« 東京メトロ(東京地下鉄株式会社)その1 | トップページ | 箸使い »

湯豆腐

 こんばんは、チェスです。

 先月10月14日に、おでんのことを書きました。常連コメンテーターの「けろちゃん」様から、「おでんは鍋物か疑問に思う」とおでん=鍋物説に「?」を付けられましたので、ならばこれならどうじゃ、ということで、湯豆腐です。

 湯豆腐、といっても、京都は南禅寺の湯豆腐、という世界ではなくて、ご家庭で普通に食べる、アレです。
 お豆腐も、高級なのではなくて、スーパーで一丁120円くらいので充分の世界です。(ホントはもっと安いのを買ってきていたりする。)
 話は全く飛んでしまいますが、スーパーなどで、お豆腐やら、その親戚筋の油揚げやら、なぜか「日配品」という名前のコーナーに置いてありますね。日配品とは、あまり普段使わない用語ですが、正確な定義をご存知の方、いらっしゃいますか。ここをたぶん読まれている方で、もうお一人の常連コメンテーターで、水方面の方は、流通業の世界に詳しそうなので、きっと明日にはコメントがついているかもしれませんが、まぁどうせ「毎日配達される商品」を縮めて「日配品」というのよ、とその程度でありましょう。

 で、本題に戻ります。
 湯豆腐の場合には、お出しは昆布でしょうか。昆布というと、やはり北海道。利尻昆布とかも有名ですが、日高にも良い昆布がたくさんありますよ。
 で、お豆腐の方ですが、小職は「木綿」が圧倒的に好きですね。「絹ごし」が嫌いという訳ではないのですが、いや、不器用で、絹ごしは柔らかすぎなのであります。勿論、歯ざわり、舌触りも木綿の方が好きなのです。お豆腐らしいというか。絹ごしは、どうもプリンに近い感覚になってしまいます。
 勿論、絹ごしが好きな方に喧嘩を売っている訳ではないので、悪しからず。

 家庭で食べる湯豆腐には、主役のお豆腐の他に、色々と脇役陣を配しますね。
 白菜、春菊、長葱といった野菜に、きのこ類も美味しいですね。たらとか、生シャケ、はまぐりが入っても、また結構です。
 しかしこうやって脇役陣をどんどん充実させていくと、湯豆腐というよりは、単なる「寄せ鍋」になってしまうのが、家庭の悲しいところでありますね。

|

« 東京メトロ(東京地下鉄株式会社)その1 | トップページ | 箸使い »

コメント

名指しをされましたので・・・。

湯豆腐ですか?鍋物と言って良いのでしょうか?
我が家では純粋に豆腐だけです。土鍋の底に昆布を敷いて、
めんつゆに薬味をそえて食します。ちなみに私は絹ごし派です。「売ってんのか、ゴルァ!!」と言うのは冗談ですが(笑)寒くなりましたので鍋物も良いですね。中に入れる具材で喧嘩になりそうですが・・・。

投稿: けろちゃん | 2004.11.30 22:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 湯豆腐:

« 東京メトロ(東京地下鉄株式会社)その1 | トップページ | 箸使い »