5年経過

 こんばんは、チェスです。

 相変わらずの猛暑続きで、夏が好きであると公言している小生としても、さすがに少し参ってきました。

 昼食に、先日山形に行った際に貰って来たお蕎麦を茹でて食べ、午後は山形のお土産を持って小生の実家の鳥越に顔を出しました。

 夕方帰宅して、クリーニング屋へワイシャツを出して、何か飲もうかなと冷蔵庫を開けた時に、ちょっと目に入ったのが、いつぞや試供品としてもらったゼリー状のエネルギー補給飲料。さて、こいつはいつからここに入っているのだろうか、と思ってちょっと取り出して、賞味期限の日付を見ると、約5年前でございます。

 うーん、5年前ですか。

 ま、でも最悪でもお腹をこわす程度のことだろう、と蓋をねじって開けて、グラスに出しました。特に異常な色や臭いは感じませんでしたので、飲んでしまいました。
 まだ飲んでから何時間も経っていませんが、今の所何ともありません。まあ、大丈夫なんでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜濯

 こんばんは、チェスです。

 週末金曜日、東京は、というかもはや全国的に猛暑は続いておりますね。西日本の豪雨災害に被災された方々のご苦労は如何ばかりかと存じます。

 昨日の記事にも書きましたが、昨日は、小生が月に3回出ている俳句結社の句会の3回目、兼題が三つ出る句会です。
 三つの兼題のうちの一つが、「夜濯(よすすぎ)」でした。
 これはちょっと参りました。勿論夏の季語なんですが、昔の「生活」の季語ですね。夏は昼間はとにかく暑い、汗もかく、それで、そうした着物類を夜に洗って、干せば、夜の間に乾いてしまうということで、夜に洗濯することなんですね。

 今は洗濯機を使って洗濯する人が殆どでしょうから、そんなことを言われても、ピンと来ない。で、仕方がないので、誕生日に買って貰った形態安定タイプのワイシャツを使って

 夜濯の形態保持といふを吊る   武

 という句を出しました。これに2点入りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書店はしご

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、相変わらずの猛暑が続いていますね。ならばいっそ、夕方に夕立で一雨あれば少しは涼しくなるだろうに、と思いますが、そんな都合の良い雨も降りません。

 本日の午後は、会社で導入するシステムのための管理者研修を受けに、神保町へと向かいました。3時間みっちりと研修を受けて、終了したのは夕方の5時過ぎ。今日は6時半から同じ神保町で句会がありますので、それまで時間を潰そうかと、書店のはしごをしました。幸いこの街は新旧取り交ぜて本屋の街です。
 さすがに、冷房も無いような古本屋は敬遠して、綺麗な新刊書店を回って歩きました。こうして色々な本を手に取って、つまみ食い的に立ち読みできるのも、本物の書店の魅力ですよね。これはちょっとアマゾンではできない。

 コーヒー屋で一休みしてから、句会に向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

退職設計

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、まあ、暑い一日でしたね。おまけに朝、駅に着いたら、JR常磐線で架線点検を行った影響で、電車が遅れているとアナウンスしていて、しかし幸いなことに小生が愛用している綾瀬始発の電車はほぼ遅れずにやってきたために、時間的には問題無く出勤できました。もっとも西日暮里では、今度は田町のあたりで白煙が出たとかで山手線が遅れておりました。

 昨日の夜、小生が勤務している会社でちょっとした慰労会という名前の飲み会があり、お酒を飲まない小生も顔を出してきたのですが、同じテーブルでもう直ぐに定年を迎えるという方と一緒になりましたので、自然話題は退職後の生活設計が出てきました。
 例えば、あと数年で定年退職の様なタイミングで宝くじ1等が当たったら、定年を待たずして会社を辞めるとか、子供がいないために老後に頼る人がいない場合には、いったいいくらぐらい貯金があれば大丈夫なのかとか(小生のこと)、定年後にシニア社員という身分でどのくらい働くかとか、まあ色々な話題が登場いたしました。

 わざわざ小生が申し上げるまでもなく、少子高齢化社会が急速に進む日本にあっては、厚生年金や国民年金を所管している厚生労働省や政府としては、働ける人はできるだけ長く働いて欲しいと思っているはずで、それが証拠には、65歳になればもらえる年金を、すぐにもらわずに後になって貰うと、割り増ししますよ、という制度にしているのですね。とは言え、小生の勤務している会社では、正社員からシニア社員という身分になると、これは年収はがくっと落ちますし、その他諸々、かなり厳しい身分になってしまいます。会社としては、正社員として長く雇用する~定年の延長~というのは、これは人件費に大きく響きますからやりたくはないのですね。それならば日本国政府は、行政指導というお上のチカラでもって、民間企業の定年を延長するように働きかけて欲しいもんだ、と思うのですが、如何でしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

強炭酸

 こんばんは、チェスです。

 連休明けの火曜日、東京は朝のうち薄曇りではありましたが、やはりというか猛暑の一日になりました。
 先月に開催された、小生の勤務先の会社の定時株主総会、これに関係したメンバーの慰労会というのがありまして、夕方早めに会社を出たのですが、その時間もまだ日中の余熱が十分に残っておりました。

 ところで、昨日、帰京する新幹線に乗る前に、まあ、いつも何か飲み物を買ってから乗車するのですが、昨日の場合には時間つぶしに山形駅内のスタバに滞在してアイスコーヒーを飲んでおりました。ですので、喉は全く乾いていなかった。何も飲み物を買わずに乗るか、とも思ったのですが、新幹線の車内は結構乾燥していて、結局何か飲み物が欲しくなるかもしれん、などと決断がつかぬままに、自販機を前に小さく悩んでいたわけです。で、あまり買う気もない客が自販機の飲み物を一つ一つ詳細に検討する、という生産性の無いことをしていたら、カナダドライという確かジンジャーエールで有名なブランドが、何やら強炭酸とかいう飲み物を売っている。ジンジャーエールではなさそうです。

 通常、小生は炭酸入りの飲み物は苦手で、積極的に買うことは稀です。ですが、昨日に限って、まるで怖い物見たさの様にこれを買ってしまったのですねえ。
 で、結局は上野に着くまでに飲み切れずに、半分程を家に持って帰りました。やはりあまり美味しくは感じませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

D席

 こんばんは、チェスです。

 三泊四日の山形から帰京しました。
 厳密にはまだ新幹線の中ですが、間も無く上野ですから良いでしょう。
 このところ新幹線の指定席はずーっとA席でしたが、今回久し振りにD席に座って戻りました。こちらがわだと、会津磐梯山や那須の山々が見えますが、残念ながら俳句は上手く捻ることが出来ませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレビとエアコン

 こんにちは、チェスです。

 本日帰京しますが、16時07分山形発のつばさ150号ですので時間つぶしで山形駅のスタバにおります。

 昨日の山形は終日良く晴れて、非常に暑かったです。猛暑日になったみたいです。
 で、懸案になっていたカミさんの実家のテレビの買い替えと、エアコンの新設を実施しました。
 テレビは、しばしば画面が真っ暗になるのでもはやこれ迄と判断。東芝レグザを使っていましたが、東芝はこれまた、最早これ迄と思ってSONY のブラビアにしました。この頃は内蔵HDDというのはなく、みんな外付けHDD での録画になっているのですね。しかし依然として録画番組は持ち出せないという説明でしたので、もうブルーレイレコーダーを一緒に買って、それで録画という体制にしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

草取

 こんばんは、チェスです。

 山形におります。午前中は曇り空でしたが昼過ぎから晴れて暑くなりました。東京は更に暑いらしいですね。東北が未だ梅雨明けしていないのですが、このタイミングで梅雨明けがあるかもしれません。

 その暑い午後、庭の草取をしたのですが、さっぱり進まず。草の伸びが速くてちんたらやっていたのでは間に合いません。
  草取の跡がこれかと言はれたり 武

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤岩

 こんにちは、チェスです。

 7月の三連休を使ってカミさんに会いに山形へ行ってきます。今回は臨時列車のつばさ177号で、臨時列車のためか車内販売のワゴンが来ません。静かで良いとも思いますが、何を買うでもないのにちょっと寂しい感じもします。

 福島を出て、奥羽本線というか、山形線というか、に入って人口密度の小さい板谷峠を登っていきますが、かつての鉄道の難所、四連続スイッチバック駅の最初の、赤岩駅は、現在は全列車が通過の扱いなんですね。まあ、利用者がいそうな場所ではないのですが、秘境駅という存在でしょうから、ちと残念ではあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人口減

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、昨夜はどうやら結構雨が降ったらしく、そしてこの雨が明け方まで残っていたらしく、小生は毎朝7時30分頃に家を出ていますが、未だ路面は濡れていましたね。
 ただ、東京としては少し不安定な空模様ではあったものの、雨は日中は落ちてはきませんでした。

 朝のニュースで伝えられていましたが、日本の人口はここの所、ずーっと減り続けて、合計特殊出生率という数字が回復してこないことには、今後も減っていくのは間違いはない。
 但し、日本全国で均一に減っているというわけではなく(どうせ減るならむしろその方がいいかもしれない)、所謂首都圏、埼玉、東京、神奈川、千葉の南関東1都3県は人口は増加しています。これはもう、東京一極集中の経済力が、人も集中させていることは明らかですね。経済も行政も司法も文化も、みな東京に集中しているというのは、これはこれで効率が良く、何事も無ければ良いのかもしれませんが、何分我が国は地震に代表される被害の大きな大災害も、間違いなく来る。東京が、次に首都直下型大地震を食らったら、その経済的損失は計り知れず、ですからある程度行政やら司法やら、諸々の機能は地方へ分散させておいた方がいいだろう、という議論も当然にあるわけです。そしてこれは、地方の衰退という問題を食い止めるための一つの処方箋にもなりそうです。

 そして、先ほどのニュースなんですが、首都圏以外に人口が増えている県があって、それが沖縄県なんです。決して経済的には恵まれてはいないだろう沖縄県で人口が増える。これも、人口減を食い止めるための方策のヒントになるのではないかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«茗荷