« 社団法人発明協会と株式会社パトリス | トップページ | 2004年を振り返り その2 »

2004年を振り返り その1

 こんばんは、チェスです。

 暖冬ですな、でもそれなりに寒くはなってきましたな、などと余裕をかましていたら、今日はとうとう関東地方でも雪が降ってきました。積もるような雪ではなかったものの、雪が降るようだと、さすがに寒い。キーボードを打つ指も、スムーズに動きません。

 ところで、今年もまもなく終わり、新しい年になりますので、一定の時間単位で過去を振り返るとすると、一日は簡単な反省、一週間だと仕事の進み具合のチェック、一ヵ月であれば、売上高など営業成績という具合でしょうが、一年を振り返るのは個人の生活としてはまずまず適当なスパンなのではないでしょうか。
 ということで、ワタクシ、不肖チェスの2004年を振り返り、公開備忘録とさせていただきます。

 今年1月17日、19年と10ヵ月一緒に暮らした、愛犬チェス犬が他界致しました。正確に書けば、老衰状態で治療の見込み無し、という獣医師の先生のご判断を受けて、安楽死をお願いしたものです。寒い日でした。毛布を敷いてチェス犬が丸くなっていた場所には、現在猫のコバン師の「つめ磨き」が置いてありますが、未だ時々その場所に目をやると、チェス犬が丸くなっている様な気が致します。若く元気な頃は、喧嘩っぱやい江戸っ子の様でしたが、しかし自分より小さな身体の犬に対しては、どんな悪戯をされても黙っている優しい犬でした。

 その直後から、プール情報サイトとしては間違いなく日本一の「水夢王国」の藤木国王を始め、このサイトの掲示板を通じて知り合うこととなった、水泳の諸先輩方と実際にお会いして、楽しいお付き合いを通じて、多くのご指導、ご鞭撻をいただける機会に恵まれました。
 2月29日には、この面々が実際にプールで集まり、第1回のオフミーティングをすることになりました。場所は東京体育館の屋内プール。
 その後、ここで集まった皆様を中心に、また優秀な指導者にも恵まれて、5月から毎月1回の練習会を行なう様になりました。そのことは、水遊び関係のココログ「コースロープはいらない!」に詳しいので、そちらをご参照下さい。

 ところで5月には、会社で小職唯一の部下から、結婚して会社を辞めるということを聞きました。寿退職というのは、別に珍しくありませんが、相手の方がニュージーランドの人で、結婚後はそちらに住む、と聞いてビックリ致しました。これ自体はおめでたいことですが、会社の業務的にはそれまで彼女と小職が分担していた仕事を、当分の間は小職一人で引き受けなければならず、小職にとっては単純に「おめでとう!」というものではありませんでした。
 6月一杯で、いよいよ彼女が退職し、2004年の後半、会社の仕事は1人でやらざるを得なくなりました。(明日に続きます。)

|

« 社団法人発明協会と株式会社パトリス | トップページ | 2004年を振り返り その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2004年を振り返り その1:

« 社団法人発明協会と株式会社パトリス | トップページ | 2004年を振り返り その2 »