« 自家用車 その1 | トップページ | 黄色い声 »

スポーツクラブ

 みなさん、こんばんは、チェスです。

 水遊び(3)はちょっとお休みして、こちらに遊びに来ていただいてコメントも頂戴している「水泳中毒患者」様からのお誘いで、先週の日曜日に、ゲスト扱いでスポーツクラブに行って来ました。行ってきたのはフィットネスクラブとしては最大手のK社です。(と言えば、分かる方はすぐに分かるでしょう。)
 文字通りの水遊びをするだけなら、浮き輪やビニールのイカダは勿論OK、ビキニ姿の現役お嬢様などが居るプレジャープールや、巨大な浴槽があるスーパー銭湯でもいいでしょうが(もっと真面目にやれぇ~)競泳のための水泳をするのであれば、あるいは百歩譲って健康水泳であっても、25m程度の長さと、浅くても110cm以上の水深を有するプールは必要であり、その様な施設を利用することになります。

 さて、こうした競泳用プールは、その経営によって公共プールと、民間のプールとに大別できます。
 公共プールは、おなじみの「安い」プールですが、規模、設備、利用料金等に、施設や、運営する地方公共団体等によって、多少差があります。

 一方、民間のプールは、ホテルなどに付属しているものと、今回のテーマである「フィットネスクラブ」がほとんどでありましょう。こちらは公共プールの裏返しで、「利用料金は高い(会員制)、規模や設備は比較的均一」というのが特徴です。
 フィットネスクラブの場合には、各種のトレーニング設備やスタディオを完備しており、各人の要望により好きなトレーニングや、色々なメニューによるレッスン(教室)に参加できますため、一概に利用料金の単純比較により「高い」とは決め付けられないのですが・・プールだけを使うものとして比較した場合には、明らかに高いでしょう。
 入会金の他、月会費を支払って会員になるわけですが、月会費は9,000円~12,000円といったところが相場のようです。

 さて、受付で手続を済ませてロッカーのカギを受け取り、ロッカールームに行きますと、さすがに公共のプールとは比較にならない設備です。ロッカーは縦長でコート類も掛けられるものであり、洗面台はホテルにある様なもの、広い浴室もあり、一汗かいたらのんびり入浴できます。
 水着に着替えてプールに下りていきますと、かなりの温度に暖房されています。プールの室温は、公共プールに比較しても高いと思われます。
 プールは、歩行専用コースを含め、全てコースロープで仕切られ、各コース端には、初級とか、中・上級用などと書かれた看板が出ており、泳力に応じてコースを選べます。とは言っても各コースとも1、2人づつの利用状況で、どこで泳いでも問題無しという感じでした。

 クラブが行うレッスンでは、「ビギナーレッスン」「クロール」「背泳」のそれぞれに参加させていただきました。「ビギナー」を例に取ると、この日は、「ボビング」(プールの底にしりもちをつくようにもぐり、鼻から息を出しながら丸くなって浮き上がる)「2人1組となって蹴伸び」(片方が足首を持って押してやる)「ビート板を持ってバタ足」「グライドキック」といったところでしたでしょうか。参加メンバーは、圧倒的に元お嬢様の割合が多く、男性は我々を除いてしまうと1人という構成です。視察しているゲストの人間(つまり我々)を除くと、男女比は1:10くらいなのでしょう。参加メンバーの構成などはレッスンの時間帯によって変わるでしょうから参考にはならないでしょうが、元お嬢様たちが非常にお元気なことは確かでしょう。

 上記の3レッスンは、1コマがそれぞれ30分ですので、色々やっているとあっという間に終わります。これで上手になってしまうのは、相当のセンスがある人と言えるかもしれません。教えてもらったことを反復復習して、次回レッスンに繋げる必要があります。

 スポーツクラブの月会費というのは、単純比較ですと上記致しました様に、お高いわけですが、仮に相当の自由になる時間を持っていて、レッスンを週に複数コマ、受講することができ、更に自習時間として施設を毎日2、3時間使うことができる方でしたらば、あながち「お高い」との一言で片付けられるほどでもなく、健康維持施設として有効活用できるだろうと思われます。
 一方で我々会社員は、個人の資格として会員になったとすると、会費の元を取るのは時間的にも不可能に近く、レッスンメニュー等に魅力があっても、おいそれと入会するのは困難です。
 水泳中毒患者様のご勤務先の様に、従業員の健康維持に理解があり、経費を負担して法人会員になってくれる会社はいいですね。チェスの勤務先でも、福利厚生の一環として、適当なスポーツクラブの法人会員になってくれるように、人事部長に持ち掛けてみました。前向きな検討を期待しています。

|

« 自家用車 その1 | トップページ | 黄色い声 »

コメント

チェスさん、先日のスポーツクラブは楽しんでいただけました?私は、今でこそK社の会員になってガンガン使っていますが、それもつい1年前からのことです。マシンジムとかエアロビクスなどにはもともと興味があったのですが、値段も高いし、会員になっても続けられるか心配でした。社会人になって
仙台にいた時、運動不足解消のためC社のクラブに入会しました。しかし、ウェアやシューズなどを毎回持っていかなければいけないので、面倒になり、それではプールへと思ったのですが、混んでいるし、みんな上手いしというような感じで、次第に行かなくなりました。月会費は12,000円位でしたが、いずれまた行こうと思い3年くらい会費は払い続けました。でも結局行かなかったので、もったいないことをしました。東京に転勤して、今のクラブにのチケットを会社からもらったので、1度行ったのですが、体力測定であの当時は30歳でしたが、50歳くらいの運動能力といわれ、プールへ行ってもあまりに遅いので「そんなにゆっくりだと、他の方の邪魔になるので」といわれ、「もう二度と来るか」と思い、それきり10年が経ちました。体重は急激に増え、駅前では私をターゲットのように「減量プログラム」のチラシを渡されましたが、見向きもせず素通りしていましたね。
昨年、糖尿病疑いといわれ、しかたなくあのいやな思いのある今のところに入会し、不思議と続いています。最近はプールメインになってしまいましたが。法人会員で料金が一般の方の半額(これもそのうちなくなるらしいですが)、プールが2つもある、深夜1時までやっている、駅と家の真ん中という好条件のため、毎回せっせと通っています。
スポーツクラブは、とくかく続けることが大変です。行き出すとと面白いのです。会費少し高いですけど、使い方によっては「もと」は十分取れます。

投稿: 水泳中毒患者 | 2004.03.27 10:18

私の場合は、元が取れないので
公営の施設に通っています。
平日夜遅くまでやっていたりとか、
うるさいガキ供がいなかったり、
個人レッスン等も受けられるのは
魅力的なのですが・・・。
そこで払う費用の他に
交通費がかかりますので。

でも、お金がかかるように出来ているんですね。
やれ、入会金だ、年会費だ、月会費だの
支払いはカードでだとか、うるさいですね。
私、カード嫌いなんですよ。
さすがにキャッシュカードはありますが・・・。

投稿: けろちゃん | 2004.03.27 23:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23103/356604

この記事へのトラックバック一覧です: スポーツクラブ:

« 自家用車 その1 | トップページ | 黄色い声 »