べて無くしてしまう=弁当を使う、でも、納得しうる用法なのだと思うのですが・・
 しかしですよ、朝ご飯を使う、おやつを使う、昼食を急いで使う、などとは言わない(と思う)のです。お弁当、それ自体は、形ある食べ物です。目に見えない何かではありません。
 どうも、お弁当だけが特別に「使う」ものとされているのではないでしょうか?

 ただ、どうも理由はないのですが、「弁当を使う」という言葉の響きには、何か粋な、というか、かっこいい、というか、そんなものを感じます。職人さんが、「ここらで失礼して、ちょいと弁当使わせてもらうやすよ」みたいなですね。

|

« 予告+アイスヴァインは何処に | トップページ | 板橋区をさ迷い歩く »

コメント

「弁当を使う」―粋な言葉ですね。
ですが、オフィス街のビジネスマンが「弁当を使うとしようか」と言っても全然シックリこないですね。わたしが会社のお昼休みにコンビニ弁当買ってきて、同様に使ってもダメだと思います。やはり職人さんが言わないと。
それにしても、どうして職人さんが食べてるお弁当ってあんなに美味しそうに見えるんでしょうかね?!
弁当の中身が美味しそうなのか、弁当箱が美味しそうなのか、それとも職人さんの食べ方が美味しそうに見えるのか・・・。

投稿: あっち | 2005.02.02 01:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弁当を使う:

« 予告+アイスヴァインは何処に | トップページ | 板橋区をさ迷い歩く »