ドアのこと

 こんばんは、チェスです。

 週明け月曜日、どうも全国的に寒気が押し寄せているようで、東京も寒い朝になりました。なにやら最低気温がついにマイナスになったとか、昼のニュースで言っておりました。とは言っても東北や北海道に比べれば、雪の無い乾燥した晴天でありますから、何を贅沢を言っているんだ、位の話でしょう。

 小生の勤務先の会社が移転して2ヵ月が経ちましたが、ちょっと面白いことに気がつきました。といっても当たり前というか、そんなの当然、ということなんでしょうけれども、いわゆる「引き戸」というスタイルのドアがありますでしょ、端が蝶番で固定されているドアではなくて、橫にスライドさせて開け閉めするタイプのドア。

 あのタイプのドアは、今は下にレールと戸車が無くて、上の辺の方で吊っている、というかなんと表現していいかわかりませんが、上にレールが付いているかの様なんですね。
 日本語のボキャブラリーが少ないので説明が下手ですが、昔のスライドドアは下のレールでゴロゴロ転がしていたのが、今のは上の方でゴロゴロ動かしていると。懸垂式とでもいうのかわかりませんが、その吊っている状態が見えないので、機構がちょっとわからない。

 思い出してみると、カミさんの実家の山形の家をリフォームした後、新しくなった引き戸のドアが、やはりこのタイプだった。
 開け閉めに力が要らず、軽く開け閉めできるとか、たぶん利点があって、この方式が普及したのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いってらっしゃい!金井さん

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の東京、昨日にも増して乾燥した晴天の一日でしたが、風が無く穏やかだった昨日に比べると、北風がちょいと強く吹き、体感的には昨日よりはだいぶ寒く感じました。

 さて、毛利宇宙飛行士がアメリカのスペースシャトルで宇宙へ行ってから、10人の日本人宇宙飛行士が飛び立ちました。(テレビ局の取材でソユーズに搭乗した秋山氏を除く)。そして本日、11人目の日本人宇宙飛行士、金井飛行士がバイコヌール宇宙基地から最新鋭のソユーズMS-07で国際宇宙ステーションに向けて飛び立ちました。
 金井さんは、防衛医科大を卒業後、海上自衛隊に医師として勤務された、つまりは軍医さんということになりますが、そうした経歴をお持ちでJAXAの宇宙飛行士候補生に選抜され、そしてついに本日ISSへと出発されたわけです。ISSに6ヵ月間という長期滞在をして、その間様々な研究のお仕事を医師というキャリアも活かしてされることだろうと思います。

 打ち上げのライブ中継を見ておりましたが、打ち上げ自体はばっちり成功。後はISSにドッキングして、入室ということになるでしょう。

 出発したばかりですが、ご無事のご帰還をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お裾分け

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京、午前中は良く晴れて、午後はちょっと薄雲が広がりましたが、風も無くて穏やかな一日でした。

 今週の火曜日だったか、山形にいるウチのカミさんからりんごが送られてきまして、これが一人では到底食べきれない分量であったので、鳥越にいる小生の母親と弟の所へお裾分けとして持っていきました。

 鳥越の実家には、真っ白な猫の「ゆきかぜ」(通称「ゆき坊」)がおりますが、東京も結構寒い季節になってきたので、寒がりの猫は、エアコンの風の吹き出し口の所で頑張っているなどしています。
 猫と言えば、昔小生が会社から連れてきて、鳥越で飼っていた「コバン」という茶トラ猫がいましたが、この猫は人見知りをする方で、家族以外の人には慣れませんでした。ですが元々猫なんていうのはそんなもんだろうと思っておりました。
 ところが、今居るゆき坊は妙に人間臭くて、結構誰にも懐いてしまいます。人が帰ってくると玄関に迎えにきますし、何か話しかけると返事をするのですね。まあ猫と言っても個体差があるのは当然でしょうが、本当に様々ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

下剤の効果

 こんばんは、チェスです。

 週末金曜日の東京、朝から、空をほぼ一面雲に覆われた様なお天気で、しかしこの雲はお天気を崩す様なことはなく、曇り空で終日おさまりました。

 さて、本来は夏ごろにある生活習慣病健診が、今年は小生の場合、日帰り人間ドックの年にあたっており、朝8時開始という指定を受けていたので7時頃に家を出ました。人間ドックを受診する先は、鶯谷健診センターという所です。

 ここは、男女別のフロア構成になっていて、色々と工夫もされている評判の良い健診センターです。まあ、鶯谷という駅の近所はあまり良い立地ともいえないのですが、それに目をつぶれば確かに中はホテルの様に快適で、中にはまるでCAさんの如き案内をするスタッフがたくさんいて、つまりは「健康診断を受けに来ている」という感じがしないのです。

 一部を除いて、検査結果は当日に説明をしてくれ、それによれば再検査が必要な注意すべき項目もなく、まずは目出度い結果でした。

 ただ、胃のレントゲン撮影のために飲んだバリウムを排出するため、下剤をくれたわけですが、小生の場合にはこいつが極めて迅速に訊いてくる。
 これは、ほぼ例外無しにそうです。今日も、昼前に飲んだ下剤が、午後2時頃には早くも効き出し、トイレに行って第一波を出してきました。
 それで済むわけもなく、第2波、第3波と排出し、もう無いだろうと思っても効き目は残っているわけです。これが困る。

 下剤を飲む量を、半分にしておけば良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黄色いブロック

 こんばんは、チェスです。

 木曜日、冬型気圧配置は若干緩んできて、日本海側の雪は小康状態となったようです。
 山形のカミさんからも、今日は晴れている、とメールが来ました。

 さて。

 毎日乗っている東京メトロ千代田線と、JR東日本京浜東北線で、電車が接近する時にプラットフォームに流れる自動アナウンスにほんの少し違いがあることに気がつきました。

 最近、東京メトロの方は「黄色い線の内側で・・・」と言っていたのを「黄色いブロックの内側で・・・」と変えた様なのです。一方、JR東日本は以前と変わらず「黄色い線の内側で・・・」と言っているみたいです。

 この「黄色い線」の正体は、まあ皆様ご承知の通り、視覚障害者用の誘導ブロックなんですね。
 おそらくですが、東京メトロの方では、どこかから(社内かもしれないけれど、普通社内ではこんな細かいことはあまり議論しないと思います)「あの誘導ブロックを『線』というのは無理があるのではないか」のような意見があって、これをまともに取り上げた結果、「それならば何と言えば良いのか」と検討した結果、「黄色いブロック」に変更したと。
 新しいアナウンスを録音して、それを各駅の放送装置に流すのにどの位コストがかかったかは知る良しもありませんが、まあ確かにあれをもって「線」というのはちょっとどうかなと思いますから、妥当な是正ではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年末年始忙しいJAXA

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、全国的には寒波襲来ということで、北海道と本州日本海側で大雪が警戒されていますが、関東地方は相変わらず乾燥した晴天です。
 乾燥注意報が出ているのかな?こういう状況だとこれはやはりインフルが要注意です。

 さて、年末年始は宇宙航空研究開発機構=JAXAは中々忙しいです。まずは、12月23日に気候変動観測衛星「しきさい」と超低高度衛星技術試験機「つばめ」が打ち上げられます。「しきさい」はともかくとして、空気抵抗の大きな超低高度の軌道に乗せる「つばめ」というのは、これまでのJAXAの衛星には無かった野心的な試みです。普通に低高度の軌道に投入した場合、大きな空気抵抗のために衛星の速度がどんどん低下して短期間で落ちてしまいます。昔のソ連の(アメリカもかな)スパイ衛星というのは、こういう衛星で寿命が短かったので、落ちるそばからどんどん補充のために打ち上げていた。昔のソ連は、だから年間凄い数の衛星打ち上げをやっていたのですね。しかし今回の「つばめ」は、空気抵抗による速度低下を補うべく、「はやぶさ」で活躍したイオンエンジンを積み、イオンエンジンの加速で空気抵抗に抗して衛星寿命を伸ばそうというものだそうです。まあその実験で得られた知見で、日本もスパイ衛星を上げるのかな。

 暮れのどんずまり、12月28日には、一度実験に失敗している観測ロケットSS-520を使っての衛星打ち上げの再チャレンジです。前回は、打ち上げには成功したように見えたのですが、ロケットとの通信が途絶してしまい、衛星打ち上げは失敗でした。これに成功すれば、世界でも最も小さなロケットでの衛星打ち上げということになる筈です。これは内之浦から。

 そして年が明けて1月17日、再び内之浦から、イプシロンロケット3号機で高性能小型レーダー衛星(ASNARO-2)が打ち上げられます。イプシロンロケットは登場以来改良開発が続けられており、今回も成功すれば、いっそう「宇宙への敷居を下げる」目標に繋がることでしょう。ASNARO-2はXバンドの合成開口レーダーを積んでおり、小型化され、世界でもトップクラスの空間分解能を持っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、まあ、関東地方についてはそれほど寒さはきついとは思いませんでしたが、山形にいるカミさんからは「雪が積った」と写真付きのメールが来ました。いよいよ雪掻きのシーズン到来という訳で、寒いのが苦手な小生としては、震え上がる様なメールでした。

 さて、毎年恒例の、今年を表す漢字一文字(日本漢字能力検定協会)が発表され、一位になったのは「北」でしたね。

 これまたお馴染みになった、京都清水寺の貫主によって「北」の文字が揮毫されておりましたね。

 まあ納得というか、一位と聞いて「そうだろうな」という感想なんですが、問題は来年はどうなるのだろう、ということですね。小生のこのブログでも、度々書きましたが、何せ北朝鮮という国は、民主国家というマトモな国ではない、独裁国家であります。あの体制が転覆しない限り、間違いなく核兵器とそれを運搬するミサイルを完成させるでしょう。相当のところまでミサイルは出来ていて、核爆弾もこれまた出来ているけれども、それをミサイルに積んで、大気圏再突入できるシステムになっているかは、ちょっと怪しいというのが専門家の見立てだったと思います。してみれば、なんだかんだと時間を稼ぎ、経済制裁でお金が無くなる前に、そういうものを完成させてしまうかもしれない。

 そうなった時に、アメリカは、我が国は、あるいは韓国や中国やロシアは北朝鮮にどういう対応を迫るのか。いよいよ来年は、そういう場面がありそうに思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お玉下げ

 こんばんは、チェスです。

 週明け月曜日の東京、まあいかにもこの季節らしい、乾燥した青空で寒いという一日でした。いわゆる冬型気圧配置という奴ですね。

 話は先週の、確か木曜日だったかと思いますが、夜中に寝ていて、キッチンの方から何やら結構な大音響が響きました。半分寢入っていたので、地震でも来たのかと思ってビックリしましたが、少しだけ考えて、「ああ、アレだな」と思って、放置してそのまま寝ました。

 その「アレ」というのは、キッチンで使う道具、フライ返しだとか、木ベラだとか、お玉だとか、こういった面々をぶら下げておくもの、なんという名称かは知りませんが、両サイドは吸盤でキッチンのタイルに貼り付け、その2つの吸盤が支えている横棒にフックが取り付けてあり、そのフックにキッチン道具の面々をぶら下げて置くもの、とでも説明すればよいでしょうか。

 まあ、そのアレですが、最近吸盤の張り付く力が衰えてきていて、度々落っこちていたのですね。その度ごとに、タイルの表面に油分が付着しているのが原因かもと、中性洗剤でタイルを拭いたり、吸盤を付け直す時に少し加熱して柔らかくしてから貼ってみたりと、ちょっと試行錯誤してみたのですが、色々やってもやはり落ちてしまう。これはもう、如何ともしがたい、新しいのを買ってくるか、と思い、土曜日に本部句会に出た帰りに、ヨーカドーに寄って900円ほどの設備投資をして新しいアレを買って来ました。
 新しいアレは、貼り付ける原理は同じなのですが、吸盤の所に何やらレバーがついていて、貼り付けた後でこのレバーを押し下げることで、かなりガッチリと固定できそうな機能があります。これで向こう数年は、夜中にお玉が落下して、大音響が発生することはないものと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

火事

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の東京、ほぼ終日良く晴れて、気持ちの良い一日でした。

 今日は会社でしたが、午後1時に行けば良いので、午前中はゆっくりしておりました。

 ところが11時過ぎたあたりで、何やら緊急自動車のサイレンで騒がしくなりました。
 ふとベランダに出て外を見ると、真っ黒い煙が立ち上っている。どうみても、風呂屋や工場の煙突の煙ではない。しかも煙が勢いを増しております。あれは火事ではあるまいか、と思って暫く観察していると、煙の下の方に、チロチロと赤い炎が見えます。

20171210fire

 南の方角なので、おそらくあの辺はもう葛飾区なんだろう、と思います。堀切でしょうね。


 やがて、黒い煙が白い煙に変わり、それも収まってきましたので、おそらく消防車の消火活動で鎮火されたのだろうと思います。鎮火までは、2~30分というあたりではなかろうかなと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本部句会

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京、少し気温は低いかな、という感じでしたが、まあ考えてみればもう師走、こんなものかもしれません。お天気は朝からすっきり晴れて、夜までその晴れが続きました。

 本日は会社に行かなくても良さそうな感じであったので、ここの所3回ほど連続して欠席していた本部句会に参加いたしました。

 本部句会というのは、小生が会員として入会している俳句結社でやっている様々な句会の中で、唯一主宰が必ず参加される、一番大きな規模の句会です。概ね50人以上、多い時は60人位が参加されます。

 一人が五句を出句しますので、50人では250句、60人では300句を読まねばなりません。実際問題、これはかなり集中力を要します。

 3回欠席とブランクができてしまったためか、今日の本部句会は成績が悪く、辛うじて一句をお一人に採っていただいて、スコンクは免れましたが、今週水曜日の様なわけにはいきませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«散髪