堂々?2位の千代田線

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、朝からどんより曇り空で、夜まで晴れることはなかったです。
 隣国で開催中ということもあり、我が国でもそれなりに盛り上がった平昌五輪もそろそろ終盤、やっぱり華やかな女子フィギュアスケートは大会の終わり頃にやるのですね。

 ところで、我がブログでもしばしば記事のタネにしている小生の通勤路線、東京メトロ千代田線の朝晩の遅延なのですが、東洋経済のこのような記事を見つけました。
 首都圏の各路線において、5分以上の遅延が発生して「遅延証明書」を発行した日が月のうち何日あるか、というデータを並べたもので、1位のJR東日本総武・中央線各駅停車は、休日を除けばほぼ毎日発生しているという数字になるとか。
 で、毎朝毎晩お世話になっている、我が千代田線が、これが堂々の2位(JR東日本の宇都宮・高崎線と同点)。ホレ見ろ!やっぱりな~という感じです。

 これも以前の記事に、確か書いたとは思いますが、たぶん東京メトロにも言い分があるわけです。
 千代田線は、JR東日本の常磐線各駅停車(綾瀬~取手)と、小田急との、それぞれ相互乗り入れをしている関係で、両端のどちらかで遅延が発生すると、千代田線にたちまち影響する。それはウチの責任ではないよ、と。
 事実、上記の記事中には遅延の多い路線のランキングが出てきますが、千代田線に乗り入れている小田急も常磐線各駅停車もワースト10内に入っているため、東京メトロがいかに頑張っても両側のとばっちりを受けるから・・という言い訳はその通りかも知れません。
 但し、これも以前の記事で書いたことがありますが、いよいよ長年の懸案だった小田急の複々線事業が完成し、来月の3月17日にはダイヤ大改正を行う予定。小田急のスペシャルサイトによれば、代々木上原からの千代田線直通電車を大幅に増発するということですから、たぶん小田急の方の遅延の成績は良くなるでしょう。そうなれば東京メトロの言い訳も効きにくくなる。勿論小田急のおかげで千代田線の遅延が減ればありがたいことですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

内視鏡検査

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、薄雲はありましたが、概ね晴れの一日でした。なんだかまた暫く雨がありませんね。とにかく空気は乾燥しています。

 ところで、義母の介護で山形に居るうちのカミさんから、「今日は内視鏡の検査に行ってくる」とショートメッセージがありました。以前から何やら胃もたれがする、とは聞いていたのですが、大田胃散を飲んでもあまり良くならないというので、近所の内科医に相談したところ、内視鏡検査をしてくれる医院を紹介してもらったそうです。結果は以前の潰瘍の跡があったが、胃が少し荒れているだけだ、ということで、まあ一安心しました。カミさんまで何か病気が見つかって入院だ手術だということになったら、そりゃもう大変ですからね。

 内視鏡検査というのは一昔前は「胃カメラ」と呼ばれていましたね。小生も数年前にバリウムのレントゲンでなにやら怪しいところがあるので検査を受けなさい、と言われて、更にその時には便の潜血検査も引っかかったので、2次検査で大腸と胃の内視鏡検査を両方一遍に受けました。
 昔は内視鏡を咽喉から入れていたので、相当に苦しいと経験者に聞いていましたが、現在は鼻から入れる検査法があるので、かなり楽になったと。で、小生の時も、事前に鎮痛剤の注射なども打ってもらって、少しぼんやりした所で検査をしたので、あまり苦しかったという感じはありませんでした。
 寧ろ、下剤を大量に飲んで腸の中を空にしなくてはいけない大腸内視鏡の方が、準備が大変です。その準備に時間もかかります。
 そうは言っても、この歳になると時々は受けた方がよいとは言われていますけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

じわり腰痛

 こんばんは、チェスです。

 月曜日、週明けの東京、朝のうちは少し雲が広がっていましたが、やがて晴れ間の方が大きくなり、まあいつもの冬晴れになりました。
 西から低気圧が東に進んでいる様なのですが、今回の進路は予想より南にずれたため「南岸低気圧」とはならずに、雨を降らせたのは南九州のみで、関東地方には雨はなさそう、という予報に変わりました。

 週明けは、土曜日、日曜日の寝坊のためにいつも生活リズムが崩れて昼間眠くなって困るのですが、昨日の日曜日は比較的早く起きたことで、今朝は無理なく通常の時間に起床でき、生活リズムを戻すのが早かったです。日曜日の朝は、寝坊はいかんということがわかりました。

 それは良かったのですが、どうも先週末あたりから、腰の調子が少し悪い。と言っても、言葉に出して「腰が痛い」という程ではなくて、鈍痛、の少し手前、違和感というのが適当なのか、つまりじんわりと腰がへんな感じがします。
 痛くはないので、早急に何か対策を打たねば、とは思わないので、基本的には経過観察と思っていますが、ちょっとだけ気持ちが悪いのは確かです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

せり鍋のシーズンも終盤?

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の東京、昨日より雲は少なく、終日ほぼ晴れてはいましたが、北風が強く外に出ると寒い。
 まあそれでも、午後の遅い時間、プールの道具を持ってスポーツクラブに行き、ひと泳ぎしてきました。日曜日の夕方というのは、ジムの方は兎も角として、プールの方は非常に空いていて、しかも4時過ぎであればレッスンなども全て終わっているので、コースは全て解放されていて、一人で1コース占有という状況も珍しくはありません。残念ながらスポーツクラブのプールは、ウィークディは子供のクラスがあるためでしょうか、水はあまり綺麗とは言い難く、これでもう少し綺麗な水ですと快適なプールなんですがねえ。

 ところで土曜日に、いつも買いに行くスーパーとは別の、小生の家から少し南にあるスーパーに食料品を買いにいったとき、夕方で既に野菜などの安売りが始まっていて、せりが最後の一把が残っていました。これを迷うことなく仕入れて、本日はせり鍋を作りました。

 なんでも、仙台のせり鍋では、せりの根も食べるとかいう話なのですが、かなり良く洗ったつもりでも、せりの根から完全に泥を取り除くのは無理であって、少し悩みましたが結局根の部分は切り落として使いました。

 他の具材が煮えた後、最後の食べる直前にせりを入れるのがポイントであって、そうするとせりの香りと歯応えが楽しめる訳です。でもまあ、そろそろせりも終わり頃でしょうから、今年のせり鍋シーズンも終盤でしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おめでとう!羽生選手

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京、ちょっと雲の多い天気でした。特に午後は時間帯によってはかなり雲が出てきてお日様が遮られ、風が出てきてその風が非常に冷たい。まるで前線の通過という様な感じで、夕方はかなり気温が下がってきた様に思います。
 今日は7時頃に一度起きたものの、暖かいベッドの誘惑に抗しきれずにまたベッドに入ってしまい、結局二度寝。次に起きたら9時を過ぎておりました。いかんですなあ。

 午前中から、平昌オリンピックの中継を見ていて、今日は何しろ男子のフィギュアスケートのフリーの日なのです。
 前回の冬季大会で金メダルに輝いた羽生選手は、昨年11月のNHK杯の練習の時の転倒で大怪我をして以来の、ぶっつけ本番。
 しかし、昨日のショートプログラムでは貫禄の演技でトップの得点を叩き出し、そして今日のフリーで果たして同一種目の連覇なるか?という世紀の一戦でございました。

 さすがに、全てのジャンプが完璧、という訳にはいきませんでしたが、しかし圧巻の技術点であって、ショートプログラムとの合計で見事金メダル獲得。この大会での日本人選手の金メダル第一号となりました。更に宇野選手も銀メダルで、日本人選手が金・銀メダルというのも凄い。

 凄い凄い、と唸っていた昼過ぎでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チューイングキャンディ

 こんばんは、チェスです。

 週末金曜日、東京は、少し雲が広がる時間帯があったものの、基本的には乾燥した冬晴れの一日でした。流行しているインフルエンザは、未だ油断はできないものの、どうやら流行のピークは超えたらしいです。

 小生は会社で時々引き出しに入れてある「のど飴」を嘗めているのですが、これが無くなりそうであったので、今朝出勤途中でコンビニに寄って、のど飴を仕入れました。その時に、同じ売り場にあった「かむかむアンデスメロン」という一件が気になって、試しに買ってみました。

 これは外側は固いのですが、内側はジェリー状に柔らかいもので、袋の裏側には「チューイングキャンディ」という品名が書かれておりました。普通アメだと「嘗める」ものですが、これは噛んで食べるという種類のお菓子ですよ、ということなのでしょう。
 以前にもちょっと書いたことがあると記憶していますが、アメリカあたりには豆の形をしたお菓子「ジェリービーンズ」というのがあり、勿論子供向けであって、毒々しい色はいかにも身体に悪そうなのですが、実は小生はこいつが好きでして、どこかで見かけると買ってしまうのです。ですが、どうも最近は健康志向が強くなったのか、この身体に悪そうなお菓子はあまり売っているのを見なくなりました。

 で、たまたま買った「かむかむ」はこのジェリービーンズに食感としては似ています。味が飽きなければ、また買ってしまいそうな気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

欠席投句もできず

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、昨日より更に気温が上がってきた様で、昼間は3月の陽気であったようです。

 ところで、昨日書きました様に、本日は難しい兼題が出ている句会があったのですが、仕事が終了せずに出席叶わず、折角俳句を作っていましたが欠席となってしまいました。
 通常、こうした場合には「欠席投句」と言って、句会に出席される方に予め句を預けておき、その方に句会で代わりに短冊を書いて出してもらうという手段を取れるのでありますが、今日はたぶん出られるだろう、と予想していたため、欠席投句をする暇がありませんでした。
 句会が開始される直前になって、なんとか「今日は欠席になります」とショートメッセージを打つのが精一杯。

 折角作った俳句を句会に出せないというのは、これはやはり残念でございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

難しい兼題

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、気温が上がって暖かくなる、という予報に油断して、愛用しているネックウォーマーを着用せずに出勤いたしました。
 このネックウォーマーはいかにもペラペラの安物という感じで(実際安かった)、高価なマフラーなんかに比べれば頼りないのではありますが、このペラペラがあるとないとでは結構違う。重要な血管が外気に面している首というのは、やはり人間の弱点だな、と感じる次第です。

 明日は第3木曜日の句会なのですが、2つの兼題のうちの一つが「えり挿す」(「えり」は魚ヘンに入)という季語で、琵琶湖などで見られる一種の伝統漁法の一つなんですね。魚は障害物にぶつかると、それを沿って泳いでいく、すると袋小路に入ってしまって出られなくなるという習性を使っているのだそうです。
 まあ、早春の風物詩ということで季語になったのだろうと思いますが、関西のそういった風景に接したことがない小生としては、ネットで写真でも見る以外には感じをつかむ術はなく、困ってしまっているという状況です。いわゆる「頭でしか作れない」という訳です。ギブアップして他の季語でやるか、どうするか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キュリオシティ

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、相変わらず、晴れて乾燥した冬晴れでした。気温は10℃に届くかどうかというあたりで、寒くはあるのですが、カミさんが戻った山形はずっと寒いですし、日本にはまだまだ寒いところがある。この位で寒い寒いと言っていてはダメでしょうね。

 平昌オリンピックも、どうやらメダル獲得のニュースが入ってきて、これからがいよいよ本番という感じでしょうか。

 ところで、暫く前に、アメリカの無人火星探査機「キュリオシティ」が撮影した写真を繋げたパノラマ写真というのがNASAのジェット推進研究所から公開されておりました。
 詳しくはリンク先を読んでいただければいいのですが、このパノラマ写真を見ると、何と言いますか、地球の雄大な風景のどこか、と言われても、特に違和感は無いな、と思いました。火星の風景ともなれば、もっとおどろおどろしいというか、尖った山や深いクレーター(まあ、この写真を撮っている場所がクレーターの内側なんだそうですが)があって荒涼とした眺めを予想したのですが、マイルドな様子なんですね。

 これなら、なにやら生物がいそうな・・いやま、液体の水が大量に存在しないと無理か。それにしても、キュリオシティというのは大した探査機です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チョコレート(の先貰い)

 こんばんは、チェスです。

 月曜日、建国記念の日の振替休日で世間的にはお休みですが、小生の会社は出勤日にあたっておりました。が、今日までうちのカミさんが上京していたので、小生も有給休暇を取って世間と歩調を合わせてお休みにしておりました。

 カミさんは15時過ぎの山形新幹線に乗って山形に戻りましたが、戻る前に、チョコレートの箱をくれました。明後日のセント・ヴァレンタインデーの先渡しということで、小生も有り難く、頂戴しました。

 夫婦や恋人にプレゼントする分には良いかと思いますが、会社などでしばしば議論の対象になるのは、「義理チョコ」という奴ですね。
 小生の勤務先でも、小生が会社に入社したばかりの頃は、この「義理チョコ」が残っていて、当時新入社員であった小生も女子社員からチョコレートを貰いましたが、当然お返しをせねばならず、お返しを個々にするよりは、お金を集めて豪華なお花を上げてはどうか、と発案した人がいて、このお返しは結構喜ばれた様な記憶があります。まあしかし、今では義理チョコも無くなり、生命保険のセールスのおばさんが配る小さなチョコレート位ではありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«宅配便