« 音楽を携帯する道は意外に険し! | トップページ | 新千歳空港 »

よーく調べて買わなきゃダメ

 こんばんは、チェスです。

 前回に引き続き、携帯にて音楽を持ち歩くための努力、その2です。

 どうしても、音楽録音-転送ソフトが、「メモリースティックDuo」を認識してくれないので、一番怪しい、と思われた、バッファローの製品仕様を調べるため、この会社のサイトに繋いで、製品の仕様と、Q&Aのページを調べてみました。
 してみますと、ああ、なんていうことでしょうか。「本製品は、マジックゲート(著作権保護技術)に対応しておりません。ご了承下さい。」という文字があるではありませんか!どうりで、音楽録音-転送ソフトがメディアを認識してくれない訳です。

 こうなると、バッファローのPCカード・アダプターは丸損であります。

 どうすれば、メディアを認識してくれるのか。
 当然のことながら、「マジックゲート」(著作権保護技術)に対応しているメモリースティックDuoのリーダー/ライターを買うしかありません。
 調べてみますと、ソニーさんが出しているUSB経由のものしかなさそうなのです。つまり、純正品オンリーというわけで、安いサードパーティー製が無いのです。
 これはつまり、マジックゲートという仕組みに関しては、ソニーさんが特許を持っていて、サードパーティーにライセンスをしていないために、独占的に技術を使っているということなのでしょう。対抗する会社がないため、このソニーさんのメモリースティックリーダー/ライターは、標準価格で6千円近くいたします。バッファローのPCカードアダプターの、実に3倍以上です。
 しかし、既にインナーヘッドフォン(イヤフォン)という設備投資をしてしまっていますから、ここで諦めると、イヤフォンの方も丸損になってしまいます。
 やむを得ず、高い純正品を買うことにしました。他に選択肢が無いのです。
 更に、携帯電話に付属していたメモリースティックDuoは、僅か16MBの小さな容量しかありませんでしたから、もし音楽データを転送したら、すぐに一杯になってしまいます。
 128MBのメモリースティックDuoを新たに買っておくことにしました。
 ますます設備投資が嵩みました。

 さて、まずは電話機で聞くべき音楽データを、パソコンに録音しなくてはいけません。これにも結構時間を取られました。
 そして、問題のUSBケーブル経由の、メモリースティックDuoの読み込みです。パソコンのWindowsが、新しい機械を認識し、どうやら無事に使えそうだと、ようやくほっとしました。
 128MBでも、やはり大して入れることはできませんでしたが、ともあれ音楽をメディアに転送し、そのメディアを電話機に入れて、イヤフォンを挿して、携帯電話のダイヤルを回して操作すると、音楽データが表示され、無事にモーツァルトが流れてきました。やっと成功です。

 それにしても、マジックゲートには参りました。よーく調べて設備投資をしませんと、あたら無駄な投資をしてしまいます。
 マルチPCカードアダプター、買い取ってくれる人、いないかなぁ。オークションにでもかけますかな。

|

« 音楽を携帯する道は意外に険し! | トップページ | 新千歳空港 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: よーく調べて買わなきゃダメ:

« 音楽を携帯する道は意外に険し! | トップページ | 新千歳空港 »