« 下痢のこと | トップページ | 機種変更 »

東京メトロ(東京地下鉄株式会社)その2

 こんばんは、チェスです。

 今回は、「東京メトロ 発展期」というところでしょうか。

 戦前に計画された地下鉄新宿線は、名前を丸の内線と変えて、昭和29年に開通しました。
 その後都営地下鉄1号線(現在の都営浅草線)が昭和35年に開通した後、東京の地下鉄は大きく発展膨張していく時期を迎えます。日比谷線、東西線(昭和39年)、都営6号線(現在の都営三田線)(昭和43年)、千代田線(昭和44年)、有楽町線(昭和49年)、半蔵門線(昭和53年)と続々開通し、東京の地下は地下鉄だらけ、という状況になってきました。

 で、前の記事に書きましたように、銀座線、丸の内線を第一期とすれば、その後に建設開通した各路線は第二期地下鉄ということができます。それは上記の路線の軌道幅が1067mm(レイロクナナ=狭軌=JRの在来線と同じ)であり、給電方式も地上の電車と同じ架線からパンタグラフという方式をとっています。(浅草線は例外で、1435mm=標準軌=新幹線と同じ。)
 第一期の方式であれば、電車の天井に架線を張る必要がないため、地下鉄のトンネルの径を小さくすることができ、従って地下鉄の建設費を安くすることができる等のメリットがあったのですが、この方式は地上の各路線と接続することができないため、言わば閉じた世界の路線でした。
 しかし高度経済成長期を迎えて、東京も急激に放射線状に都市化が進み、JR(当時は国鉄)の各路線だけでは膨大な東京への通勤・通学客をスムーズに輸送することが困難になりつつありました。
 そこで、JR及び私鉄の各路線との接続を考えるならば、給電方式や軌道幅を、接続予定の路線と同一にしておけば、相互に相手の線路に電車を走らせることができて、非常に便利です。ですから、第一期地下鉄方式は丸の内線で打ち止めとなりました。
 日比谷線は北千住で東武伊勢崎線と、中目黒で東急東横線と接続し、東西線は中野でJR中央線と、西船橋でJR総武線・京葉高速鉄道と接続し、千代田線は綾瀬でJR常磐線と、代々木上原で小田急小田原線と接続し、有楽町線は和光市で東武東上線と接続して、それぞれの電車が相互に乗り入れています。「相互乗り入れ」時代の到来です。

 今まで書きました「東京の私鉄シリーズ」でもおわかりの様に、私鉄各社のターミナル駅は概ね山手線の各駅、及びその外側にあり、山手線の内周にJR以外の電車が走ることはできなかったのです。このため、私鉄各社から見ると、山手線は「万里の長城」と言われた時もあったそうです。まるで、山手線が都心への私鉄の乗り入れを阻止している格好だからですね。

 しかし、上記の様に、私鉄各社が地下鉄と接続し、相互乗り入れで電車を走らせる様になると、万里の長城は地下からあっさり陥落し、山手線の内側にも私鉄各社の電車が走るようになりました。山手線の内側で、JRの路線としては、中央線快速、総武・中央緩行線しかありません。JRとしても、東京周辺から都心へ通勤するお客様をスムーズに運ぶためには、地下鉄各路線と手を組むしかなかったのでしょう。地下鉄千代田線、東西線の線路上を、JRの電車が走っています。
 利用者サイドから見ると、JRや私鉄の利用者が、都心部通過を受け持つ地下鉄を経由して、反対側のJRや私鉄にまでまたがって乗車する、というケースはほとんどないと考えられます。両端の線路を運営している会社にとってみれば、都心部に繋がっている地下鉄線に魅力があるのでしょう。東京メトロ(と東京都交通局)は、私鉄各社とJR東日本の名仲人と言えるのではないでしょうか。

|

« 下痢のこと | トップページ | 機種変更 »

コメント

相互乗入方式のために架線方式を採用した東京メトロとは対象的に、横浜市交通局(横浜市営地下鉄)は、架線方式を採用しませんでした。そのため、横浜市営地下鉄は、いい路線を持っていても乗り入れは不可能になりました。
東京メトロは他に、半蔵門線は渋谷で東急田園都市線に、押上で東武伊勢崎線、南北線は赤羽岩渕で埼玉高速鉄道線に、目黒で東急目黒線にそれぞれ接続。そして有楽町線は、小竹向原で西武有楽町線に接続しています。そして、将来13号線が渋谷で東急東横線にも接続すると、すごいことになりますね。

投稿: 水泳中毒患者 | 2004.12.03 01:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京メトロ(東京地下鉄株式会社)その2:

« 下痢のこと | トップページ | 機種変更 »