« 1代限りの車名 | トップページ | プリンタ »

歯並び

 こんばんは、チェスです。

 時間の経つのは早いもので、前回の歯医者の定期チェックから、早くも半年が経過したらしく、歯医者から葉書がきました。表書きは私が書いたものです。前回の歯医者へいった時にも、ここに記事を書いた記憶があります。今年の春だったと思います。
 本当は11月に来ていたのですが、何となく先延ばしにしていて、さすがに今年中には行っておくか、と思って、重い腰を上げて、夕方予約を入れて行って来ました。

 歯医者さんは、まず下の歯の様子を見て、良く磨けている、裏側も大丈夫、この調子で磨いて下さい、と誉めてくれました。
 それは良かったのですが、右側の奥歯になって、
「おっと、この歯はちょっと汚れがついていますね。」
 と、先が尖がっている奴でこすり始めました。まぁ、この位の硬さなら、歯医者さんなら難なく取れますから、やはり半年に一度くらいはクリーニングにこられた方がいいですね、などと言っています。
 その、ひっかかってしまった下の右側の奥歯、一番奥の歯の、ひとつ手前の歯なのですが、この歯が根性が悪くて、大きく口の内側に向かって生えています。
 このため、ブラシが届き難く、なおかつこいつが邪魔をして、一番奥の歯も磨きにくいという構造になっています。また、右利きの人の場合、右手で歯ブラシを持ちますが、そうすると右奥というのは、左側の奥に比べて磨き難いです。

 歯並び、というのは、確かに重要です。上の歯も、正面の2本はいいのですが、その左隣の歯が奥に引っ込んで生えていて、何とも見苦しいです。
 子供の頃、永久歯が出てきて、この出具合によって、将来の大人になったときの歯並びが決まりますので、状態によっては子供の時に、歯列を矯正してしまう方もいらっしゃと思います。きれいな歯並びは、表情もきれいですからね。
 但し、歯列の矯正は、これは保険が利きませんので、自由診療ということになり、貧乏人であったチェス家では、ハナから歯列矯正はしてもらえませんでした。

 最近は、大人になってからでも歯列矯正をする方がいるようで、たまに歯に矯正用にでしょうか、何か巻き付けている方を見かけます。
 時間がかかりそうですし、何やら大仕掛けで大変ですが、痛いとか、そういうことはないのでしょうかね。

 さて、この歯医者さんは、半年チェックで行く度に、歯ブラシを寄越しますので、半年毎に歯ブラシが溜まっていきます。今回貰った歯ブラシは、今までの奴と少し異なり、中央の先の毛が柔らかいブラシです。根性が曲がっている右の奥歯の歯を磨くのに、都合が良いのでしょうか。
 早速今晩から、歯ブラシを取り替えて、こいつで磨いていくことにしました。

|

« 1代限りの車名 | トップページ | プリンタ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歯並び:

« 1代限りの車名 | トップページ | プリンタ »