大惨事

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、朝のうちはまだ曇り空かな、と思ったのですが、雲は高く薄かったのでお天気の崩れにはならず、まずまずのお天気の一日でした。

 さて、時間は一日戻って、昨日の夜の事です。

 野菜揚げという薩摩揚げとかき揚げの中間みたいな奴を買っておいたので、これを焙って夕食のおかずとして、ほかに白子干の大根おろしとアスパラガスを茹でて副菜として、夕食の支度をしました。
 味噌汁は、豆腐と油揚げを具にして、最初に作っておいたので、おかずが揃ってから再び温めて、最後にテーブルに運びました。ところが、この味噌汁の量が少し多くて、あと少しで輸送完了というところでちょっと油断して、親指が味噌汁に入ってしまい、その熱さに味噌汁のお椀が傾き、あっと言う間に味噌汁をテーブルにこぼして大惨事となりました。

 結局、味噌汁を吸ったランチョンマットと、その下に敷いてあったテーブルクロスを洗濯するはめになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 ・・・でした。

 こんばんは、チェスです。

 週明け、月曜日の東京は、終日どんよりとした曇り空でした。

 と、さらっと書きましたが、「・・・でした。」というのは口語、つまり話し言葉においては過去形ですよね。

 ところが、山形県の、まあうちのカミさんの実家は山形市ですので、県内の他の地域はちょっとわからないのですが、少なくとも山形市においては、現在時点のこととして「・・・でした。」と言うのですね。
 用例として、ダスキンさんが雑巾やモップの交換のためにやってきたとする。そんなときの挨拶が

 「お世話さまです~ ダスキンでした。」

 という感じ。普通はここは「ダスキンです。」ですよね。
 会社ではなくて、自分の名前を名乗るのでも同じ。「あ、どうもこんにちは~チェスでした。」とか言うのですね。

 小生はそれなりに山形方言に慣れてきたと思っているのですが、この言い回しは未だに慣れないのですね。今目の前にいるのに、どうして終わってしまうのだろうと。
 そうしたら、今日うちのカミさんから情報があって、「はい!やまがたでした!」
というサイトがあるので、一度見てはどうかと。山形市中心街の情報を集めた中々楽しいサイトなのですが、小生がかねがね「何かおかしい」と思っていた一件がモロにサイトの名前になっていて、何やら納得したのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アプリ

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の東京、どうも早朝まで雨が降ったようで、路面が濡れておりました。お昼頃にちょっと買い物に出たのですが、未だ道が乾いていない様でしたので、時折弱い雨が落ちてきた様ですね。そんなはっきりしないお天気が結局夕方まで続きました。

 ところで、まあ当ブログの読者の皆様ならおわかりと思いますが、小生が買い物する頻度の高いのは、綾瀬駅前のイトーヨーカドーと、東京の足立区や葛飾区のあたりが営業地盤の様なビッグエーという格安スーパーの2つです。
 ビッグエーの方は、レジ袋がなんと一枚10円という、レジ袋としては破格にお高い値段を付けて、その代わりに商品価格で頑張ります、というお店ですから、ポイントカードの如き面倒なものは一切ありません。その合理性というか潔さが却って好感なんですが、残念ながら食品の、特におさかな関係の品揃えが貧弱である。ですので、どこで買っても同じという様なものを安く買うにはいいのですが、全般にヨーカドーには品揃えで負けますので、あれこれとメニューに悩みながら食材を買うという様な時は、これはヨーカドーの食品フロアに行かざるを得ませんね。

 で、かなり以前から、ヨーカドーの食品フロアで買い物をすると、レジのおばさんが「アプリはよろしいですか?」と訊いてくる。
 どうも、ヨーカドーのアプリが新しくなったらしい。で、案内の紙を貰ったのですが、面倒なのでそのままにしておいたのです。

 今日は比較的暇もあったし、ちょっとお金を出して買い物もしないといけないものがあったので、そうだ、アプリとやらをインストールしよう、と思って、以前貰った紙を取り出した。スマホへのインストール方法が丁寧に書いてあって、QRコードが印刷してある。
 しかし、ガラケーの時と違って、我がスマホのカメラにはQRコード読み取り機能が見当たらない。色々調べたら、どうも読み取りアプリを使わないといけないらしい。これで随分と時間をロスした。
 しかしよくよく考えたら、これはダウンロード先を案内しているだけの様だったので、それならグーグルプレイに行けばあるんだろう、と思って、かなり回り道をして漸くダウンロードする。

 で、意気揚々とヨーカドーで買い物をすると、そういう時に限ってレジのおばさんが訊いてこない。それで小生の方で、アプリがあります!とスマホを取り出す。で、バーコードを見せないといけないのですね。これが面倒だ。結局、こんなことをやらせていると、レジが益々混雑するのではあるまいか、と余計な心配をいたしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーディション

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京、お天気は曇りでしたが、何やら如何にも今にも降り出しそうな空模様でした。

 先週の3連休に山形に帰っていましたので、その時のお土産を渡しに、小生の実家の鳥越に顔を出しました。本日は午後一番で、俳句結社の本部句会がありますので、あまり時間は無く、バタバタと引き上げてそのまま浅草橋から総武線の電車に乗りました。
 本日の本部句会の会場は、いつもの神田神保町ではなくて、麹町区民館であったので、総武線の市ヶ谷まで乗って、地下鉄の有楽町線に乗り換えればいいか、と思ったのですが、どこかでお蕎麦でも食べないと昼食抜きになってしまう。と思って、市ヶ谷で降りると地下鉄には乗らずに麹町方向へと歩きました。

 途中、日本テレビの建物(日本テレビは現在は汐留にありますが、麹町にも建物は残っている様です。)の前を通ると、何やら女の子を連れたお母さんという組み合わせの人たちがたくさんいる。で張り紙に「アニーオーディション」とか書いてある。

 どうも、ミュージカルに出演する子役のオーディションみたいなんですね。いやまあ、あんな小さい頃から芸能界入りを目指すとは、親御さんも中々大変なことですねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今こそ道州制を

 こんばんは、チェスです。

 週末金曜日、東京は朝のうちパラパラ雨が落ちてきていたのですが、この雨が上がると後は曇り空の一日でした。

 世界同時株安とか、証券会社にお勤めの方は大変な週末だったかもしれませんが、株なんつーもんは下がったものはいずれまた上がるでしょうよ。だって、投資の原則は安値で買い、高値で売る、に決まっているでしょう。ならば個々の企業の体力業績に関らず、画一的にドーンと下げている相場であれば、国際優良銘柄を格安で仕入れるチャンスですよね。

 ところで、この間の自民党総裁選挙の時にも、地方創生を言っている石破茂さんが言っていたかどうか?3.11東日本大震災の後に色々と言われていた「道州制」については、今はもう全然言われなくなってしまいました。マスコミも取り上げなくなったし。
 しかし、我が国は今後、どんどん人口は減っていく訳で、これはもう避けられない。しかも、日本全体が均等に減っていくのではなくて、大都市圏やその周辺では寧ろ人口は(今でも)増えるでしょうし、それ以外の地方が急速に減っていく。
 となると、どうなるか。いずれは地方の基礎的な公共団体、市町村という単位の自治体の多くが維持できなくなる。そうなると、これらの上部組織である都道府県の多くも、厳しい状況となり、行政サービスも縮小せざるを得なくなってくる。

 ならば、どうする?という対策の一つが、ずばり道州制ですよ。現在の都道府県の区割りを大胆に見直して、北海道型の地方行政を目指す。広域地方自治により、地方公務員の数を減らし、無駄を減らす。
 例えば北日本は、北海道はそのまま。北東北3県と南東北3県をそれぞれ、北東北道、南東北道、あるいは6県統合で東北州とする。関東1都6県は無論関東州。九州と沖縄県を併せて九州道、四国4県は四国道、中国5県は中国道、あるいは四国中国を併せて中四国州。以上は比較的すんなりと、まあ誰が考えてもそうなると思うのですが、問題は残った地域をどうするか。
 北陸中部東海一まとめにして中部州、残りを関西州か。単純に地図上の線引きをやると、明治の時の廃藩置県みたいに怒り出す人がいるかもしれませんが、そこはばっさりやらないと日本が生き残れませんぞ。

 今日は比較的暇だったので、ヒマなことを考えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャイアンツ監督交代

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、昨晩から雨が降っていた様で朝路面は濡れておりましたが、出勤時は何とか傘はささずにすみました。
 夕方もパラパラと雨が落ちてきましたが、お天気の崩れとしては明日が本番なのでしょうか。

 もう、報道されて久しいですが、2018ペナントレースの最終盤になって読売ジャイアンツの高橋監督が辞任するということだそうです。小生は学校の先輩である原辰徳さんが3年前に監督を辞めてからはジャイアンツの応援を止めているので、この3年間のジャイアンツの成績についても「どうにもぱっとしないなあ」程度にしか知りませんでした。今年のペナントレースについても、オールスター前には早々に「今年も広島カープで決まり」になり、これだけ広島を突っ走らせたのはジャイアンツにも大きな原因があるのだろうと思っておりました。勿論素直に「カープは強すぎた」ということなのですが、ジャイアンツがカープとの対戦成績をもうちょい良くしておけば、ペナントレースの行方も面白くなったでしょうねえ。

 今年は岡本選手でしたか、ジャイアンツとしては久しぶりに登場した若い主砲で、彼が大いに活躍したのはブレずに使った高橋監督の功績でしょう。しかしシーズン途中で中継ぎ、押さえのリリーフ陣が総崩れになってしまい、「勝利の方程式」が全く機能しなくなっては、先発陣に過大な負担がかかり、最終的にこの成績になったのもむべなるかなです。
 未だ、CS、日本シリーズと残っていますけれども、小生は日本のプロ野球にCSなんぞは不要と思っているので、今年のジャイアンツが辛うじて3位になっても以後の戦いには興味はございません。
 しかし原辰徳さんが監督に復帰するとなると、又ジャイアンツファンに復帰せざるを得ないかな。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本にまつわる俳句大会

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、朝は薄雲が広がっていましたが、お天気が崩れるということもなく、終日まずまずの一日でした。

 昨晩ですが、帰宅してみますと、東京古書組合から薄い封筒が届いておりました。
 夕食を食べつつ封筒を開いてみますと、「第5回本にまつわる俳句大会」への小生の応募作が入選1作、佳作2作になりました、というお知らせでございました。
 そういえば、8月頭頃に、神田神保町に立ち並ぶ古書店で組織されている(だけではないのでしょうが)東京古書組合が主催している「本にまつわる俳句大会」の応募期限がぎりぎりになっていて、大慌てで三句揃えて出したっけ、と思い出しました。

 この俳句大会は、世の中に数ある俳句大会の中でも第5回とごく新しい大会で、応募作についての要件も非常に緩い。本に関するテーマで何か詠っていればそれで良く、勿論有季定型であっても、無季俳句でも、はたまた自由律俳句もいいですよ、というものなんです。始まって間もない第三回に確か応募して、その時は小生も殆ど俳句の経験が無いにも関らず「こいつは入賞狙えるんじゃないの」などと思っていたら全く何もかすりもせず、俳句の世界も甘くはないな~と思ったものです。第四回の昨年は、確か気がついたら締め切りが過ぎておりました。

 今回は、入選一句、佳作二句ということは、出した三句の俳句はいずれも選者の先生の選に入ってくれたということで、ろくに推敲もせずに慌てて出したにしては上々の成績と言えそうです。18日に発売される「神保町公式ガイド」に入賞作は掲載されるそうなので、楽しみに待ちたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京-山形

 こんばんは、チェスです。
 昨日山形から戻ってきた、臨時のつばさ号は、福島でやまびこ号と連結すると、通常のつばさ・やまびこであればほとんど停車する郡山を通過していきました。おそらくですが、臨時列車ではなくても郡山通過という列車は数は少ないですが、あるのだろうと思います。地図で眺めると、福島駅は福島の北の外れの方に位置しておりますので、福島-仙台と同じ位の距離、福島-郡山は離れています。ですので、郡山を通過して宇都宮まで走ると、これはつばさ号としてはかなりの距離を突っ走るイメージがある。
 にもかかわらず、山形から上野までは現在山形新幹線を使うと、3時間近くを要しています。

 山形の選挙区選出の国会議員は、現在自民党の遠藤利明代議士です。2020の東京オリンピックの国の方の実施本部長をされているので、テレビに映る事も多い山形出身の政治家と言えるでしょう。
 この人の顔写真の看板というかポスターというかが、山形市内にもたくさん掲示されていますが「東京-山形を1時間台で!」みたいに書かれている。こいつは、飛行機を使えば実現してますよ。但し山形空港は山形市の中心市街地からはバスなどで40分ほど離れた東根市にあるため、東京-山形間1時間台というのは結構ギリギリかもしれません。
 山形新幹線が遅いのは、結局鉄道の難所である板谷峠を経由しているからで、それなら仙台経由ならどうか?仙台-東京は最も速い新幹線で約1時間というところか、そこから山形自動車道を使う都市間高速バスに乗り換えて、約40分、1時間台実現できそうですが、乗り換え時間がありますからこちらもギリギリです。

 中々、1時間台というのはできそうで難しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

刈り入れ時

 こんばんは、チェスです。

 山形から帰京いたしました。
 山形を16時44分に出る、臨時列車のつばさで帰ってきたのですが、さすがに3連休の最終日の夕方の上り列車だけあって、満席でした。

 本日は専ら、カミさんの実家の草取りなどして帰る時間になってしまいましたが、それでも未だ十分に取り切れませんでした。まあしかし、これから秋が深まって冬に向かうわけですから、これからはそんなに激しく茂ることはないでしょう。

 近くの田圃を見て回りましたが、もうかなりの田圃で稲の刈り入れが終わっていて、黄金色の田圃の方が少なかった様に思います。
 刈り取りが済んでしまった田圃は、刈田ということになり、俳句では晩秋の季語ということになりますが、やや寂しい感じがします。

 今回は、あまり俳句を作る時間は作れませんでしたので、これから秋の山形の景色を思い出しつつ、上手い具合に取り合わせて作ろうかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シマシマ市

 こんばんは、チェスです。

 山形におります。日曜日の未明に台風25号が北日本を通過していきましたが、山形の内陸部はさして影響はありませんでした。
 午前中、市内の嶋という地区にある住宅展示場でのイベント「シマシマ市」に行ってきました。
 たくさんのカフェやベーカリーが出店をしていて、コーヒーのお試しチケットでコーヒー5杯飲めるなど、結構楽しめました。
 山形交響楽団の金管奏者のトリオによる演奏を聴くことができ、非常に楽しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«30℃