« 年賀状 | トップページ | 情けは人のためならず »

プレクトランサス

 こんばんは、チェスです。

 プレクトランサスという名前の観葉植物がありまして、秋になりますとヒゲの様な枝を上にどんどん伸ばしてきて、この枝からたくさんの小さな可愛い花を咲かせてくれます。
 あまりに小さな細かい花ですので、普通のデジカメではうまく写すのが難しく、何が写っているのか良くわからないと思いますが、上に伸びている細い枝から小さなラッパ状の花が咲いているのがわかりますでしょうか。
Plectranthus1124.jpg

 こちらのイメージの方が、花がわかりやすいかもしれませんね。
plectranthus1124-2.jpg
 この植物も、園芸品種としては色々なものがあるらしいのですが、ウチにあるのはシルバースターという品種だけです。
 寧ろ花より葉の方が綺麗で、こちらを楽しむ植物かな、と思っていました。いわゆる多肉植物の一種なのかもしれませんが、分類学上どうなのかは良くしりません。夏に勢い良く増殖して、隣のボケの鉢に、勝手に仲間を増やしていましたので、ボケの鉢から引き抜いて、別の空いていた赤玉土が入っていた鉢に差しておいたら、簡単に活着したようです。
 あまり耐寒性はなさそうなのですが、東京の冬は現在それほど寒くはなりませんので、外に出しっぱなしでも越冬してくれる様です。もう少ししましたら、花を咲かせてくれた枝を刈り込んで、夏前の状態に戻して、冬を乗り切って貰おうと思います。
 他の品種のプレクトランサスも、見てみたいですね。ウチのシルバースターを差し上げますから、他の品種を下さる方はいませんか?

|

« 年賀状 | トップページ | 情けは人のためならず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プレクトランサス:

« 年賀状 | トップページ | 情けは人のためならず »