« ミュージックスイムキャップ | トップページ | 労働組合 »

簡単リゾット

 こんばんは、チェスです。

 グッチ裕三さんが、NHK教育の「今日の料理」で1年以上前に教えてくれた、ご飯から作る簡単リゾット。久しぶりに作ってみました。
 簡単ですので、リゾットがお好きな方はお試しください。小職が覚えているのは、こんな感じです。

①お鍋に、オリーブオイルを大さじ2杯ほどかな?入れて、にんにくを一かけ、しゃもじでつぶした奴を入れ、炒めます。にんにくの香りをオリーブオイルにつけるのが目的です。弱火です。
②これにセロリをスライスしたものを入れます。2人分であればセロリ半分位でしょうか。なお、セロリの葉の部分は、みじん切りして取っておきます。
 裕三さんは、クッキングカッターを使って極薄にスライスしたセロリを直接お鍋に入れていましたので、小職も同じ様なカッターを使って極薄スライスを入れましたが、良く切れる包丁をお持ちで、輪切りが得意な方は、普通に薄く輪切りしてもいいと思います。セロリが極薄なので、すぐ火が通りますので、にんにくを取り出します。
③ピーマン1個を、5mm~1cm四方くらいの大きさに切り、お鍋に投入し、引き続き炒めます。このあたりで火は中火。
④トマト半個を細かく切り、投入します。裕三さんは自慢の良く切れる包丁で、キュービックに切っていましたが、まぁ小さくなれば適当でいいと思います。
⑤中華の顆粒鶏がらスープの素を1カップ、お湯に溶かして、お鍋に投入、続けてご飯を入れます。ご飯は2人分ならお茶碗2杯分でいいかな。ご飯は増えますよ。お塩、胡椒で味付けします。お塩は控えめ、胡椒は効かせた方が美味しいと思います。味をみて、どうも?という方は、秘策としてみりんを少々入れるといいとか。
⑥フタをして弱火に落とし、約3分。出来あがりです。器に盛り付けて、セロリの葉のみじん切りをトッピングに振りかけます。ただ、セロリの葉は匂いが結構強烈ですから、セロリの匂いが嫌いな方には止めておきましょう。

 手際良くやれば、10分程で出来てしまうでしょう。
 インターネットを眺めていたら、これにベーコンの切った奴を追加するという改良を加えておられた方がいらっしゃいました。ベーコンには塩気がありますので、この場合には味付けの時に塩を省略するといいかもしれません。
 あと、鶏がらスープの代わりに、コンソメスープの素でもいいかもしれません。この場合にも、塩を止めるとか、胡椒を少なめとか、味付けを控えめにしたほうがいいと思います。
 野菜が好きな方は、お米からではなくて、ご飯から簡単に作れるリゾットですので、お試しください。簡単に作れる割りに美味しいですし、寒い季節はあったまります。

|

« ミュージックスイムキャップ | トップページ | 労働組合 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 簡単リゾット:

« ミュージックスイムキャップ | トップページ | 労働組合 »