« セールス電話 | トップページ | 下垂体腫瘍 その1 »

自家用車 その3

 みなさん、こんばんは。チェスです。

 トヨタ・カムリはそれなりに良いクルマではありましたが、同じ車種に2代続けて乗り継ぐと、生来の飽きっぽさが頭をもたげてきて、「他のクルマに乗ってみたいな~」と思うようになりました。
 そんな折も折、冨士重工業から「レガシィ」という中級セダン/ワゴンが発表されました。
 冨士重工業というメーカーは、戦前・戦中の「中島飛行機」の流れを受け継ぐ技術コンシャスな自動車メーカーで、規模や生産台数は決して大きくありませんが、他とは違う光るクルマを出すメーカーというイメージがありました。
 エンジンも、国内のほかのメーカーが使っていない「水平対向4気筒エンジン」=通称フラット4というものをもっており、このパワーユニットが稼ぎ出す馬力を、やはりスバル独特の4輪駆動方式で走らせる、というレイアウトをとっておりました。
 この方式で、スバルは既に「レオーネ」というセダン/ワゴンを売っていましたが、どうにもレオーネの売れ行きはぱっとせず、冨士重工業とすれば、社運をかけてレオーネを全面改良し、全く新しい車として名前も新たに登場させたのが、「レガシィ」でありました。
 スバルレガシィは、冨士重工業の期待に応えて多いに売れまくり、特にスタイリッシュなツーリングワゴンは、セダンの売れ行きを遥かに上回るという現象を起こしました。ワゴン・ブームの先駆けとなったのは、このクルマでしょう。
 生憎、近所にスバルのディーラーはありませんでしたが、カムリに乗って探せば家から5分程の所に見つかりました。ショールームで実車を眺めると、つくづく欲しくなり、商談の結果グリーンのツーリングワゴンのオーナーになることができました。最も高いモデルは、ターボで馬力を稼ぎ出す奴でしたが、ターボだけに燃費が悪いので、街乗りが多いチェスはこれを敬遠し、自然吸気エンジンを選びました。エンジンの馬力は落ちますが、そのかわりにこちらはエアサス仕様で、車高の調整機構が付いておりました。
 フラット4は、トヨタの直列4気筒とは全く異なるエンジン音で、何やらクルマに乗っていながらバイクに跨っているかの如くです。
 大変楽しく乗っていたのですが、信号待ちなどで停車し、セレクターをニュートラルに入れると、エンジンルームからひどい振動が伝わってくる様になりました。今考えると、エンジンマウントに問題が発生したのだと思うのですが、丁度その時、弟の友人が、このクルマを欲しいと言ってきたので、レガシィは売却の憂き目にあいました。(つづく)

|

« セールス電話 | トップページ | 下垂体腫瘍 その1 »

コメント

「レガシィ」ですか?
初期型ですよね。
私、直4以外乗った事ないんですけど
そんなに違う物なんでしょうか。
あぁ、うちの会社の4トン車はなんだったかな?

バイクでも、フラット6があります。
ホンダのGOLDWINGというものです。
免許はあるんですけど、高いし大きいので
乗れませんね。

「レガシィ」といえば、現行型のB4を狙ってます。
宝くじが当たるのを期待してるんですが・・・。

投稿: けろちゃん | 2004.04.08 05:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自家用車 その3:

« セールス電話 | トップページ | 下垂体腫瘍 その1 »