« 誕生日のこと | トップページ | モスキート »

野菜炒め

 こんばんは、チェスです。

 6年前の夏、チェスの母親に脳腫瘍が見つかり、入院、手術となりました。幸い腫瘍は良性であり、腫瘍が大きかったので全摘するのも大変な手術でしたが、脳神経外科の医師の見事な手術のおかげで、母親は全快、退院しました。
 入院は約2ヵ月に及びましたが、その間、夕ご飯はチェスとチェス弟が概ね交代で作って(又は何か買ってきて)対応しておりました。父親はその頃、通勤に非常に時間のかかる仕事をしていたので、当番をさせるのは無理でした。

 ある日のこと、チェス弟が、「今日は野菜炒めを作る」と言って、野菜各種をザクザクと切り始めました。
 まぁ、野菜炒めなら、野菜さえ切ってしまえば、後はそう時間はかからないし、第一チェスは野菜炒めが好きですので、彼のお手並み拝見、と思ってテレビなぞを見ておりました。
 やがて、準備が完了したのか、フライパンがガスレンジに載り、油を引いて野菜を炒める音が聞こえてきました。
 どうやら、もうちょっとしたら、今日も無事に晩御飯を食べられそうだ、と思いましたが、それは甘かったのです。

 チェス弟は、素人に有りがちな「目分量のミス」をしたらしく、相当の量の野菜炒めを作っていました。
 大きなお皿に2枚分、山盛りになって湯気を上げていました。

 オヤジはまだ帰ってきそうもないから、食べようか、と炊き上がったご飯をよそい、チェス弟作の野菜炒めに箸をつけた途端、2人同時に、
「!」
 箸が止まりました。物凄く塩からくて、物凄く胡椒が効いているのです。

「これ、味付けしたときに、味見したのか?」
「いや」
「うーん。ちょっと塩辛いな。」

 ちょっと、とは言いましたが、それは明らかに控えめに過ぎる表現でありました。
 まず、問題の料理の作者がギブアップしました。
「食べるのを止めよう!」
 小職は、しかし、せっかく奴が作ったのだから、と思って、無理をして食べましたが、やはり強烈に塩辛いのです。
 量が多いために、目の前の野菜炒めは全く減りません。
 チェス弟はついに、
「これ食ったら、マジで死ぬぞ。」
 と言って、大量の野菜炒めを処分することになりました。
 しかし、これがメインのおかずですから、大量の廃棄物発生に伴って、おかずが無くなってしまいました。
 その後、冷蔵庫の中身をあらためて、おかずになりそうなものを何とか並べて、夕食を終えましたが、その後に帰宅したチェス父親の夕食が悲惨になったのは、言うまでもありません。
 チェス弟は、母親の料理に何かと文句の多い男ですが、野菜炒めに関してだけは、以後全く文句を言わなくなりました。

|

« 誕生日のこと | トップページ | モスキート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野菜炒め:

» にしたにみきお [Tami’s Room:diary from k-tai]
キム・ニールヤングが言ってた野菜炒めの作り方の具の炒め順。それぞれの頭文字で覚える。そのままだと「にぴたににきも」だけど覚えにくいので「にしたにみきお」と。 [続きを読む]

受信: 2004.10.10 00:20

« 誕生日のこと | トップページ | モスキート »