スペースデブリ

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、朝は曇っておりましたが、やがて雲が取れて晴れてきました。ただ、西から南岸低気圧が接近中とのことで、おそらく明日の金曜日はお天気が崩れる予報が出ています。

 JAXAから、現在ISSに結合中の「こうのとり6号」に関して「ISSからの分離が1月28日、地球大気圏への再突入が2月6日」というスケジュールが発表されました。
 先日、この「こうのとり6号」で輸送し、日本の実験棟「きぼう」に設置された超小型衛星放出装置によって、これも「こうのとり6号」で輸送された超小型衛星6基の放出に成功した、との発表もありましたので、もっとも大きな任務であるISSへの物資輸送を始め、今回予定されていた諸々の任務に無事に成功し、「こうのとり6号」がISSから離れて、大気圏へ再突入してしまう日も近くなってきました。

 とは言え、分離から、大気圏再突入までの日が離れているとは思いませんか?ISSから離れて、軌道を変更するのに9日間もかかるわけが無い。
 実は、この期間を利用して、「こうのとり6号」は「スペースデブリ除去のための実証実験」を行う予定となっているのです。「スペースデブリ」とは、文字通り、宇宙のゴミ。地球周回軌道上には、実際に働いている人口衛星の他に、ロケットの上段部であるとか、機能を停止してしまった衛星、JAXAの「ひとみ」の様に分解してしまったと思われる衛星など、ものすごく多量の人工物が「ゴミ」として回っています。確か、マンガ「プラテネス」の冒頭部分は、このスペースデブリが原因でスペースプレーンが事故に遭う様子が描かれており、このマンガの主人公は、スペースデブリの回収会社の社員という設定だったと思います。
 ことほと左様に、いずれは国際的な大問題になるであろう「スペースデブリ」。こいつをどうやって除去するかは色々研究されていると思いますが、今回「こうのとり6号」は、最後のご奉公として、その実証実験を行うそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

防災訓練

 こんばんは、チェスです。

 昨日の記事で、1月17日に発生した阪神・淡路大震災のことを書きましたが、そういった日を選んで、ということでもないとは思いますが、昨日は小生の勤務先の会社で防災訓練が行われました。
 といっても、従業員の全員が対象ではなくて、小生が勤務している会社の本社ブロックの自衛消防隊の各班の班長と副班長を対象としたものでした。自衛消防隊というのはあくまで会社の火災を想定した対処組織ですが、この自衛消防隊は、例えば大地震が発生した場合には、災害対策本部のメンバーに自動的に横滑りしていきます。
 それで、昨日の場合には、首都圏直下型地震が発生した、という想定の下で、例えば従業員の家族との連絡をどうするかとか、停電で照明が使えない、断水でトイレが使えないなど、次々発生する事象に対して対策本部はどうしていけばよいのか、など、それなりに実践的な訓練を行いました。

 しかし、これはやはり訓練であって、本当の大地震が来た場合には、そりゃもう気が動転して、冷静な対応は難しいだろうとは思います。思いますが、しかしやはり訓練は絶えず積んでおかねば、全く何もできないということになりかねない。何事も、平時の準備が大切です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阪神・淡路大震災

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、相変わらずの寒波の影響か、寒い一日ではありましたが、昨日の月曜日に比べると慣れもあるのか、もしかしたら少し寒波が北上したのか、少し寒さは和らいだ印象はあります。

 さて、今日は1月17日。主に兵庫県が被災した大地震が発生した日であります。その後にこの日の地震災害は「阪神・淡路大震災」と命名されました。この大震災で亡くなられた全ての方のご冥福をお祈りします。

 発生したのは1995年なので、もう22年が経つわけです。この年に生まれたお子さんは、今年満22歳になる。あの日、小生は当時東京駅の八重洲口側にあった某大企業の本社へ直接行って会議に出ることになっていましたから、会社へ行ったのは昼食を食べてからの昼過ぎだったのですが・・しかし、その某大企業は兵庫県を発祥の地として、関西にも重要な事業所が多数あると思っていたのですが、地震発生当日、その会社では格別慌しい様子も見られず、会議の方は予定通りにありました。今思うと地震による被害の全貌が正確に未だ伝わっていなかったのかもしれません。

 会議が終わって、東京駅近くで昼食でも食べようか、と外へ出たところで、どこかの新聞社が号外を配っていましたので、一枚貰いました。その時に漸く、こいつは容易ならざる事態だと思ったことを覚えています。
 当時の災害対応にあたって、色々な教訓を得られたと思います。しかし地震大国の我が国は、2011年に今度は東日本大震災を受けるわけですが、こちらは大津波、そして原発事故と、これらは残念ながら教訓を活かすというわけにはいかなかった。ただ、正確な情報の集積と必要な組織への伝達、命令といったことには活かされたのではないかという気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豊洲移転は厳しくなったか

 こんばんは、チェスです。

 そろそろ、お正月気分を完全払拭して、通常運転に切り替えないといけない16日、週明けの月曜日、このところ日本列島を北からすっぽりと覆っている大寒波の影響でしょうか、東京もとうとう冬らしい寒さがやってきました。

 海の向こうでは、新しい大統領の就任式が迫ってきましたが、海の近くの東京の新しい市場となるはずの豊洲では、地下水のモニタリング調査の最終結果が出てきて、どうもこれが大変な数字になっている、と大変なことになっています。
 ベンゼンはこれまで環境基準の数値と比較しても、ギリギリかオーバーしてもほんのちょっとだったのに、そいつがガーンと上がってしまった。更には検出しては不可というシアン化合物も検出されては、移転の是非を判断どころではない状況ですね。
 そもそも、これまでのモニタリングの数値との比較でいうと、なんでこんな極端な動きになってしまったのか?

 一つには、地下水を汲み上げる管理システムが本格稼動を始めたというのが原因の一つではと言われていますね。
 しかしそうだとすると、これまでのモニタリングの数値自体が大甘だったということにはならないか。
 管理システム可動直後の影響だとするなら、今回以降、環境基準に収まるくらいに収斂していくのかどうか。
 専門家に意見を聞きつつ、もう少しモニタリングを続ける必要が生じたのかもしれん。すると、豊洲移転をするにしてもその時期はまた延びる可能性が出てきた。
 築地は老朽化して、何とかしなくてはいけないのは、誰もが一致している結論なのです。しかし、その対策はひたすら後ろへ延びている。今年の夏は都議会議員選挙がある。大波乱となる可能性が出てきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KITTE

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の東京も、ほぼ昨日の続きという感じで寒い冬晴れの一日でした。
 昼からカミさんと丸の内に出かけました。東京駅の丸の内側に新しいショッピングモールが出来たとかで、それを見に行ったのです。
 しかしいざ行ってみると、存外大したことな無かった、と言っていて、時間が余ってしまった。

 で、カミさんは以前に入ったことがあると言っていたけれども、小生は未だ入ったことが無かった「KITTE」に入ってみることにしました。
 この施設は、かつての東京中央郵便局です。で、この建物を建て替えて高層ビルにする際に、工事の様子を見に来た当時の鳩山邦夫(故人)総務大臣が、東京中央局の古いビルを壊すのはけしからん、と怒って取り壊しを中止させてしまったというのは有名な話です。

 結局、外観はその東京中央局を活かす形で、新しい商業ビルは「KITTE」としてオープンしました。

 中に入ると、5階分くらいの空間が吹き抜けの形になっている斬新なデザインです。吹き抜けを中心にして、外周部分に色々なお店が入り、5階、6階がレストラン街という構成になっておりました。

 ところで、JAXAの超小型ロケットですが、本日打ち上げが実施されたのではありますが、残念ながらロケットからの信号が受信できなくなったために第2段ロケットの点火を中止したそうです。打ち上げは失敗してしまった訳ですが、新しいことをやろうとすると、これはどうしてもリスクを取ることになりますから、仕方ありませんね。次回は信頼性を高めて頑張って欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神保町で上海家庭料理

 こんばんは、チェスです。

 東京は、概ね晴れてはいたものの、寒波の襲来で気温上がらず、昼間も時折雪が舞うという時間もあったようです。

 今日は入会している俳句の結社の本部句会。新年1回目の本部句会としては初句会です。
 幸いスコンクは免れ、何気なしに作った句に3点をいただきました。しかし自分としてそれなりに自信のあった句には全く点が入らず、何というか複雑な結果になりました。

 句会の終了後、小生を俳句の世界に引っ張り込んだ、うちのカミさんの古い友人のご夫妻と、うちのカミさんと合流し、句会の会場近くの中華料理店で食事会。
 かなり長時間お店に居て、楽しく歓談いたしました。
 お料理もリーズナブルで美味しかった。お店を予約してくれた、カミさんの友人に感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小さいことは、良いことか?

 こんばんは、チェスです。

 週末金曜日の東京は、大寒波の襲来にも関らず、概ね晴れ・・の筈でしたが、午後は時折雲が張り出してきて、パラパラと小雨が落ちて来るような瞬間もあった様です。ただ全体としてはお天気の崩れという程ではなかったです。

 明日~明後日は、大学入試センター試験が行われます。そのあたりでの大寒波の襲来というのは、東京の会場でセンター試験を受ける人は兎も角として、北関東から北の地方と、日本海側の地域で受ける人は、交通の乱れに要注意とうことになります。まあ、小生如きが言うまでも無く、警戒されているとは思います。

 ところで、今月11日に技術実証として打ち上げる予定であった、JAXAの超小型ロケットですが、明日の14日も打ち上げに必要な天候の条件を満足しない、ということで、打ち上げは無いという発表がJAXAからございました。おそらくですが、上空の風が強いのだろうと思います。

 技術実証のために打ち上げられる超小型ロケットですが、人工衛星の打ち上げに成功した場合には、その打ち上げ用ロケットは世界最小という記録を作ることになるそうです。このロケットはSS-520-4号機というのですが、元々のSS-520というのは「観測ロケット」と呼ばれているもので、高層まで観測機材を運搬し、落下の過程で必要な観測を行うためのロケットです。ベースとなっているロケットであっても、人工衛星が飛んでいる高度まで物を運ぶことはできる。できるのですが、その物を人工衛星にするためには、必要な高度まで運んだ後に、地球の縁に沿う方向で~分かりやすく言ってしまえば、水平方向へ~必要な速度をかけなくてはいけません。この速度のことを第一宇宙速度と言いますが、この速度が足りないと、地球を回ることができずに落下してしまいます。(言い方を変えれば、人工衛星というのは地球の縁に向かって「落ち続けている」とも言える。)オリジナルのSS-520では、必要な速度が得られないので、第3段と第4段を追加して、第一宇宙速度を得られる様にしているということです。これができる能力を持ったロケットとしては、成功すれば世界で最小、というわけ。

 尤も、SS-520-4号機以前の「最小ロケット」のレコードも、日本が持っていて、それは日本で最初の人工衛星を打ち上げたL-4Sロケットです。このロケットは日本で最初の人工衛星の打ち上げに成功したという記念すべきロケットですので、上野の科学博物館で見ることができます。
 さて、冬場の厳しいお天気の中、SS-520-4号機は無事に衛星を軌道に投入し、「人工衛星打ち上げロケットとしては世界最小」のレコードを更新できるでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪掻き

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、今シーズン1番の大寒波が襲来しているということですが、西と北とにある山に遮られて、雪雲が来られない東京では、寒いことは寒いけれども、左程でもないかな~という程度の冬晴れの一日でした。

 しかし昨日あたりから、北からの寒波が南下してきて、更には日本海の積乱雲がやってきているため、北海道、東北の日本海側、北陸では相当の雪が降っている模様です。
 例年、こうした豪雪のシーズンになると、必ずと言っていいほど引き合いに出される青森県の酸ヶ湯では、たったの1日で2mからの積雪があるのだとか。道路は雪に覆われて除雪は追いつかず、そうなると雪が原因で集落が孤立してしまうという事態にもなってしまう。大変なことです。

 先日のお正月には全く雪のなかった、カミさんの実家の山形市も、おそらくですが、この水曜日~木曜日はかなり雪が降っているものと思います。カミさんの実家の場合、玄関から道路へ出るまでのアプローチが雪に覆われてしまうと、外へ出られませんから、ここは必ず雪掻きをしないといけない。確かウチのカミさんは「雪掃き」と言っていた様に思いますが、これは文字通り、箒を持ち出して庭の雪を左右に掃いてどけるので、まあその程度の作業で終わるなら、これは大したことは無い。しかしもっと積雪があって、スコップでどかさないといけなくなると、庭までのアプローチに加えて、家の前の道もちょっと雪掻きをしないと、車の出し入れに困ります。そうなると、これは結構重労働というべきで、腰が痛くなったりいたします。この週末は、そういう方が増えるやもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

漸く記者会見・・

 こんばんは、チェスです。

 今年最初の大寒波がやってくるぞ~と言われていたのはありますが、水曜日の東京はそんなに大した寒さではなかった様に思います。風もさして強くはなかったし、やはりお日様の力は偉大ですね。

 昨年、当ブログでも度々話題にさせていただいてきた、米国の次期大統領のトランプ氏ですが、本日11日(日本時間ですと12日)に記者会見を開くそうです。
 大統領選に勝ってから、初めて記者会見を開くのですね。ではそれまでの諸々の発言というのは、あれは何だ?というと、それは全てツイッターによる「つぶやき」なんですね。

 なんといっても、あれは「言いっ放し」という側面が強い。そこへいくと、ジャーナリストを前にしての一問一答はかなり様子が変わってくると思います。果たしてどんな形で自分の言葉で話すか。かなり注目を集める記者会見になるのは、これは間違いないものと思います。

 ところで、本日打ち上げが予定されていたJAXAの超小型ロケットによる衛星打ち上げは、天候(風)による影響が強いということで、直前に延期となりました。14日以降になるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワタナベさん

 こんばんは、チェスです。

 連休明けの火曜日、なにやら天気予報では、今シーズン最初の大寒波が来襲するとか言われていましたが、未だ今日の所は大したことはありませんでした。
 それにしても、年末からゲホゲホとやっていた小生の風邪っぴき、医師が処方する薬はさすがに良く効くなあと感心していたは良いのですが、薬が無くなって(珍しく、処方された分を全て飲み切った)もう治ったと安心していたら、どうも今朝あたりは、起床してすぐに咽喉がイガイガとしていて、よろしくありません。
 中々、「全快宣言」といかないもので、困ったことです。

 世の中には、難読な姓をお持ちの方がいらして、読みを伺って感心することが多いのですが、それとは別にやっかいな方々がおられます。
 その一つが「サイトウ」さんで、齋藤、斎藤、斉藤と「サイ」の字が色々変わる。

 そして今一つが「ワタナベ」さんで、こちらは渡辺、渡部、渡邉、渡邊と、下の漢字の方が色々ある。2番目なんて、「ワタベ」さんもいるし、「ワタナベ」さんもいるしで、更にややっこしい。
 実は小生の勤務先にも、漢字の異なる「ワタナベ」さんがおられます。単語登録という便利なものがありますから、勤務先はまあ大丈夫ですが、取引先関係の方で「ワタナベ」さんが登場すると、ちょっと緊張しますね。
 日本は、漢字文化を後生大事にしていますからねえ。本家の中国では、一応漢字は残っているけれども、バッサリと簡略化してしまっていますから、こういった面倒はないものと推測します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«あんみつ