« デコポン | トップページ | スパティフィルム »

新型の歩行者用信号機

 こんばんは、チェスです。

 小職があまり気が付かなかっただけなのかもしれませんが、この半年くらいの間に、徐々に歩行者用の信号機に、新しいタイプが登場してきています。
 従来の歩行者用信号機は、縦に赤と緑の信号が並んでおり、帽子を被った男性が立っている絵と、歩いている絵が、それぞれバックを赤色と緑色に白抜きでデザインされたものでした。赤信号の時には赤色に白抜きの立ち姿が、青信号の時には緑色に白抜きの歩く姿が浮かび上がるというわけです。
 これに対して、新型は、というと、たっている絵と歩いている絵は同じものの、色の配置が大きく変わり、白抜きだった人の絵の部分が、黒をバックに赤色と緑色になっています。赤信号の時は、黒バックは変わらず、たっている男性が赤色で、青信号のときは、同じく黒バックは変わらず、歩いている男性が緑色で、それぞれ浮かび上がる仕組みです。

 どちらが視認性が良いか、というと、新型のほうがよろしいと思います。

 同じ仕組みで、これは歩行者用ではなくて、車両用の信号ですが、進行方向指定の信号があります。
 交通量が激しい交差点はだいたいこの信号がついています。通常の青信号が終わり、黄色信号を経由して赤信号が点灯したと同時に、右方向(あるいは指定の方向)の緑色の⇒が点灯する奴です。対向車線の交通量が多く、なかなか右折のチャンスが無い交差点では、この⇒信号で確実に右折することができますので、ありがたいシステムです。たまに、T字路交差点などで、右折車が一方向だけに限定され、対向車線の交通量が多い場合には、⇒信号ではなくて、「時差式信号」が使われている場合があります。対向車線側が、右折車がいる車線より早いタイミングで、黄色から赤になり、右折車をさばいてくれるわけです。しかしこの場合には、右折のチャンスを待っている時は、対向車線がいつ信号が変わったのかが判らないので、対向車線の流れが微妙に混雑しているときなどは、少しまごつくこともあるのです。

 話がそれました。緑の⇒信号は、黒バックで、矢印の部分だけが緑色に光るシステムです。これはなかなか視認性が良く、遠くからでもはっきり見ることができます。このへんの実績を元にして、歩行者用信号も、黒バックに赤と緑を光らせる方式が登場したのではないでしょうか。

 また、最近増えてきた方式で、「発光ダイオード」を使った信号機があります。従来のタイプは、おそらく色ガラスの内部に電球を入れているものだろうと思いますが(そうでなかったらご指摘下さい)「発光ダイオード」は、赤、黄色、緑にそれぞれ発光する発光ダイオードを、円形に配置して光らせているタイプです。1つの発光ダイオードでは明るさが不足するので、たくさん使用する必要があるのでしょう。このタイプは、例えば朝、夕方の太陽の高度が低く、まぶしくて信号が見えにくい時でも、視認性の良さを発揮しています。実際、従来のタイプより見え易いと思います。
 そこで思ったのですが、赤色発光ダイオードを使って立ち姿を、緑色発光ダイオードを使って歩く姿を光らせたら、より視認性の良い信号ができるのではないか、と考えた次第です。

|

« デコポン | トップページ | スパティフィルム »

コメント

発光ダイオードのものは私の所でも見かけるようになりました。まだ普及はしていませんが、省電力・高寿命?だと思いましたので、いずれは普及するでしょうね。最近は路線バスの方向幕にも使われていますね。夜間などは大変見やすいと思います。そうそう昨日我が家に来た車のテールランプも発光ダイオードでした。

投稿: けろちゃん | 2004.05.17 22:47

 けろちゃん様、こんにちは。昼休み@チェスです。
 けろちゃん家で新車を購入されたんですか?(クルマは何?)
 いいですなぁ。運転したらどんな感じか、ロードインプレッションをレポートして下さいね。

投稿: チェス | 2004.05.18 12:44

いいな、いいな~新車。うちなんてそんなもの。来月車検だし、税金も今日払ったし。そうそう、東京体育館って7月から値上げするんです。回数減らすか、毎日弁当持参にするか。
国民年金払っていない奴、許さん!!

投稿: 水泳中毒患者 | 2004.05.18 14:27

私の車についての詳細は別件で・・・。
スレ違いは良くないかなと思いまして。
「自家用車」シリーズでコメントしましょうか?

でも、まだそんなに乗ってないんですよね。
日曜日の午後に鎌倉の鶴ヶ岡八幡宮にお祓いに行っただけですし、私も帰りが遅いので出かける気にもなれません。
ほとんど親父が乗り回しています(泣)

投稿: けろちゃん | 2004.05.18 22:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新型の歩行者用信号機:

« デコポン | トップページ | スパティフィルム »