« 何時の間にか秋 | トップページ | SETI »

口内炎

 こんばんは、チェスです。

 幸な事に、最近は少し遠ざかっていますが、かつては持病と言いたくなる程、口内炎という奴にしばしばやられました。

 口内炎をご存知無い、という幸福な方に説明致しますと、口の中の粘膜に、ある日突然潰瘍が出来てしまうのです。
 口内炎とは違いますが、何か食べていて、うっかり口の中の壁を噛んでしまったこと、ありませんか?勢い良く噛んでしまうと、口の中に傷が残ってしまって、暫くの間痛いですよね。あれのひどい奴、といえばやや近いでしょうか。でも実際は、あんなものではありません。

 口内炎はひどい奴ですと、もう食事をするのも、何か飲むのもダメになってしまいます。そればかりか、しゃべるために口を動かすのも痛いという有様です。
 何も飲まない、食べないという訳にはいきませんから、冷たいものは避けて、熱いものは室温になるまで冷ましてから飲食します。極端な猫舌という按配です。
 ウチの母親が、ハチミツを塗ると良い、とかいうものですから、塗ってみますと、ハチミツさえも沁みるのです。でもって、ハチミツなどはそのうち流れていってしまいますから、そんなに効かない様に思われます。

 どうも、口内炎になり易い、という人間がいる様で、学生時代に友人の一人が、この口内炎仲間?でした。
 彼が言うには、「試験が近くなってくると、口内炎ができる。」のだそうです。どうも、プレッシャーを受けるとかいった、精神的なものが原因のようです。たぶんそれだけではなくて、片寄った食生活とか、それに付随して足りない栄養素があるとか、きっとそういう「口内炎になりやすい因子」が多い人が、こうしたグループになるのだと思います。
 人生も40年以上になりますと、色々と開き直りとでもいうか、いい加減になってきて、何事も「真摯に取り組む」姿勢が薄れてきたのが、口内炎から遠ざかる様になった原因だとしたら、それはそれでさびしいものがあるというものですが。

 しかし口内炎などというものは、それは無い方がいいに決まっていますよ。ホントに。

|

« 何時の間にか秋 | トップページ | SETI »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 口内炎:

« 何時の間にか秋 | トップページ | SETI »