« パソコンの黎明期 | トップページ | スポーツクラブ »

自家用車 その1

 みなさん、こんばんは。チェスです。

 東京の下町・台東区に住んでいますので、クルマが無くても生活上困るということは、まずありません。チェス家から、最も近いバス停を通る、都営バスの路線は、1時間に1本ほどしかバスがありませんが。
 だからでしょうか、あるいは単に経済的余裕がなかった、だけかもしれませんが(こちらが正鵠を射ていると思う)チェス家には、小職が大学生になるまで、自家用車というものがありませんでした。
 チェスの父親は主に営業職でしたので、自動車の運転免許は持っていましたし、運転したキャリアもかなり長かったとは思いますが、週末だけのためにクルマを買うというのは考えられなかったのだと思います。
 単にクルマを買うだけなら、中古車を丹念に探せば、程度の良いものが新車の数分の1という価格で手に入ります。クルマの価格というものは、新車から3年間で物凄く落ちるものなのです。欲しい車があるけれど、新車は高くて手が届かない、という方は、お金持ちに最初の3年間を持ってもらって、その後のオーナーになるのが狙い目です。

 ところが、クルマというのは、買ってからも相当のお金がかかります。

 毎年忘れずにやってくる自動車税、強制(自賠責)保険や任意保険(念の為に申し添えますが、「任意」ではありますが、クルマを運転する以上、自賠責保険以外の自動車保険には、必ず加入すべきです)、車検のための費用、勿論クルマを動かす以上は燃料代。
 それと、都市部で非常に高いのが、駐車場代です。
 チェス家に、初めてクルマがやってきた時、近所の月極め駐車場を借りたのですが、確かこの時の費用が月6万円でした。バブル華やかなりし頃ですね。

 父親が初めて買ったクルマは、中古の白のカローラ1300でした。自分のクルマが手に入ったということが、父親にはかなり嬉しかった様で、日曜日の度にバケツを出してカローラを洗車していました。
 チェスは大学を卒業する間際に自動車学校に通い出し、卒業試験を一度滑りつつも何とか運転免許を取得し、このカローラを運転するようになるのですが、自分で運転するようになると、たちまち不満たらたらになりました。

|

« パソコンの黎明期 | トップページ | スポーツクラブ »

コメント

えっ、都内で1時間にバスが1本しかないんですか?
私の所でさえ、もっと本数ありますよ。
(注)神奈川南部の田舎者です。

我が家には車がありました。
一時、なかった時期もありましたが・・・。
やはり無いと不便ですね。
現在は私が買った車を父親が殆ど
乗り回しています。
同居ですからしょうがないですね。
それに、車は動かしてないと
調子悪くなりますからね。

投稿: けろちゃん | 2004.03.25 22:49

車ですか?前にも書きましたけど、私はドンくさいので、免許を取るにも、相当苦労しましたね。社会人になって最初の赴任地の話もしましたね。営業は車でするもの。私はペーパー免許だったので、ここでも相当苦労しました。山形県内を車で回るのですが、問題は雪道です。チェーンも巻けなくて。それでも
何とか4年がんばりましたね。横浜に来て、結婚してからは私はもっぱら運転手です。休みの日は、少し遠出して、安いスーパーへの買出し。奥さんも免許ありますが、恐くて乗っていられませんので。子どもが産まれる前に買った車なので、ちょっとガキンチョの乗る車です。そろそろファミリーカーにしようと思いますが、お金がなくて。ディーラーからはしつこく電話がかかってきますが。

投稿: 水泳中毒患者 | 2004.03.26 00:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23103/352136

この記事へのトラックバック一覧です: 自家用車 その1:

« パソコンの黎明期 | トップページ | スポーツクラブ »