« ミッドウェー(1) | トップページ | ミッドウェー(3) »

ミッドウェー(2)

 こんばんは、チェスです。

 昨日に引き続き、ミッドウェー海戦です。

 日本海軍の動きは、アメリカには筒抜けだったのに比較して、一方の日本海軍の情報収集はどうだったのでしょうか。
 勿論、アメリカ海軍の動きを知るために、努力はしていました。
 もっとも知りたいのは、アメリカ海軍の空母の所在です。「レキシントン」は珊瑚海で沈みました。「ヨークタウン」は暫く動けない。(と思っていました。)残る「エンタープライズ」「ホーネット」の位置が判れば、ミッドウェーを攻撃するときに役立ちます。
 それで、アメリカ海軍の根拠地である真珠湾を、事前に偵察することにしました。といっても、真珠湾はあまりに遠い。航続距離の長い飛行艇をもってしても、燃料が足りません。それで、「フレンチフリゲート」という珊瑚礁に予め潜水艦を派遣しておいて、飛行艇の燃料をここで補給して、長躯真珠湾を偵察しようという計画を立てたのです。
 で、潜水艦がフレンチフリゲートに行ってみますと、なんとそこには先客が、つまりアメリカ海軍の軍艦が停泊しておりました。
 それで、真珠湾の偵察はできないことになってしまいました。
 もし、計画通り飛行艇による真珠湾偵察が成功していたら、アメリカ海軍の空母が真珠湾にはいない=他で行動中である=ひょっとするとミッドウェーに来ているかもしれない、という事になって、海戦の行方も違ったものになっていたかもしれません。

 しかし、真珠湾の偵察ができなかったことで、アメリカ海軍の空母の所在も不確定なままで、ミッドウェーに向かわなくてはいけなくなりました。

 さて、日本海軍は、情報収集不充分なままで「アメリカの空母はどこにいるかわからん」「大事な空母なのだから、ひょっとすると真珠湾に温存しているかも」「仮に空母を出撃させたとしても、今動かせるのはせいぜい2隻」という程度の認識でいたに違いありません。
 一方のアメリカ海軍は「日本海軍は、空母4隻でミッドウェーに攻めてくる」という明確な認識を持っていました。この差は、後々大きく効いてくるのです。(つづく)

|

« ミッドウェー(1) | トップページ | ミッドウェー(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミッドウェー(2):

« ミッドウェー(1) | トップページ | ミッドウェー(3) »