« 続 デンタルフロス | トップページ | パンク »

大戸屋

 こんばんは、チェスです。

 いわゆるチェーン店展開をしている定食屋さんであり、牛肉で打撃を受けた牛丼チェーン店各派とか、前に書かせていただいた「餃子の王将」などのライヴァルになると思いますが、ブルーの看板を目印に首都圏各地に店舗を展開しているのが、「大戸屋」さんです。
 和食が主体の定食屋さんですので、魚が好きな小職は、昼食には好んで、夕食時も時々、この大戸屋さんに入ります。

 勤務先の王子にも、大戸屋さんのお店があり、当然ここを良く利用するものですから、感想とか考察を書くのは、このお店が元になっていることをご了承下さい。
 以前には、禁煙席、喫煙席を分けて分煙化していましたが、何時の間にか店舗全体が禁煙になったようで、禁煙席が一杯の時に「喫煙席でもよろしいでしょうか?」と聞かれることが無くなりました。愛煙家にはお気の毒ですが、まぁ居酒屋ではないので滞在時間が短いから、食事をしている時くらいは一服を我慢できるでしょうし、お店サイドにとっても、お客の回転を早くするという効果が見込めますから、全面禁煙に踏み切ったのでしょう。煙草をやらないチェスにとっては、どこからも煙草の煙が流れてこないので、非常に爽やかで結構です。

 回転を早く、と書きましたが、料理が出てくる迄の時間は、案外かかります。勿論メニューにもよりましょうが、感覚的には10分弱は待つ感じがします。
 ただ嬉しいことに、大戸屋さんでは食事と一緒にコーヒーを注文すると、50円で飲む事ができます。尤も、これはカップを渡してくれるだけで、後は店内にあるエスプレッソの機械の所に行って、セルフサービスで入れるのですが。コーヒー中毒の小職は、料理が出てくるまでにまず一杯、食後にまた一杯、とエスプレッソを飲む事ができて、ありがたいです。

 メニューは、かなり色々と豊富にあります。蕎麦やうどんもありますので、組み合わせてあるセットメニューまで入れれば、仮に毎日お昼に通っても、全部食べるのに
日数かかりそうです。
 時折、新しいメニューが追加されており、チェーン店の本部では、研究開発怠り無しということなのでしょう。

 肝心の味の方ですが、定食屋さんにしてはご飯がもうちょっとだと思います。おかずの方は、さすがに「まずくて二度と食べるか」と思ったメニューには当たったことがなく、「美味しかったからまた注文した」ものがありますから、平均的に水準以上だと思います。ただし小職はお魚メニューに片寄って食べていることを付言しておきます。ハンバーグも悪くなかったとは記憶していますが。
 お値段も、平均してあと50円程安ければ、と思うのですが、まぁ手頃と言えば言える範囲だと思います。
 何だかんだ言っていますが、良く食べに行っているので、結局気に入っているのは確かなのです。

|

« 続 デンタルフロス | トップページ | パンク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大戸屋:

« 続 デンタルフロス | トップページ | パンク »