« 半チャンラーメン | トップページ | 涙そうそう »

谷中界隈

 こんばんは、チェスです。

 今月13日の記事「旧友」で書いた友人のお墓参りに、やはり古い友人2名と3人で行ってきました。彼の家のお墓は、上野公園から谷中方向へ入っていった、お寺がたくさん密集しているところにあります。困ったことに小職はお寺の名前を忘れてしまいましたが、一人がきちんと覚えていて、しかも手際がよいことに周辺の地図のプリントアウトを持っていました。やはり、持つべきものは良き友です。彼はお酒とお線香を用意していく、との事でしたので、ならお花は小職が持っていこう、と伝えて、午前中に買い物に行ったスーパーで小菊の花束を2つ買って行きました。

 上野駅の公園改札で、2人と落ち合い、新装なった国立科学博物館や、西洋美術館の前を通りすぎると、上野公園に居住しているのか、たくさんのホームレスの人々が、何やら列をなしていました。

 とにもかくにも(他の2人の)記憶力と地図のお陰で、旧友の眠るお墓のあるお寺に着くと、そのお寺は全面的に建て替えられていました。名前を覚えていなければ、ひょっとするとわからなかったかもしれません。

 お墓を掃除して、お花を供え、お線香を上げると、やはり若くして死んでしまった旧友の話題になります。手を合わせると、「どうしているんだい。みんな、何とか元気でやっているよ。」とまぁ、そんなことを考えます。

 その後、3人で昼飯でも食べようや、ということになり、では日暮里方面に行こうか、と谷中界隈を歩いていきます。
 本当に、お寺ばかりの街です。谷中は台東区になりますが、道1本隔てて向うは文京区、という台東区の北西の外れになります。谷中は猫が多いことでも有名なのですが、どういう訳か、本日は見掛けませんでした。
 日暮里に向かうはずが、道がやや北に外れていた様で、出てきた通りは西日暮里駅の近所でした。
 西日暮里から日暮里に戻り、インド料理の店にてカレーを食べて、2人と別れました。

 どうも、散歩が好きだった旧友が、我々を余計に歩かせた様に思われました。

|

« 半チャンラーメン | トップページ | 涙そうそう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 谷中界隈:

« 半チャンラーメン | トップページ | 涙そうそう »