« 会社のサボテン-2004.6.10 | トップページ | お見合い »

メンズファッション

 こんばんは、チェスです。

 いつぞや、小職の場合には身に着ける小物類は全く拘らないといった話を書きましたが、会社に通勤する際の服装についても、まぁ似たり寄ったりといいますか、拘り無くテキトーです。
 ただ、通勤途中の駅や電車内で、それとなく観察していますと、男性の場合には「センス良く、決まっている」と思える方はどうもあまりいらっしゃらない様にも思います。あれれ、さっきお前は、「服装に拘り無くテキトー」と書いたではないか、それで人様のファッションを批評できるのか、と言われれば、一言もありませんが、とにもかくにも、自分の事は棚に上げておいて、中年男性ファッションをみてみると、「没個性であり、無難に、目立たない様に」というのがキーワードに思われます。
 スーツやジャケットの色にしても、グレーが多く、次いで紺、黒、といったあたりを入れてしまえば、8割以上がいずれかに含まれるのではないかというカラー選択であり、若者はともかく、中年と呼ばれるあたりになるとシャツの色も白が圧倒的に多く、あまり冒険をした色のシャツの方は見かけません。

 これはどういう理由によるのでしょうか。

 一つには、「出る杭は打たれる」という言葉に象徴されるような、我々日本人のムラ意識、横並び意識が、服装の感覚にも「なるべく没個性に、多くの人様と同じ様に」という具合に働くのでは、という解釈です。
 しかし、OLの皆さんはどうでしょうか。全部が、とは言いきれないでしょうが、男性に比較すればはるかに個性を大事にして、ファッションに自分というものを主張されているように見受けられます。ま、ひょっとすると「ムラ意識」が働くのは男の方が強い、ということかもしれませんが。

 次ぎは、会社における存在です。工場のラインで働かれるブルーカラー、あるいは研究開発などの技術職であれば、会社の作業着に着替えて仕事をされるでしょうから、自宅-会社間の服装は、そう気を使わなくても良いかもしれません。多少カジュアルな格好でも、会社に着けば着替えてしまうのですから。
 でも、営業、事務系の管理部門などでは、通勤の時の服装が、そのまま「仕事着」になります。仕事着ですから、ここにあまり「自分」というものを主張するのは考え物です。先ほど、OLの皆さんとの比較をしましたが、OLの皆さんも、会社に着くと制服があるので、それに着替えるため、男性の作業服と似たような環境であり、ファッションを楽しめるということでしょう。
 営業、事務職であっても、20台位はまだそれなりにお洒落を楽しむというか、ブランド物のスーツに鮮やかなカラーのシャツを組み合わせたりしています。そいつがやがて、グレー中心のつまらないものになってしまうのはなぜでしょうか。経済的問題、というのも見逃せないと思います。若い頃は、給料もそれなりですが、独身の時は可処分所得という面では大きく、しかし結婚して家庭を持ち、子供ができるとなると、可処分所得は目減りする一方となり、勢い服装などにかまっていられなくなる、というものです。ああ、ちなみに小職は変わり者でヨメさんがいないため(別に好きでそうしている訳ではないが)同年代の方よりは、多少とも可処分所得は多いと思います。
 でも、「みんな、似たような感じ」というのはやはりつまらないし、せっかく良質の衣料品が溢れているのですから、中年男性もメンズファッションにおいて自己主張してもいいかもしれませんね。というのは、自分についても同様です。

|

« 会社のサボテン-2004.6.10 | トップページ | お見合い »

コメント

私もあまりセンスのいい方ではありませんが、いわゆる「ワイシャツ」は着ません。別に意識しているわけではないのですが、色物のシャツが多いです。一般的に売っている「ワイシャツ」というものは、冠婚葬祭以外はほとんど着たことがないです。ボタンダウンに凝った時期にあり、それからはずっとBDシャツです。今は、体型が合うようになったので、ユニクロの1,900円位のシャツがメインです。シャツの色を変えることで、気分も変わり、結構楽しいです。カラーシャツをたくさん持っていると、何か「遊び人」みたいに思われますけど、私の性格をみるとそうでないことがわかると思います。
たぶんこれからも、カラーのBDシャツを着ていくことになると思います。

投稿: 水泳中毒患者 | 2004.06.12 13:29

ここのサイトがオススメです。
サラリーマンスタイル。男のファッション
http://www.salaryman-style.com/fashion/

このサイトの中で「男のスーツに限っていえば、2着の安価な服より、1着の高価なものを。これは基本である」という記述には疑問を感じます。何故ならスーツは毎日着るものだから1着では不十分なのです。最低限ジャケット1着に対しスラックスは2本、シャツは4着をセットで揃えたいところです。これらを数セット揃えようと思えばある程度安価にならざるを得ないような気がします。
個人的にはスーツ、カジュアルに限らず足元(靴、靴下、裾)に手を抜いてる人が多いように思えるので、この点だけでも改善すれば大分見栄えが良くなるように思えます。

投稿: MARIN | 2004.06.13 00:00

 おはようございます。チェスです。

 MARIN さん、コメントありがとうございます。

 足元に手を抜いているというのは、自分を含めて全く同感で、小職に限って言えば靴下は色を考えて履いていますが、肝心の靴は、と言えば、これはもう機能一点張り。スリップオンのローファーばかりで、名前の如しです。

 やはり基本的なプレーントゥやストレートチップのいいやつを揃えておきたいとは思うのですが、これらはフォーマルなイメージが強くて、日常デスクワークの小職に、履く機会があまりないという感じです。それでも最低1足は用意しておいて、週に一度お天気の良い日に慣らし運転をしてあげればいいかと思っている昨今です。

投稿: チェス | 2004.06.13 10:05

カズンです。お久しぶりです(?)。
実はボクのアパートも近くに、安売り衣料の殿堂「しまむら」があります。休日ともなれば、駐車場から溢れた車で幹線道路が大渋滞になるほど大盛況です。「ぜったいあんなトコで買わねぇぞ」って誓ってましたけど、先日ものは試しとばかりチョコっと覗いてみました。安っすい安っすい、なんじゃぁこりゃぁ。気がつくとカゴを持ち、中に何点か・・・。
ユニクラーからしまむらーに改名か?汗っかきは、安いので良いから着替えがたくさんあった方がGOOD。 

投稿: カズン | 2004.07.11 15:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メンズファッション:

« 会社のサボテン-2004.6.10 | トップページ | お見合い »