« オムレツ | トップページ | 歯医者 »

2004.05.06

ゼラニウムと鶏の卵事件-その後

 連休に入る直前に、「会社の屋上に出しておいたゼラニウムが鉢から引き抜かれ、抜かれたゼラニウムの下に鶏の卵らしきものがあった」事件を書きました。ゼラニウムは元に戻して場所を変え、卵の方は位置を変えずにそのまま置いておきました。

 連休が終わり、5日ぶりに会社に出て、屋上に行ってみますと・・・例の卵はありません。影も形もありません。
 場所を変えて退避させておいたゼラニウムの方は、全く異状なしでした。

 事件発生当時の、チェス勤務先会社の人事部長推理「カラスがどこからか、鶏の卵を失敬してきて、すぐに食べないで隠しておくつもりで、ゼラニウムを引っこ抜いて、卵の上に載せておいたのではないか。」
 隠したカラスが後からやってくると、隠しておいたつもりの卵が丸見えになっているので、びっくり仰天、というところでしょうか。もう一度、安全な隠し場所を探してどこかへ持っていくか、丸見えになってしまったのでその場で処分して食べてしまったか、というところでしょうか。

 ところで、カラスに限らず、鳥は他の種類の鳥の卵をも、有効な蛋白原として食べてしまうらしいです。カラスにすれば、鶏の卵は栄養豊富なごちそうでしょうね。
 ゼラニウム引き抜き犯人がカラスだったとして、カラスは卵をどうやって食べるのでしょうか。丸飲み?カラを割って中身だけを飲んでしまう?例の卵は、生であったか、茹で卵であったかは不明ですが、いずれにしても、カラを割って食べると、カラが付近に散乱し、痕跡を残すと思われます。丸飲みであれば、そのような痕跡はありません。してみると、現場でカラスが卵を処分したのであれば、丸飲みで食べているものと思われます。
 だかしかし、どこか都合の良い場所に運んで行って、ゆっくり始末した、となると、現場になんの痕跡がなかったとしても不思議はありません。

 以前にテレビで見ましたが、クルミは非常に堅い木の実ですが、カラスはクルミを食べるために、自動車が走る場所を選んでクルミを落とし、自動車にクルミを潰させて、中身を食べるということをやるそうです。ただ、茹で卵であった場合はともかくとして、生卵をどこかへ落としても、カラが割れて中身が流れ出てしまうだけで、食べることはできません。
 カラスは卵を丸飲みしてしまうのか、カラは何らかの手段を持って取り除いて中身だけを食べるのか、そうだとすれば、何らかの手段とは、どんな方法なのか、色々興味は尽きません。
 栃木県に烏山町という町がありますが、ここの商工会のホームページ「カラスフォーラム」というのが面白かったです。
http://karasuyama.shokokai-tochigi.or.jp/tokusyu/karasu/index.htm
 カラスの生態についても色々と説明があり、カラスは食べ物を色々なところへ隠す習性があるそうです。卵窃盗犯はカラスである可能性が高まってきました。
 また、「カラスは食べ物の賞味期限を知っている」なんていうのもありました。ゼラニウムを引き抜いてまで隠した卵は、当然ダメにしないで食べてしまったのでしょうね。

 ゼラニウム引き抜き・卵窃盗犯をカラスと決めつけてしまっていますけど、実は他に真犯人がいたりして。

« オムレツ | トップページ | 歯医者 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゼラニウムと鶏の卵事件-その後:

« オムレツ | トップページ | 歯医者 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • ギャンブル
  • グルメ・クッキング
  • ゲーム
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • ファッション・アクセサリ
  • ペット
  • モンテディオ山形
  • 住まい・インテリア
  • 俳句
  • 健康
  • 園芸
  • 学問・資格
  • 心と体
  • 恋愛
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 結婚問題
  • 美容・コスメ
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ