« 東海林さだおさん | トップページ | 半チャンラーメン »

血の巡り

 こんばんは、チェスです。

 昨日の記事を書いていて思い出したことがありました。小学校の体育の授業での「フォークダンス」のことです。手をつないだ女の子から「チェスくんの手は冷たい」と言われたのです。
 フォークダンスですから、ご案内の通り、特定の女の子とずーっと手をつなぐわけではなくて、他の男何人かとの比較の問題なのか、と思いましたが、どうもそういう比較の問題ではなくて、自分の手の温度より小職の手の温度が低いがために、「冷たい」と感じたみたいなんですね。

 なんだか、小職が冷血動物の様な言われ様をされたみたいで、少し気分が悪くなりました。

 どうして、手が冷たいのか。

 これには思い当たるフシがあります。
 その小学校に行っていた時、親が小職に子供保険か何かを掛けようと考えたらしいのですが(今となっては推測です)、保険に加入するには、医師による健康診断が必要ですね。で、とある夕方、母親は小学校の近所にある診療所に、小職を連れていきました。どんな診察があったのかほとんど記憶がありませんから、まぁ大した事はしなかったものと思いますが、血圧を測っていた医師は、少し首を傾げて、

「お子さんは、血圧が低いですね。大きくなれば自然と治るものかもしれませんが、今のところはあまり激しい運動などは、させないほうがいいでしょう。」

 なんていうことを母親に言っているのが聞こえました。
 その後も定期的な健康診断で、「少し血圧が低い」と言われたことがしばしばありましたので、どうも健康な人よりも、少しばかり心臓の能力が劣っているのかもしれない、と思いました。
 ま、元々運動、スポーツの類はセンスがないとでも言いますか、人並みに出来ない、出来ないから好きになれない、嫌いだから練習しない、の悪循環で、だから「お医者さんから運動を止められるなら、それは寧ろ好都合」くらいに考えていました。

 好都合ではあったのですが、中学、高校といくうちに、血圧の低いのは次第に解消されて、社会人になるころには「まずまず理想的な血圧ですね」となりました。

 ただ、相変わらず、手足の先端が、冬になると冷たくてかないません。足の先がいつまでも冷たくて眠れないので、靴下を履いて寝ています。(だから最近は夜、酒を飲んで寝ています。)
 今は正常範囲に入っている、とは言え、血圧が低めであった前科があるのですから、もともと身体の隅々に血液を循環させる能力はちっとばかり低い筈です。となれば、手足の先っぽというのは身体の辺境ですから、血液の巡りが悪い人は、冷たくなりがちなのではなかろうか、というのが、小職の素人判断なのです。血圧と、手足の冷え、関係があるのでしょうかね。

|

« 東海林さだおさん | トップページ | 半チャンラーメン »

コメント

こんばんは、あっちです。

冷血動物の様な言われ様をされたみたいで・・・とありましたが、今も昔も、幼女・少女・若い女性は大抵の場合「冷たい手」の男性よりも「ねっちゃりとして生暖かい手」の方が嫌いだと思いますよ~。
ヒヤっとした手を持つ男性の方が、断然セクシーだとわたし自身も思いますね!

かくいうわたしは極端に手や足先が冷えたかと思えば、キンチョーするとすぐに手が暑くなり汗を掻き「ねっちゃりと生暖かい手」の持ち主になります。
血圧はとりあえず正常ですが、医者から自律神経のバランスが悪いせいだと言われたことは何度もあります。

ショージ君の初デートの緊張の様子を読んだだけで、自分自身も手に汗を掻いてしまう・・・そんなわたしです。

余談ですが
以前、TVで見たのですが、歌舞伎役者の女形の人は楽屋に氷水を張った洗面器を用意しておくそうです。
そして、楽屋に訪れたファンの方と握手する時には、洗面器に手を浸して冷やしてから握手するそうです。手が冷たい方が、か弱いイメージを演出できるからだそうです。なるほどねー。

投稿: あっち | 2005.01.21 03:04

 あっち様、度々どうもです。
 時間がなくて中々アイスヴァインでしたっけ、を買いに行けません。今日は会社の帰りに買えるかな。

「手に汗握る」状態というのは、私もしょっちゅうありますよ。例えば日常的にはそれほどクルマを運転しないので、たまに首都高速を走る時などは、走り始めはドキドキしてステアリングに汗がくっついてしまいます。

 しかし、歌舞伎役者の女形をやる方も大変ですね~。私も「かよわいイメージ」を武器にすれば良かったんだ~。(今頃ではチト遅いかも。)そうすればバリバリのキャリアウーマンが、「チェスさんて女形みたいで可愛い~」と思って、私は家事全般を担当する主夫。これは悪くないかも。(このあたりがショージ君的なんです。)

投稿: チェス | 2005.01.21 07:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 血の巡り:

« 東海林さだおさん | トップページ | 半チャンラーメン »