« 水遊び その1 | トップページ | 無灯火の自転車 »

新御徒町

 東京にお住まいの方でも、地下鉄を効率良く乗り換えて目的地に行くというのは、かなりの知識と経験とを必要とする技です。それでも最近はインターネットという便利なものがありますので、乗車駅と下車駅の駅名を入力すれば、最も早い乗り換えルートを瞬時に教えてくれる、というサイトで予め予習しておけば、さほど困るということもなくなりました。

 しかし、「どこの誰がどのように協議して、こんな駅名になったんだ」というような理解に苦しむ駅名がありますと、利用者に不便を強いるのではないかと思います。

 そんな駅名の一つが、都営地下鉄大江戸線「新御徒町」です。ちなみにチェスが良く利用しています。

 「新」とついているからには、本家、というか元祖というか、そのような駅名があるはずです。それは明らかに、隣の「上野御徒町」です。この駅は、JR山手線の御徒町駅の乗り換え駅になっていますので、「上野」は余分ではないか、と思うのですがね。それはともかく、御徒町の隣の駅なので、新御徒町と付けたのだろうと推察いたします。

 でも、この駅名、ヘンです。「新~」という駅名は、新幹線によく付いています。横浜と新横浜を例に取れば両者の関係は明瞭です。新幹線は東海道線の横浜に相当する駅がありませんので、横浜最寄の駅を利用者に直感させる駅が必要であり、横浜線で連絡する新幹線の駅名を新横浜としたわけですな。
 ところが、都営地下鉄大江戸線には、ちゃんと本家の御徒町に相当する「上野御徒町」があります。その隣に「新御徒町」という駅があると、利用者は混乱しませんでしょうか。

 地図を見ますと、新御徒町駅は、台東区の春日通り地下にあり、小島、元浅草、東上野、台東、の各町会に囲まれています。台東町会から見ると北東の端、東上野町会から見ると南東の端にあたるので、これらの2町会名を駅名に使うのは相応しくなく、必然的に小島/元浅草の両町会名が、駅名として適当ではないかと思います。地名として著名性の高い「浅草」の字を含む、「元浅草」が駅名としては相応しいと思いますが、「元浅草小島」駅であってもよろしいかと思います。(小島町にお住まいの方は、駅名で無視は面白くないですものね)
 しかし、新御徒町駅では、全く駅名と駅周辺の地名との関連性がありません。

 不思議な駅名というべきです。

|

« 水遊び その1 | トップページ | 無灯火の自転車 »

コメント

地名と駅名が関連してない所は
他にもありますね。
例えば京浜急行の品川駅がそうですね。
あそこは品川区ではなくて、
港区の高輪という所です。
横浜方向から見ると、北品川駅の先に
品川駅が存在します。
これっておかしくないですか?

今更、異議を唱えたところでどうにもならないのですが・・・。

投稿: けろちゃん | 2004.03.19 20:07

駅名は、地名やその町の歴史など、いろいろと思いがありますよね。

それに比べ、私の住んでいる東急田園都市線の駅名のつまらないこと。「青葉台」「藤が丘」「あざみ野」「つくし野」「つきみ野」なんて、とってつけたような名前。それに似たような響き。何の愛着も湧きませんね。極めつけは「たまプラーザ」
この駅の看板はひらがなで書いてあって「たまぷらーざ」だって。なんて間抜けな感じ。

投稿: 水泳中毒患者 | 2004.03.19 22:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23103/315280

この記事へのトラックバック一覧です: 新御徒町:

« 水遊び その1 | トップページ | 無灯火の自転車 »