« arriveとstop | トップページ | 我は挫けず »

山手線の方向表示

 こんばんは、チェスです。

 東京では、山手線、大阪では、大阪環状線が、グルグル回りの環状運転をしている通勤通学用電車です。大阪環状線のことは残念ながらあまり良く知りませんので、山手線のことを書きます。

 電車の側面、丁度ドアの側のあたりでしょうか、その電車の行き先が表示されている部分がありますよね。高校時代に友人に鉄道ファン(鉄っちゃん、などと言いますね。)が居て、あの行き先表示のことを「方向幕」というのだ、と教えてくれました。なる程、電車は終着駅に近づきますと、プラットフォームでお客を下ろして、新しい行き先の別の電車になりますので、終着駅に到着する前に、次の行き先に、この方向幕をくるくる回転させて、新しい行き先を表示させています。

 最新型の通勤電車ですと、この行き先表示は、最早「幕」ではなくて、字光式になっており、行き先の駅名は瞬時に切り替わる様になっています。
 この新型電車の行き先表示は、山手線で非常に威力を発揮いたしますね。
 山手線の場合には、上り電車、下り電車、という言い方をしませんで、「内回り、外回り」と申します。環状運転ですから、上りも下りもないわけで、仕方ありません。
 東京駅を基準に考えますと、内回り電車は、神田、秋葉原、御徒町、上野、と止まって行く電車で、外回り電車は有楽町、新橋、浜松町、と止まって行く電車です。いずれも一周すればまた東京駅に戻ってきますので、東京を基準にして、行く先が「東京」では、どちらの電車に乗れば早いのか、さっぱりわからなくなります。

 そこで、この山手線新型の方向表示の出番です。

 例えば日暮里あたりで山手線で東京駅に行こうとした場合は、外回り電車に乗ればいいのですが、この外回り電車の方向表示は「上野・東京方面」という文字とこの文字列と「山手線」が2段書きになっているのが、交互に切り替わって表示されています。(ちなみに内回り電車は「池袋・新宿方面」の表示です。)
 この電車に乗って、鶯谷を過ぎ、上野に停車すると、例の方向表示は「東京・品川方面」に切り替わっています。東京に停車するとどう変わるのか、東京まで付き合いませんでしたのでわかりませんが、「品川・恵比寿方面」にでも変わるのでしょうか。「品川・大崎方面」か、「品川・目黒方面」か、「品川・渋谷方面」か、まぁそんなところでしょう。これを昔の「方向幕」で切り替えるとすると、グルグル回さないといけないので大変です。

 新型電車の表示装置は、環状運転で非常な威力を発揮するものなのです。

|

« arriveとstop | トップページ | 我は挫けず »

コメント

私は、それほど「鉄チャン」ではないのですが。私が利用する渋谷-代々木間では、内回りは「品川・渋谷方面」。渋谷からは「品川・東京方面」になります。外回りは「新宿・池袋方面」。新宿からは、「池袋・東京方面」となります。掲示されている駅で、主要ターミナル駅を1つずつずらしていきます。「東京・品川・渋谷・新宿・池袋」といったところでしょうか。ところで、山手線はいつまでもグルグル回ってはいません。いずれは車庫に入ります。終点の駅は「品川・池袋・大崎」です。これがどのタイミングで変わるかはわかりません。ちなみに、電光掲示のもの以外は「山手線」と終点の駅以外の表示はありませんね。
それと、チェスさんも利用する都営大江戸線。これは6の字運転です。なので困ったことがおきます。千駄ヶ谷にある「国立競技場駅」でみたことです。国立競技場駅から「都庁前」駅までは、「光が丘」行きに乗ると、代々木・新宿・都庁前と3駅で着きます。しかし、反対側に「都庁前」行き電車が来ます。これに乗ると、六本木とか汐留とか、御徒町など大廻りして都庁前に着きます。なので、知らない人が都庁に行くために大江戸線に乗ると、「都庁前」行きに乗ってしまい大変なことになります。国立競技場駅では「都庁前にお越しの方は、《都庁前》行きではなく、《光が丘》行きにお乗りください」と掲示しています。そして、都庁前行きは「六本木経由都庁前行き」となっています。
東京メトロ丸の内線も新宿駅から池袋行きが出ていますね。でも新宿から池袋に行く人は、わざわざ丸の内線では行きませんよね。
もうひとつおまけですが、私の自宅のある東急田園都市線。これは東京メトロ半蔵門線を介して、東武日光線の南栗橋まで直通運転をしています。そのため、渋谷までは「急行南栗橋行き」となりますが、渋谷駅で「通勤準急南栗橋行き」に変わります。また、逆では東武線内を「区間準急中央林間行き」としてきた電車が、押上駅で「急行中央林間行き」に変わります。半蔵門線内はすべて各駅停車ですが。これは相互直通運転のためです。そういえば、けろちゃんの住んでいる京浜急行も都営浅草線を介して、京成線・芝山鉄道線・北総/公団線に乗り入れていて、列車の種別も多くもっとも複雑な表示になっていません?

投稿: 水泳中毒患者 | 2004.05.29 00:05

京浜急行ですが、種別は多くないですよ。
快特・特急(早朝ラッシュ時のみ)普通です。
都心から羽田空港へは急行・エアポート快特があります。

ところで、「芝山鉄道」って?

投稿: けろちゃん | 2004.05.29 05:23

 おはようございます。チェス@会社です。

 芝山鉄道線を出されるというのは、水泳中毒患者様は相当の鉄っちゃんですな。
 芝山鉄道というのは、東成田-芝山千代田を結んでいる、たった一駅の小さな鉄道です。よくご存知ですなぁ。

 都営浅草線を北上する電車は、半分くらいが北総/公団線に行きますね。

投稿: チェス | 2004.05.31 09:28

それでは、京浜急行が乗り入れてる訳ではないのですね?
どうも腑に落ちなかったので・・・。

鉄ちゃんというよりは鉄ヲタなのでは(笑)

誤解のないように申し上げますが、
私は鉄道関係の仕事をしております。
ですので、鉄道が好きな人を馬鹿にしたりということではありませんので

投稿: けろちゃん | 2004.05.31 19:32

基本的に、京急の電車は京成の高砂まで、京成の電車は京急には乗り入れず西馬込までか、川崎までがパターンになっていましたが、最近は複雑みたいです。エアポートライナーとして、成田空港から羽田空港までの直通もあれば、京急の三崎口から成田空港行もありますね。成田空港から三崎口行は少ないですけどありますね。
乗り入れが、京成方面は印旛日本医大が多いのは、京成本線自体が、船橋で総武線にほとんど乗り換えてしまうので、直通のメリットが少ないのです。それよりも千葉ニュータウンの開発のための手段として都心乗り入れが必要なのです。千葉ニュータウン自体も京成が加わっていますし、北総・公団線も京成の子会社。それに、高砂から押上までは京成線なので、京成電鉄には、必ず収入は入ります。
ところで、京急の起点駅ってどこだか知っていますか?もちろん「品川」。違いますよね。

投稿: 水泳中毒患者 | 2004.06.01 14:02

 こんばんは、チェスです。

 浅草線の泉岳寺駅で、都営地下鉄と京急の乗務員が交代していますね。てことは、泉岳寺-品川間は、京急の線路ってことではないんですか。
 ターミナル駅は品川に見えますけど、泉岳寺-品川を運行しているのは京急ですから、泉岳寺駅になっちゃうのではないかと。

投稿: チェス | 2004.06.01 21:28

ついでに、京浜急行の本線ってどこまでだかわかりますか?
三崎口ではありません。沿線人口が多いので、三崎口方面がメインとなっていますが、浦賀までが本線です。三崎口方面は久里浜線といいます。空港線や大師線みたいなものですね。

京成線も本数は少ないですが、三崎口まで乗り入れることもあります。復路で成田行きになります。今はどうなんでしょうか?ほとんど電車はのらないですね。「プールの遠征」ぐらいでしょうか?

投稿: けろちゃん | 2004.06.01 23:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山手線の方向表示:

« arriveとstop | トップページ | 我は挫けず »