« 口内炎 | トップページ | 大きな看板 »

2004.09.16

SETI

 こんばんは、チェスです。

 先日、Yahoo Japanに流れているニュースで、面白いものがありました。こんなのはめったに流れませんが、宇宙からの、水素元素周波数帯域のおかしな電磁波が捉えられた、というものです。全部で3回観測され、現在は観測できないのだそうですが、これはひょっとすると宇宙のどこかの知的生物からの電波か?ということでこの方面の研究者が注目しているということでした。

 地球外の文明を探す試みは、随分昔から行なわれています。
 現在は世界的な協力態勢で行われており、SETI(セチ)と呼ばれています。サーチ オブ エクストラテレストリアル インテリジェンスの頭文字を取ったものですね。地球外知能の探査、ということになるのでしょうか?

 こいつは昔からの学者や、はたまた小説家などが扱うテーマとしては格好のもので、学問的な探求を別にすれば「宇宙人というのは果たしているか?」という問いに集約されてしまうものです。H.G.ウェルズの名作「世界戦争」(一般には「宇宙戦争」と約されていますが、原題は「The War of the Worlds」です。)の様に、今となっては火星から火星人が攻めてくる、とは小学生でも思っていない様に、我々の太陽系の中では、知的生命体はもとより、原始的生命も果たしてどうか、という状況です。ですので、地球外文明を探すとすれば、勢い遠方の恒星系を探す、ということになってしまいます。

 しかし、そう簡単に言っても、当たり前のハナシですが、宇宙は広いです。宇宙での距離を表すのには、地球上の尺度はとてもではありませんが使えませんから、光が飛んでいって何年かかります、という「光年」という単位をつかいます。物理的に光より速いものが無いので、光が飛んで行くのを尺度にしているのです。
 我々の太陽系から、比較的ご近所の恒星系は、良く観測されていて色々わかっているのですが、光が飛んでいって10年かかる、つまり10光年の範囲には7つほどの恒星があることがわかっています。一番近いところで、4.6光年ほど、今すぐ光が飛んでいっても、あちらに着くのは4年と半年以上かかるのです。仮にですが、その恒星が大爆発を起こしたとしても、我々がその大爆発を観測できるのは、4年と半年ちょっと後、ということなのです。

 我々の太陽系にもっとも近い恒星で、こうなのですから、広大な宇宙の星の光の殆どは、人類やら、地球すら生まれていない遥か昔の光を、やっと観測している、ということになります。遠くになればなる程、昔のことであるのです。
 これでは、SETIによって、地球外知能による電磁波を掴まえた、宇宙の我々の隣人の証拠である、ということになったとしても、その地球外文明とやらは、もうとうの昔に滅び去っていて、我々は最盛期の頃の電磁波を観測して喜んでいるだけ、ということになりませんでしょうか。
 いや、だからSETIは無駄なばかばかしい試みだ、などというつもりは全く無いのですけれども、宇宙はあまりにも広いのです。

« 口内炎 | トップページ | 大きな看板 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SETI:

« 口内炎 | トップページ | 大きな看板 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • ギャンブル
  • グルメ・クッキング
  • ゲーム
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • ファッション・アクセサリ
  • ペット
  • モンテディオ山形
  • 住まい・インテリア
  • 俳句
  • 健康
  • 園芸
  • 学問・資格
  • 心と体
  • 恋愛
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 結婚問題
  • 美容・コスメ
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ