« フルート協奏曲 | トップページ | 携帯音楽プレーヤー »

耳を隠す

 こんばんは、チェスです。

 いきなりジジクサい話題で、大変失礼します。

 寒くなってきますと、小職はおしっこが近くなって、非常に困ります。これはたぶん、5年前の下垂体腫瘍の後に発生した「尿崩症」の影響が未だに残っているのかもしれぬ、と思っています。
 今日も、朝会社に出勤して(特に午前中はダメです)さっそくトイレに入り、用を済ませて大きな鏡の前で手を洗うと、当然の事ながら、テメエの顔が否応無く目に飛び込んで参ります。そういう情けない状況でありますから、情けない表情になっているのも無理からぬことなのですが、

「しかしまぁ、これはどこをどう見ても、流行らない顔であることは・・・間違いない。」(長井秀和風~)

 物心ついた頃から、小職の顔の一大ウィークポイントは、かつて読売ジャイアンツの速球派エース、今は野球評論家の江川卓氏もかくや、という大きな耳だと思っています。どうにもバランスを欠いていて、いいことないです。

 で、寒くなってきたこともあって、暫く散髪をしていないせいか、前髪を脇の髪の毛も、だいぶ伸びてきています。
 鏡の前で、ふと立ち止まり、

「この流行らない顔でも、髪を伸ばして耳を覆い隠してしまったら、これは結構いいリカバリーになるのではないか。」

 などと考え始めました。(と言っても、5秒程ですが)
 これから真冬に向かい、寒くなりますから、耳をおっかぶせる位に髪が伸びれば、耳覆いとなり、一石二鳥ではないですか。
 それでもって、ウィークポイントの耳を隠してしまえば、少しはイイかもしれない。
 さぁどうだ?って、まだ、必要な程、伸びていないんですけどね。

 やっぱり、男は顔なんかじゃない?
 ううーん。そうは言っても・・・(無駄な抵抗はヤメロ、とかも聞こえてきそうだぁ)

|

« フルート協奏曲 | トップページ | 携帯音楽プレーヤー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 耳を隠す:

« フルート協奏曲 | トップページ | 携帯音楽プレーヤー »