« メンズファッション | トップページ | アフェンドラ »

お見合い

 こんばんは、チェスです。

 新聞を読みますと、とうとう日本の出走率、違った、出生率が1.3を割って1.29になった、と報じています。正確には「合計特殊出生率」というそうですが、つまりは女性が生涯で何人子供を産むか、という指数と読めば、概ねはあっているのでしょう。識者によれば、国の人口を維持するためには、この数値は2.0を少し上回る必要があるそうですが、現状は年々下がりつづけているらしいです。
 とはいうものの、いい年をして未だ独身のチェスは、この数値に関しては全く寄与するところがありません。うーん、いや、税金はきちんと払っているから(少なくとも脱税はしていない!)全く寄与していないことはないか。

 ただ、誤解なきよう申し上げれば、小職は別に女性が嫌いだとか、男性が大好きとか、女性は近くにいるだけでも虫唾が走るとか、そういった種類の人間ではありません。確かに一時、ホルモン司令部の病気で(「下垂体腫瘍」をご参照のこと)困ったことにはなりましたが、現在では男性としてお役に立ちます。(キッパリ)

 10年も昔になりますが、チェスはお見合いをしたことがあります。

 なかなか感じの良い女性でしたので、引き続きお付き合いをお願いしたい、と連絡しましたら、相手さんも同じ様な返事がありまして、暫くお付き合いしましたが、ある日唐突に別れるハメになりました。
 この一件は、相手もあることなのであまり詳しく書くのはよそうと思いますが、どうもこれがケチのつき始めで、次にあったお見合い話は、小職が「競馬が好き」というのが先様に伝わっただけで、会ってもくれませんでした。そんなに競馬に偏見を持っているなら、こっちがお断りだ、とは思いましたけど。

 次第にこのテの話が無くなってきたな、と思っていたら、トドメの一発が脳腫瘍でホルモンバランスぶち壊しです。

 さすがに、最早お見合いの話も来なくなってしまいました。

 しかし、現代は、クラシックなお見合いではなくて、コンピュータを駆使した「あらゆるデータにより相性抜群の、ご結婚相手ご紹介サービス業」というのが華々しくやっているそうです。
 どうしても結婚したければ、コンピュータに頼るしかないのでしょうか。
 会社で、このテの会員になった同僚に話を聞いたことがありますが、どうも面白い相手はいなかったそうです。(ちなみにこの同僚も独身)
 それに、入会金、年会費というのも、結構な額を取られるそうです。ま、そうでなければビジネスとしては成り立たないでしょうからね。しかし、そんな金を払うなら、スポーツクラブに入会したほうが有意義ではないか、と考えてしまう近年のチェスでありました。(お見合いの話は只だったからなぁ)

|

« メンズファッション | トップページ | アフェンドラ »

コメント

実は、私このお見合いサークルに入ったことがあります。その頃は今の奥さん(前の奥さんはいませんが)と一旦付き合いを終了した時で、私も30歳になりいろいろと以前のことを忘れて新しい出会いが欲しかった時期です。会費は20万くらい取られました。登録すると、毎週コンピューター抽選で2名のプロフィールが送られてきます。気に入れば、申込をすると、相手にこちらの写真付のデータが送られます。相手もOKなら、相手のデータがこちらに届き、あとは当人達で連絡を取り合います。会ってみて気に入らなければ、本部にデータを返却します。断られた方にも通知が来て、手元にあるデータを返却します。何と合理的なやり方。でも断られる回数が多いと、つらいですね。私も数回断られました。それからは、何度申込をしても、会ってくれる相手さえいませんでした。そのころはもう100キロ以上体重あったし、気持ちも暗い性格でした。何度か本部の主催するパーティーに参加したこともありますが、あういう場所は、明暗がはっきりする場所。私にとっては居心地はよくなかったです。1年の在籍期間が経ち、更新はしませんでした。その後、今の奥さんと再会しふたたび付き合いがはじまり結婚したのですが、人生の出会いなんてわかりません。チェスさんは、すばらしい「博学」があります。また水泳で示すように大変な努力家。きっといいお相手がみつかりますよ。

投稿: 水泳中毒患者 | 2004.06.13 14:03

 チェスです。水泳中毒患者様には過分のお言葉をいただき、大変有り難いのですが、チェスの「博学」は実はメッキで、「雑学」と称すべきもの。それから元々飽きっぽい性格で、これまでに手を着けては放り出したものは数知れず。水遊びも、着手したのは昨年8月ですから、1年経ってみないことにはどうなることやら・・

 ただ、チェスの小学校時代の校長先生の座右の銘「継続は力なり」というのは、水泳関係にも当てはまる様で、少しづつ上達が実感できるようにはなりました。
 小職は「好きこそものの・・」の方が座右の銘ですけどね。
 ですので、あんまり人生、斜に構えていく、というのは止めにしようと思っています。

投稿: チェス | 2004.06.13 22:49

エンソの方です。(てかどこが違うんだよ!)

「スポーツクラブでの出会い」ってじつは、レトルトの本格インドカレーみたいに「ありそうでない物」かも。ぼくは今のクラブでも、一回も聞いたことも見たことも、もちろん経験したこともないです。会員3000人の支店でもですよ。(7月からルネサンス沼津支店に)
日本人って何をやるにもがんばりすぎるでしょ。それぞれがそれぞれの目的に向かってがんばっている。なので目的はなんであれ、まわりとコミュニケーションを図りながら楽しむって言う余裕に欠けてるって言うかね。なんか殺伐としてる訳でして。
公共のプールでもだいたい、黙々ビトが多いですよね。

前に、いっしょのレッスンクラスの常連仲間で飲み会に行ったんですけどね、ボクの車のワイパーに「俺の狙ってる女に手を出すな!」ってビラが挟まってまして。その中にちょっとカワイイ娘がいたんで、「あ~、あの娘のことだな」ってわかったけど、それ以来その娘をほとんど見かけなくなりました。
たぶんぼくが犯人として、なんか仕掛けられたのかも。たまぁ~に会っても、なんか避けてるし(笑)。

ルネサンスに離乳、じゃないや、リニューアルするキャンペーンを打っていたんで、ここんとこで会員が600人も増えちゃいました。(当初の目標は、250名増員だったらしい。)
新しい方が増えたんで、ひょっとしたら「出逢い」があるかな?(ないないそんなもん!)

投稿: エンソマン | 2004.07.11 20:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お見合い:

« メンズファッション | トップページ | アフェンドラ »