« 接客に笑顔 | トップページ | プレクトランサス »

年賀状

 こんばんは、チェスです。

 未だ少し時間的には余裕がありますが、毎年悩ましいのが年賀状の文面とデザインです。

 お子さんのいるご家族ですと、家族揃っての写真を見せていただくと、子供の成長の早いのに驚き、また何時の間にか結婚していた古い友人の写真などを見て、うーん、羨ましい、そのチャンスをちっとは分けて欲しい、と呟いたりと、写真入りの年賀状は、写真そのものが雄弁に近況を語ってくれますので、便利なものです。ところが小職の様に「扶養家族は猫1匹」というしがない42歳独身男では、猫と一緒の写真はプロフィールくらいでたくさんでしょう。(あの写真もそろそろ引っ込めますかねぇ。)
 写真画質のカラープリンターが手軽に買える世の中になりましたので、わざわざポストカードを印刷屋さんに注文しなくても、自前のオリジナル写真入り年賀状を作れるようになったのは、誠に便利なことですが、印刷屋さん殺しとも言えるかな。ですが、そもそもその写真の良い題材が無いときていますから、写真画質のプリンターを買う気が起きません。猫年というのがあれば、別ですけど。(コバン師は茶トラ模様なので、「トラ」年の時に使った様な気がしますが。)

 写真もイラストもなし、全て文字だけで埋めて、しかも細かい字をぎっしり年賀葉書の裏に印刷したという、もう見るだけで読む気が失せるという年賀状を作って、迷惑を顧みずに出したこともありました。あまり好評ではなかった様なので、1回限りにしました。
 最近数年の傾向としては、ワンポイント的に小さな楽しいイラストをインターネットで探してきて、すみっこにさりげなく入れ、残ったスペースに、昨年の(つまり今年の)回顧、反省と、新年にあたっての目標、決意などを書き連ねるというスタイルが定着しつつあると思います。

 何年も会っていないけれど、年賀状だけは毎年交換している友人とか、どうせ5日の仕事始めの日には顔を合わせるのに、年賀状を出さなければ済まない会社の上司、同僚連中とか、考えてみればおかしなものもだいぶある年賀状、でも、今年も楽しみながら悩むということになりそうです。

|

« 接客に笑顔 | トップページ | プレクトランサス »

コメント

物凄い上手な文面、ちょっと笑いながらも読ませていただきました。 始めまして 立ち寄らせていただいてます。

投稿: weed | 2004.11.23 20:40

 こんばんは、weed様。チェスです。

 拙い文章を読んで下さり、ありがとうございます。
 取りとめも無いことを書きなぐっておりますが、時々お立ち寄り下さると大変嬉しいです。今後ともよろしくお願いします。

投稿: チェス | 2004.11.23 21:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年賀状:

« 接客に笑顔 | トップページ | プレクトランサス »