夏らしい気温に

 こんばんは、チェスです。

 週末の金曜日、東京は昨日の雨が上がってはおりましたが、まだ油断できない雲行きであったので、折り畳み傘を鞄に入れて出勤しました。会社に着く前に、小雨が降ってきましたが、幸い大したこともなく、後は雨は夜まで降らなかった様に思います。西の方で台風が北上していて、この台風に刺激された梅雨前線の活動が活発になり、そのためかどうか雨は降らなくても湿度が高く、非常に蒸し暑さを感じる一日でした。とは言え、この位が本来の蒸し暑さであって、これまでが涼しすぎたと言えると思います。

 もう皆さんニュースで周知と思いますが、京都のアニメ制作会社で恐ろしい放火事件が起き、33人が亡くなり、30人以上の負傷者が出ました。これらの方々も多くは大火傷を負われているわけで、おそらく厳しい状態なのではないかと思います。
 どうやら放火をした容疑者というか、おそらく犯人と言って間違いない人物は逮捕されておりますので、いずれ事件は解明されると思いますが、何しろ大惨事になりました。

| | コメント (0)

グリーン車

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、昨日は久しぶりに晴れ間があり、お日様の顔を見たのですが、あのお天気は僅か1日で終わってしまって今日は梅雨空に戻り、時折雨が落ちてくる始末でした。
 本日は、第3木曜日夜の句会の日でありまして、前回の本部句会で食らったスコンクを挽回できるかというところなのですが、これを書いているのは句会出席前なのでどうなるかは不明です。ただ俳句の腕前が急激に上がるわけでもなく、時折点の入る俳句があるのは「たまたま」ということですと、まあ似たような成績に終わるかもです。

 時間があったら俳句の推敲でもすればいいようなものを、youtubeでスーツさんの動画など見ているので時間がなくなります。昨日も「グリーン車について」というテーマでしゃべりまくっていた(だけ)の動画を見ていて、これだったら音声だけでもいいかなと思ったのですが、面白いテーマだったのでついつい見てしまいました。
 こんなテーマでしゃべることができるのも、彼はJRのグリーン車に乗りまくっているからこそなんですね。で、新幹線や特急列車に関して言えば、グリーン車というのは、そのコストを負担するだけの価値があるのか、というと、それは無いだろう、ということでした。例えば2時間程度の乗車時間に対して4~5千円位のグリーン料金がかかる。普通車に乗ることで、そのグリーン料金が他に使えるとすれば、結構色々なことに使えると。例えば目的地でちょっと贅沢なお店に入るとかですね。勿論、グリーン車に乗れば、普通車より少し広いシートピッチとゆったり目の座席に座れるわけです。ですが、その程度の差でこの料金は引き合わないということですね。
 但し、特急や新幹線ではなくて、例えば東京近郊では少し長い距離を走る普通列車にグリーン車が連結されていて、通勤時間帯に猛烈な混雑の時に、座ることができる、これはグリーン車に乗る価値がある、と言っていた。これはそうですよね。実は小生も、新幹線のグリーン車は乗ったことはありませんが、普通列車のグリーン車は、グリーン料金が安いこともありますが、時々乗ります。これは確かに、「座れるから」乗るのですね。

 JRではない私鉄にも、グリーン車に相当する特別料金を払う必要がある優等列車がありますが、私鉄の多くはグリーン車というよりは列車そのものに乗るのに料金がかかるので、等級料金とは違い、速達料金の方でしょうね。

| | コメント (0)

コールド負け

 こんばんは、チェスです。

 三連休明けの火曜日、東京は朝から雨降りで、しかしこの雨は一旦上がったのですが、夕方になってまた空が暗くなってきて、再び降り始めました。
 なんでも今年の梅雨シーズン、東京の日照時間は極端に短く、日照時間の短いことの記録を更新しているのだそうです。それだけ雨も多く、今やっている高校野球の東京都大会(東・西)も雨で中止となる試合が続出しています。あまりに雨天中止が多くなると、スケジュールがだんだん苦しくなる。夏の甲子園大会は選手権大会なので、地方大会の優勝校が全国大会出場切符を得るので、雨天中止が続いて後の方の日程が苦しくなると、本番の甲子園大会で選手は厳しいコンディションになってしまうのではと思います。
 確か一昨年の東東京大会で、小生の母校が決勝に進んだので、決勝戦が行われた神宮球場へ応援に行ったのですが、今年は3回戦で小山台高校に8回コールド負けを喫して姿を消しました。一昨年は決勝に行ったのだから、今年も少なくともベスト8とかに残るだろう、とか思っていたら、甘かった。多分昨年はエースの投手が素晴らしかったのでしょうね。その彼が卒業してしまって、たぶん今年は相当の戦力ダウンだったのでしょう。

| | コメント (0)

レタスチャーハン

 こんばんは、チェスです。

 月曜日ですが、世間的にも小生の勤務先も今日は「海の日」で休みです。ただ東京のお天気ははっきりしませんね。午前中は雨が残っていて、昼頃は明るくなったのでちょっと買い物でも、と思って外に出ると、空は明るいのに小雨がさあっと降ってきた。結局傘が必要な有り様です。
 この日照時間の短さが野菜の生育に影響していて、色々な野菜が高くなってしまっています。ただ、レタスは安いので、毎日レタスばかり食べています。昼はレタスチャーハンでも作るか、と具材を準備して始めたのですが、チャーハンを作ったのが少し久しぶりだったのか、勘が鈍っていてややヘマをしました。
 チャーハンの時には、中華鍋でもフライパンでも良いのですが、兎に角予め良く鍋を加熱しておくのが大事です。鍋が熱くなったら徐に油を引いて、具材から炒めていきますが、今日は鍋の加熱が不十分のうちに油を引いて具を炒め始めてしまった。その段階でたぶん温度が少し下がってしまったのでしょうね。そこにご飯を投入したものだから、ご飯がフライパンの表面にくっついてしまった。
 しまった、と思いましたが、今更やり直しは効かないので、そのまま作りました。チャーハンは何とかなりましたが、フライパン洗いが大変になってしまいました。

| | コメント (0)

反省(昨日の続き)

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の東京、昨晩からの雨が朝も降り続いておりまして、どうもこの雨は昼頃まで降っておりました。夕方近くに漸く少し明るくなったので、駅前のヨーカドーまで買い物に行ったのですが、帰ってきた頃からまた雲がのしてきました。

 小生が会員として参加している俳句結社の場合、毎月15日が雑誌への投句の締め切りです。明日が15日で、同じ都内とは言え、今日には郵便ポストに投函しないといけませんので、雑誌への投句用の俳句を仕上げました。本来であれば、既に用意していた俳句を投句用紙に聖書するだけだったのですが、何せ昨日の本部句会の惨憺たるスコンクです。用意していた俳句は、その半分以上を新作に入れ替えるという作業をしましたので、かなり大変でした。尤も、入れ替えた俳句が前よりも良いかどうか、これは主宰の先生の選によります。

 で、どうして句会で点が入らないのか、という成績低迷の反省もいたしました。小生の場合には、「類想類句」というものに対して極端に構えてしまうきらいがあります。簡単に言ってしまえば、「そんな俳句は既に多くの人が詠んでいるだろう」というのはダメだと思って、オリジナルに拘ってしまうのです。ところが、そうやって新しさを求めすぎると、「何を言わんとしているのかがわからない、独りよがりの俳句」になりがちなのです。これはもう鑑賞しようがない、どうしようも無いのです。おそらくそうした傾向が強すぎるのだろうと思い、反省をいたしました。実は前々から同じ反省をしょっちゅうしているのですがね。

| | コメント (0)

成績低迷(俳句)

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京、朝のうちは割と明るい曇り空で、ここ暫くと違って今日は気温が上がっているためか、非常に蒸し暑く感じました。

 午前中はパン屋に行って来週の朝食用のパンを仕入れたり、八百屋で野菜を買ったり(今は胡瓜が高い!)して、少し早目の昼食を食べてから句会に出動。月に1回ある本部句会という日であって、俳句結社の主宰が必ず出てこられて、大勢の会員、同人の方々が来る大きな句会です。
 大勢の方に選を受けるため、まあ誰かしらには引っかかって、小生が出句した俳句を採って下さるのです。10人前後の少人数の句会の場合ですと、ある句に選が集中した結果、一句も開かれなかった(つまり誰も採ってくれなかった)というケースが起こりうるのですが、本部句会の場合は余程選が集中しない限り、そして出句した句のレベルがどうしようもなく低くない限りは、何とかどなたかには採っていただいて、名乗ることができるものです。

 ところが、その「出句した句のレベルが全部低かった」という結果なのか、今日はスコンクを食ってしまいました。確か5月頃の本部句会でもスコンクをやらかしてしまったのではなかったかな?どうも最近、句会の成績が低迷しています。どうにかしないといけません。

| | コメント (0)

チャーハン

title: チャーハン
 こんばんは、チェスです。

 週末金曜日、東京は朝から小雨が降っていて、この雨は昼頃までは降り続きました。気温は相変わらずで、7月中旬とは思えない涼しさです。一昨日の10日の記事で、「冷夏かも?」と書いたのですが、その直後に気象庁から今年の夏は冷夏となる可能性が云々、と発表になり、驚きました。

 突然、話は変わりますが、小生はチャーハンが大好きで、自分でも時々作って食べますし、中華屋でも「迷ったらチャーハン」という位の好物です。で、ちょっと前にネットのニュースで読んだのですが、京都には「チャーミングチャーハン」という、その名も中々美味しそうな中華屋さんがあって、このお店は「250円プラスでチャーハンが追加できる」というメニューになっているそうです。で、驚きなのが「焼飯」というメニューがあり、これにも250円払えばチャーハンがプラスになる。で、焼飯とチャーハンは事実上同じなので、これを頼むとチャーハン2つということになるらしい。衝撃の事実ですね。

| | コメント (0)

はやぶさ2 第2回タッチダウン成功!

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、どうも西から雨がやってくるようなのですが、まあ何とか夕方までは降らずに持ち堪えたという感じの一日でした。
 NHKの昼のニュースのトップ扱いでしたから、もう全国的に、あまり宇宙開発に興味が無い方にも周知されたと思うのですが、それでもこれは書かずにはいられない。JAXAの、ISASの、関係者の皆様、本当におめでとうございます。そして、はやぶさ2、本当によくやったぞ。リュウグウの人工クレーターの近所の、地下物質が堆積していると思われるあたりで、しかも障害になる大きな岩や石が無いエリア、またこのエリアというのが第1回にも増してとんでもなく狹苦しい面積なのですが、そのあたりに落としたターゲットマーカーを使って自律制御で降下して、無事にタッチダウン、サンプル採取にも成功して上昇した。見事という他はありません。

 おそらくですが、先代のはやぶさ初号機の経験が活かされて、しかも詳細な事前の観測と、精緻な制御プログラムがタッチダウンを成功させたのだろうと思いますが、無論ほかにも様々な要因はあったでしょう。
 さて、リュウグウの乙姫様からお宝を頂戴したからには、最早長居は無用、早く帰って来いはやぶさ2、と言いたい所ですが、地球に戻るのは来年の暮頃でしょうか。そして今回のはやぶさ2の場合には、イオンエンジンの燃料となるキセノンガスさえ残っていれば、お宝の入ったカプセルを落として、はやぶさ2は更なる延長ミッションへと出発することも可能ではないかと思います。まだまだ活躍は続くでしょう。

| | コメント (0)

冷夏かも?

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、曇り空でしたが、日中は比較的お日様が顔を出す時間帯もあったように思います。
 ただ、東京はこの時期としては気温が低いですね。小生は未だ今年は半袖のワイシャツを着用に及んでおりません。どころか、昨日などは夏用のスーツを着て出社する始末です。
 関東地方はどうも日照不足が言われていて、これは農作物の生育に影響してきている様です。例年は、いくら梅雨だとは言っても、もうちょっと晴れの日もあるのですが、今年は掛け値なしの梅雨なんですね。
 来週には7月も半ばになりますが、今年の夏は冷夏ということはないのだろうな?とちょっと危惧しています。暑いのが苦手な人はその方が助かるでしょうが、小生は夏という季節が好きでして、やっぱりある程度は暑くないと夏らしくはないだろうと思うからです。先日は行きつけのスーパーで「ガリガリ君」が安かったので買っておいたのですが、さすがにこの位の気温だと、ガリガリ君の出番ではありません。

| | コメント (0)

はやぶさ2 第2回目タッチダウン

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、雨こそ降らなかったものの、いかにもな梅雨空で、雲は厚かった様に思います。

 さて、JAXAはプレスリリースで、「はやぶさ2の第2回目タッチダウンを7月11日午前中に行う」旨を発表いたしました。例の人工クレーターの近くに下ろして、宇宙風化の進んでいないフレッシュな物質を採取するのが目的ということです。表面は相当に大きな凹凸があるというリュウグウの、しかもわざわざ人工のクレーターという大きな穴を穿った近所に下ろすというのですから、素人が考えてもかなりハイリスクであることはわかります。
 ただ、初代がやらなかった「人工クレーター」を2代目のはやぶさ2が兎に角上手く作った。となれば、そのサンプルを採取しようとチャレンジするのは当然の流れでしょう。
 ただ、地表へのタッチダウンは大きな危険を伴う。初代も、タッチダウン時の衝撃で探査機がダメージを負ってしまい、追跡ができなくなったのです。今回は、第1回目のタッチダウンで既に一度成功しているから、無理はしないで地球に帰ろう、という意見もあったらしい。しかし、危険は承知の上で果敢にチャレンジするJAXAのプロジェクトを小生は応援しますし、必ずや成功してくれると思います。

| | コメント (0)

«57歳