« 口は災いの元・・の時も | トップページ | 新型雨具 »

椅子

 こんばんは、チェスです。

 小職は、会社では所謂デスクワークという奴に従事しておりますので、会社にいる大半の時間を、自分用の机の前の椅子に座って、書き物をする代わりにワープロソフトを使ってあれこれと必要な書類を作っています。
 小職も含めて、こうしたデスクワークが主な仕事の人間にとっては、机やパソコン、筆記用具といった道具類もさる事ながら、一日の1/3近くの時間、自分の腰を預けている椅子というものは、仕事の能率は無論のこと、自身の健康という重大事に深く関わっています。
 あらゆるプロフェッショナルが、自分の仕事に使用する道具については、費用を惜しまず深い拘りを持つのに、デスクワークという仕事のプロは、どうして椅子に拘らないのでしょうか。小職の会社でも、下手をすれば家庭で小学生の勉強部屋に置いてあるような、安物の回転椅子がたくさん使われていました。いました、と過去形で書いたのは、さすがにここ数年、椅子の重要性に気が付いた人が多くなり、毎日使う大事な道具に、費用をかけるようになってきたからです。
 もっとも、未だに肘掛付きの椅子は課長級以上の管理職が使うもの、とかいった不文律があるように記憶しておりますが・・。

 家で使っている椅子のうち、会社と同じ様にパソコンを使う際に座る椅子については、上で偉そうな事を書いている割には、安物の勉強机用回転椅子を使っていました。が、会社に入り、3年半経って職種がデスクワークに変わりますと、なかなか椅子にお金を掛けてくれない会社に業を煮やして、家の自分用の椅子を買い替えてやろうと考えました。
 たぶん今から14、5年前の事だろうと思います。

 夏の暑い日、分不相応に当時としてはたくさんのキャッシュをお財布に入れて(カードで買えばいい、という考えはあまり無かった)新橋の「チトセ」というオフィス家具の会社に行きました。実際の椅子を見ることができるかどうか、電話してから行きましたので、夏のこととてラフな格好をしたヘンな若い男が来たにもかかわらず、丁寧な応対をしてくれました。

 いくつも椅子を見せていただき、当然座らせていただき、いかにもしっかりとした造りの椅子を買うことにしました。まさしく分不相応な高価な買い物でしたが、この椅子はずっと座っていて疲れませんし、状況に応じて座面の角度を細かく変えることができる機能を持っています。
 今では、本当に良い買い物をしたと思っています。

 あの会社はどうなったのかな、と思いまして調べて見ましたら、「アイリスオーヤマグループ」の一員となって、社名が「アイリスチトセ」に変わっていました。今でも、小職が愛用しているような、堅牢でしっかりしていて、しかも座りやすく疲れない、良い椅子を作ってくれているのでしょうか。

|

« 口は災いの元・・の時も | トップページ | 新型雨具 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 椅子:

« 口は災いの元・・の時も | トップページ | 新型雨具 »