« SETI | トップページ | F.F.F.Cが遂に来た »

大きな看板

 こんばんは、チェスです。

 国道や、それに順じた幹線道路などの道路脇に立っているビルの屋上に、大きな看板が時々見られます。その多くはタバコの銘柄の広告看板なのですが、そうした広告看板が載っているビルの全てが、JT(日本たばこ産業)の所有という訳ではないでしょう。
 ということになると、ビルの屋上に設置される大きな広告看板は、そういった広告を集める広告代理店がお金を出して、ビルのオーナーに頼んで付けさせてもらう、という事になるのでしょうか。

 こういった看板は、幹線道路の脇であれば、どこでも良い、ということではなさそうです。長い直線道路、というのは、案外と道端のビル屋上の看板は目立たないものです。道路が緩やかにカーヴをしていて、そのコーナーの途中とか、出口あたりが良さそうに思います。コーナーの出口付近であれば、そのカーヴに入ってくる自動車のいずれからも良く見えて目立ちます。コーナーの途中であっても、看板にうまく角度をつけて設置すれば、同様の効果が得られるでしょう。

 こうした看板は、実はチェス家のそばにも一つありますが、近くで見るとかなり大きいです。遠くから見てもそれとわかる看板でないと、広告の効果がないでしょうから、一定以上の大きさが必要なんですね。
 交通量の多い幹線道路であって、適当なカーヴがあり、一定規模以上の看板を乗せることができる面積と高さをもったビル、となると、これは案外にやっかいな条件になるかもしれません。条件にかなうビルがあったとしても、それが集合住宅であったら、屋上に巨大な広告看板が載っているマンションに住みたい、と思う人はまずいないでしょうから、広告はダメでしょう。
 テナントを募集するオフィスビルであっても、果たしてどうか?イメージが違う、と嫌う会社があるかもしれません。

 すると結局、一棟まるごとのオーナービルが、交渉しやすそうです。しかし、そんな都合の良いビルがいかほどあるか?

 色々考えていくと、ビル屋上の大きな広告看板を扱っている広告代理店は、結構大変な商売ではないか、と思えてきました。(まぁしかし、「大変ではない商売」なんて、なかなかありませんが。)

|

« SETI | トップページ | F.F.F.Cが遂に来た »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大きな看板:

« SETI | トップページ | F.F.F.Cが遂に来た »