« はらはらと落葉 | トップページ | 再び無灯火自転車について »

着膨れ・着痩せ

 こんばんは、チェスです。

 冬の間は、セーターやベストを中に着て、上着にコートと皆さん耐寒装備で通勤されますから、只でさえ混雑する電車が、益々空間がなくなりますね。こいつを着膨れなどと申します。着膨れ満員電車ですね。電車の中は座席の暖房と、満員の人いきれで暑いほどなんですが、暑いからといってのんびりとコートや上着を脱いで網棚にでも置く、などというゆとりが無いのが、満員電車の辛いところです。通勤電車の中は、外でも内でもない、中途半端な困った空間ですから、温度調節もままなりません。あと3ヵ月もすると、そんな風景になるでしょうかね。

 逆に夏の間は、当たり前ですが、皆さん薄着です。着る物がどんどん薄くなるから、着痩せ、か?というと、これは言葉の意味が違うんですね。

 着痩せする、というのは、着ている洋服でも着物でもいいですが、着衣によってミスのある体形がカバーされてしまう、という事です。
 たぶん、男性でも女性でも、「着痩せするタイプ」というのはいらっしゃると思います。上記は、ネガティブな意味での説明をしましたが、逆のケースもありますね。
 抜群のプロポーションにもかかわらず、普段はあまりそうは見えない人。「彼女は着痩せするタイプだったんだねぇ」と言われるような人、いませんか。

 そんなカッコイイ着痩せタイプならいいですが、中年太りの着痩せというのは、何とも悲惨であります。外を歩いている時は、コートやジャケット、スーツ姿のおかげで目立たなかったのが、会社でワイシャツ姿になると、下腹がせり出してきているのがモロ分かりであります。

「ややっ、ちょっと太ってきたんじゃないの?」

 言われるまでもありません。本人は良く分かっているのです。夏の間はいつもワイシャツ姿なので、却って目立たないのです。体形のミスをカバーしてくれる冬服になってから、余計に目立つのであります。
 幸いにして、小職は昨年夏から始めた水遊びチャプチャプのおかげで、大いに体重もウエストも減少させることに成功しました。着痩せではなくて、ホンマ痩せです。この間の様子は「コースロープはいらない!」に書いてありますので、痩せたい方は読んでみて下さいね。

|

« はらはらと落葉 | トップページ | 再び無灯火自転車について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 着膨れ・着痩せ:

« はらはらと落葉 | トップページ | 再び無灯火自転車について »