« 医療事故 | トップページ | 傘が無い! »

京成電鉄

 こんばんは、チェスです。

 台風23号が関東地方に向けて接近中でありますが、今更どうすることもできぬため、台風のことなぞは書きません。
 このヘンが天邪鬼なところです。

 関東の私鉄を巡るシリーズ、第3回目は京成電鉄です。
 京成は、地味で、しかも不運な鉄道会社です。関東の私鉄の中でも、経営状態、サービス共に最低という評価さえあります。京王電鉄は府中競馬正門前という東京競馬場の玄関にくっつける支線を引いてくれましたが、京成電鉄は東中山からの200円のバスです。このバスは、行きはいいですが、帰りは乗れたものではありません。歩いた方が早いのですから。中山競馬場へ乗り入れる支線を作れなかった悲しさ、これが京成電鉄の現状を暗示していましたでしょう。

 主な路線は上野と成田を結んでいる京成上野線です。京成の「成」は、成田の「成」です。成田には、成田山新勝寺があり、関東一円からの信仰を集めておりました。「成田山のお不動様」ということで、不動明王をおまつりしている大本山です。ここにお参りにいくお客さんのための鉄道、それが京成電鉄の始まりです。

 京成のターミナルは、上野駅です。上野駅ではあるのですが、JRの上野駅と乗り換えできるか?というと、少々離れているために、「京成上野」という駅名になっています。JRの駅からですと、不忍口が近く、それでも歩いて3分少々くらいかな。連絡はよろしくありません。京成上野ターミナルは地下駅なのですが、地下鉄とも連絡していません。JRから乗り換えようとするなら、寧ろ日暮里駅の方が近くて便利であるという関係にあります。

 こういう不便なターミナルを持っているせいか、京成は伸び悩んでいました。が、チャンスは意外に早く来ました。都営地下鉄として最初に開通した1号線(現在の浅草線)が京成と接続し、更に地下鉄経由で京浜急行とも相互乗り入れできる計画が持ち上がったのです。
 しかしこの計画には、大きなネックがありました。京成と京浜急行とでは、軌道幅が違うのです。どちらかが軌道幅を変えないと、相互乗り入れは出来ません。
 決断したのは、京成電鉄の方でした。それまでの1372mmを、1435mmに変更したのです。
 簡単に言いましたが、これは大変な事です。レールとレールの間隔を変えるだけでなく、車両限界が大きくなるのですから、鉄道の運用に伴うあらゆる設備を変えなくてはいけません。小さな鉄道会社にとって、膨大な設備投資となりました。
 そして、京成本線から青戸で分かれて押上に至る押上線により、京浜急行-都営地下鉄1号線-京成電鉄の相互乗り入れが実現したのです。
 実現はしましたが、都営1号線=浅草線は、中央通りの下を行く銀座線と違い、昭和通りの下を通るこれまた地味な路線です。まぁ三浦半島に行く京浜急行が強い味方ではありましたが・・
 そして、京成にとってありがたいことに、羽田空港の代わりとなる新しい国際空港が成田にできることになりました。新空港ができれば、一挙に東京と空港のお客さんが増えます。が、不運なことに、この空港は例の「成田闘争」のために開港が大きく遅れ、京成電鉄も過激派に電車を焼かれるなどといった被害を受けました。
 空港直通の指定席特急「スカイライナー」も、ターミナルが不便な京成上野では、利用客も伸びてくれません。
 上野のターミナルが、あと300m東北に寄せることができたら、あるいはお客さんの流れも違いましょうが、うーん、なんとも不運な鉄道会社です。

|

« 医療事故 | トップページ | 傘が無い! »

コメント

けろちゃんです。

また電車シリーズですか?私の会社も鉄道車両の部品を製造しています。今年はどのくらい作ったでしょうか?京成電鉄・小田急・EJR231系・相模鉄道・南海電鉄・名鉄・東急・京急・EJR531・TEC700・台湾新幹線・・・。ざっと挙げてもこれだけあります。もううんざりします。不景気の中仕事があるのはありがたいのですが、仕事の忙しさと収入が比例しません。体の疲れが増える一方です。

すみません、愚痴になってしまいました。

次は何でしょうね?東急ですかね。
東急についてはうるさいお方がいらっしゃいますので(笑)

投稿: けろちゃん | 2004.10.20 21:40

またまた、登場です。「えっ、お前はうるさい?」「そんなこといわないで、仲間に入れてよ~」。

京成がマイナーなのは、JRと併走区間が多いためです。本線の津田沼まで、千葉線はほとんど併走です。時間的にJRの方が速いし、都心まで乗り入れるので、京成は使いません。京成の駅は、JRの駅がそばにあるので、「京成○○」という駅が多いです。しかし、電車に乗ると「京成」はとってしまいます。船橋も津田沼の成田もです。今の京成千葉駅はJRが国鉄だった時「国鉄千葉駅前」という駅でした。バス停みたいですね。
JRが、京成線と乗換駅として認定しているのは、上野・日暮里・船橋・千葉・空港第1ピル・第2ビルだけです。船橋駅は、完全に別の駅ですが、京成線とJRがいちばん近いので、そういうことになっています。成田・八千代方面から来た人は船橋でJRにほとんど乗り換えてしまいます。

京成のもともとのターミナルは上野ではなく押上でした。上野は新しい駅です。東武の浅草ターミナルと同じく、昔はあのあたりが東京の中心で、今の山手線あたりは「田舎」だったのですね。

電車収入がぱっとしない京成ですが、実は千葉県のほとんどの交通機関は京成傘下です。「新京成」「北総」「東葉高速」「芝山鉄道」などです。そういう意味ではローカル色もありますね。それと忘れてはいけない会社。東京ディズニーランドを運営する「オリエンタルランド」も京成グループの企業です。ここの収益は大きいので、多少電車の収入がなくてもびくともしませんね京成は。

さて、けろちゃんってすごいね。台湾の新幹線も作ってたの?

投稿: 水泳中毒患者 | 2004.10.21 01:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京成電鉄:

« 医療事故 | トップページ | 傘が無い! »