新型肺炎

 こんばんは、チェスです。

 金曜日の東京、曇りがちでしたが、どうやら昨日雨を降らせた雲は東へ抜けた様で、一日雨はありませんでした。
 中国は春節という、旧正月になるのかな、お休みに入るので、そのお休みを利用して帰省する人や外国へ遊びに出かけるひとで「春節大移動」などと言われる時期になりました。
 ところが今年は、毎日ニュースのほとんどトップ扱いになっている新型肺炎の流行の震源地、こいつが中国の武漢という大都市なので、それでは中国から大勢の観光客が来日したら新型肺炎も拡散されてしまうのではあるまいか、とビビっている人も多いです。
 問題は、今回のこのウィルスによる肺炎が、どういった経路で感染して広がっているのかということですね。もちろん現地の衛生当局でも調査は行われていると思いますが、現実問題としては現地では大勢の患者への治療が最優先になるでしょうから、原因や感染ルートの特定は直ぐには進まないでしょうね。
 報道番組でも色々な人が解説していますが、「人から人の感染」があるのかが大問題。現地の医療関係者が感染しているという情報もありますから、してみると「人-人感染」が全くないとは言えない様に思われます。
 そのためでしょうかね、感染の急拡大を防ぐために、武漢市からの人の移動を禁止する措置が取られた模様です。日本の新幹線に相当する高速鉄道の駅や空港が封鎖されたと。これは北京政府の指示で現地の地方政府が実施したのでしょうが、人々の移動を禁止してしまうとはすごい強権発動ですね。何せ武漢は人口1100万人の、日本で言えば東京、大阪クラスの大都市です。その都市の移動手段を止めてしまえば、どれだけ大きな経済的な影響がでるかはわかりません。が、それをやらないといけない位に感染が拡大する虞れがある、と当局が考えているとすれば、我々が報道で知り得ているよりはるかに状況はヤバいということかもしれない。軽々にうっかりしたことは言えませんが、まずは感染者数の増加率が低くなればと思います。

| | コメント (0)

焼飯屋

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、天気予報通り、雨の一日になりました。小生が出勤した時には未だ辛うじて降ってはいなかったのですが、王子駅を降りると降り出したところで、傘をさしました。雨は夜まで残りましたね。

 小生が会員となっている俳句結社に用事があって、昨日の夜は神保町に出向きました。用事は1時間程で済みましたが、帰ってから夕食を用意するとなると遅くなってしまうので、神保町で食べてしまうことにして、さてどこに行くか。この界隈は学生街であることもあって、比較的安めの飲食店がたくさんあります。
 いつもなら大戸屋に行くところでしたが、大戸屋は火曜日に入ったばかりであって、また行くのは芸がない。で、神保町の交差点近くの「焼飯屋」に入りました。中国の人(台湾かもしれない)がやっているお店で、文字通りのチャーハンの専門店です。ただ同じ建物の2階には餃子のお店が入っていて、サイドメニューにある餃子は2階のお店の奴を出しているのかもしれない。
 チャーハンは小生の好物であって、ここのチャーハンもまずまず美味しいと思うのですが、結構分量が多いです。これは書いた様に、お店が学生街に立地しているため、というのが大きな理由かな。

| | コメント (0)

大戸屋のハンバーグ

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、昨日までの晴天ではなくなりましたが、未だ今日のところは雨はございませんでした。
 お天気が崩れるのは明日あたりからかな。冬型気圧配置が崩れたとは言っても、それなりに寒くはありましたけれども、これはお日様が雲に隠れたためでしょうか。

 昨晩は水泳部の活動日でしたので、会社帰りにプールに寄って、一と泳ぎいたしました。と言っても真面目に練習をしている訳ではなくて、小生の場合にはノルマ1500mをダラダラと泳いで引き上げるのが通常です。ダラダラ泳いでいるだけなので、あまり効果は無いかもしれませんな。
 で、帰りは最近では大戸屋に寄って夕食を済ませてしまうことが多い。で、大戸屋のメニューに何時頃からか、新しくハンバーグが加わりました。大戸屋は基本的には和食の定食屋ですから、洋食系のメニューは少ない。でもまあ唐揚げだとかカツだとかはありましたけれどもね。何故かハンバーグは無かった。
 新規追加になったハンバーグメニューは3種類で、ソースが異なるのですね。お値段は大戸屋としては高めで、一番安い奴で千円ちょいです。小生が同じく愛用している松屋のハンバーグ定食のほぼ倍だ。
 ですが、大戸屋の作ったハンバーグというのに興味があって、食べてみました。一番安い「きのこ野菜のトマトソース」というハンバーグ定食。さて来ましたよ、お皿一杯にハンバーグと付け合わせとキャベツが載っています。ハンバーグはなかなか大きいです。ソースは好みで選べばよいと思いますので、ハンバーグ本体について言えば、小生は非常に美味しいと思いました。豚牛の合挽のひき肉ですが、通常肉を食べない小生が言うのも変ですが、お肉の旨味が感じられます。脂の旨味と言ってもいいかな。トマトのソースも真面目に作っている。
 ハンバーグが大きくヴォリュームがあるので、お箸で食べるのが難しい。小さなお匙が付いているのですが、いっそナイフとフォークが欲しい。仕方ないのでしょうけれどもね。
 これでお値段を千円未満に抑えてくれれば文句無しですが、久しぶりに大戸屋らしさが出たかな、と思いました。

| | コメント (0)

冬型長続きせず

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、朝から快晴で、しかし昨日よりは気温は低め、というのも北寄りの風が少々強く吹いたためでした。関東地方の東京など太平洋岸は、冬になるとこういうお天気が多くなるのですが、それは所謂「西高東低の冬型気圧配置」という天気図に表現される気象条件が多いからなんですね。
 日本の東に低気圧があるので、等圧線は南北に何本も通り、大陸から日本海を渡って冷たい風が吹いてくる。すると日本海側では豪雪となり、山を越えた太平洋側までは雪雲が来られないので、冷たい乾燥した風が吹くというわけですね。
 今日は、そんな気圧配置になっていました。ただ、これはどうやら今日限りであって、明日あたりからはまた西から低気圧が進んで来て、太平洋側で雨を降らせるよと、そんな天気予報になっています。
 冬の寒さに弱い小生は、「冬型が続かない」というのは寧ろ歓迎ですが、雪が少ないスキー場などは困った状況らしい。来週一週間で早くも1月が終わりますが、感覚的には2月も冬の続きではあります。おそらく向こう1カ月くらいは寒さは続くことでしょう。

| | コメント (0)

アメリカの有人輸送が復活

 こんばんは、チェスです。

 週明け、月曜日の東京は晴れて気持ちの良い一日でした。

 ところで、アメリカのイーロン・マスク率いる「スペースX社」による有人宇宙機「クルードラゴン」が緊急脱出試験を行い、成功したとのニュースがありました。
 「クルードラゴン」は、既に無人状態での打ち上げでISS(国際宇宙ステーション)へのドッキングと、地球への帰還に成功しており、今回の緊急脱出試験の完了で、いよいよ宇宙飛行士を乗せての飛行が近づいたと考えられます。一方のボーイング社の「スターライナー」は無人による飛行試験で所定の軌道に乗ることができず、ISSにはドッキングできずに地球に帰還したという状況ですので、2020年初頭の段階ではスペースXが2歩位は先に行っていると言えるでしょう。
 アメリカの有人宇宙輸送システムであるスペースシャトルが飛行を終えて、全機が退役してしまってからこっち、ISSへの宇宙飛行士の輸送はロシアのソユーズ宇宙船におんぶにだっこ状態でした。アメリカ自身も、自前の輸送システムを持ちたかったでしょうが、政府はその開発を民間企業に委託してしまっていたのですね。
 NASAの長官は、「クルードラゴン」による宇宙飛行士の初登場の時期を明言してはいませんが、ここまでくれば遅くとも今年中には宇宙飛行士が搭乗した「クルードラゴン」がISSに向けて打ち上げられるのではないかと予想します。アメリカの有人輸送システムの復活ですね。

| | コメント (0)

探梅

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の東京、昨日のお天気から一変、朝から快晴の空が広がり、午後になると多少雲が広がりましたが、気温も昨日よりはずっと高く、気持ちの良い日曜日でした。

 午前中は、例の昔の治療跡をやり直す歯医者の予約が入っていて、今日は新しい被せ物のための型取りです。で、問題の左の上の歯ですが、歯と歯の間の隙間から虫歯になってしまった所を治療したため、2本の歯が治療されているのです。
 新しい被せ物も保険適用でお願いしましたが、奥の歯の方は金属しか選択の余地は無いのだそうです。但し手前の歯の方は、ハイブリッドセラミックスという材料の被せ物にすると、自前の歯と同じような色になって目立たないとの事で、それをお願いしました。
 あと一回行けば終わりそうです。

 歯医者が終わるともう昼近かったのですが、北千住へ行ってカルディで買い物をして、約1年振りで柳原千草園へ行ってみました。
 今年は暖冬なので、ひょっとするともう梅が綻んでいるかも、と思ったのですが、さすがに梅は未だ咲いていませんでした。

 三椏の花、木瓜などは咲いており、蠟梅も結構咲き誇っておりました。
 今週は空振りに終わりましたが、来週あたりは探梅、いいかもしれません。

| | コメント (0)

とうとう暖房を起動

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京、予報通りに朝から雨がパラついていて、しかし予報では午前中には上がるということでしたが、この雨意外にしぶとく、昼頃には雨が霙交じりになり、雪になって舞う様になりました。というのも今日の東京は気温が低く、家の中でも震え上がる様な有り様でしたので、今日はとうとうリビングルームのエアコンを入れるハメになりました。
 今年は暖冬傾向ということで、小生の家でも昼間お天気が良ければ南に面しているリビングルームはお日様で気温が上がり、お陰様でエアコンの厄介にならなくとも大丈夫だったのです。
 ただ今日は寒かった。仕方なしにエアコンのリモコンを手に取り、スイッチを久しぶりに入れると、運転は「冷房」になっておりました。

 今日は最後の大学センター試験、この雪で学生諸君は大丈夫だったかな。例年、センター試験の日はよく雪が降るのだそうですが、今年もその例に洩れなかったですね。

| | コメント (0)

口の端を切る

 こんばんは、チェスです。

 金曜日の東京、天気予報では西から南岸低気圧が近づいているという事でしたが、今日の所はまだ怪しい空模様にはならずにすみました。今夜遅くから明日の午前中にかけて、気温によっては東京でも雪が降るかもということの様です。
 男でしたら、脱毛処理でもしない限りは定期的に、まあおそらくは毎日髭剃りをしていると思います。
 小生の場合には、朝起きると概ね最初に行う作業でして、洗面器にお湯を溜めて、顔をお湯で濡らした後にシェービングフォームを塗りたくって、ジレットの髭剃りで剃っております。
 で、かみそり負けというのか、所謂口ひげの部分の右の端、ここをよく切ってしまうんですね。切るといってもほんの小さな傷ができるだけで出血するとかはありません。(あったら髭剃りが問題だと思う)しかしその、ほんの小さな傷でも、場所が口に近いので、物を食べようとして大きく口を開くと、そこが気になる。で、前回は、傷にオロナイン軟膏をちょっとつけて対処していたんですね。で、どうやら治ったな、と思ったら、また今朝やってしまった。またやり直しです。同じ所を切ってしまうので困ったものです。

| | コメント (0)

地球温暖化

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、曇り空でしたが、雲は高くお天気の崩れはありませんでした。明日あたり東京のお天気は下り坂になるのでしょうかね。以前にも書いた様に、真冬にも関わらず冬型気圧配置が定着せず、既に春の様に周期的な天気の変化があり、数日おきに雨が降ります。
 国連には、世界気象機関(WMO)という専門機関があり、ここからの発表で「2019年は史上2番目に気温の高い年」というニュースが流れておりました。
 産業革命以降、地球に排出される二酸化炭素はじわじわと増えており、特にこの30年位のスパンで見ると相当の積算量になっています。二酸化炭素は代表的な温室効果ガスであり、二酸化炭素の濃度上昇は地球温暖化の原因になっているというのは、多くの学者が唱えている現在の学会の主流の学説です。もっとも、米国のトランプ大統領のように「そんなの関係ねえ」という人もいて、そのためアメリカは温室効果ガスの削減を目的としているパリ協定から離脱してしまいました。
 温室効果ガスの濃度と地球の平均気温の上昇は、どうやら相関関係があることは確からしく、そのため「何とかしなくてはヤバい」という世界的な動きになっている。何せ平均気温の上昇により、グリーンランドや南極という「地面の上にある氷」が海に溶け出すと、海面上昇につながり、太平洋の島嶼国家などは国が消滅してしまう、とまで言われているのですからね。ただ、今年トランプ大統領が再選されてしまうと、「そんなの関係ねえ」は変わらず続くと思われますから、二酸化炭素排出国としても大国アメリカが、その削減に応じてくれないと。困ったものであります。

| | コメント (0)

暖冬

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、朝、小生が出勤する時間帯は雨が残っていて、しかし傘をさすほどでもないという程度でした。天気予報でも東京の雨はやがて上がると言っていました。しかし午前中は中々回復せず、一度上がりかけた雨がまた降ってきて、結局お天気が回復したのではお昼頃ではなかったかと思います。
 それにしても、今シーズンの冬は暖冬です。いつもの年の東京の冬はと言えば、乾燥した空気に冷たい風で、会社の中で歩いているとすぐに静電気が発生し、あちこちでパチパチとスパークが来るのですが、今年はこの静電気があまり来ません。これは本当にありがたい。暖冬の影響は、別に東京だけのことではなくて、札幌雪祭りの会場では雪像作りのための雪が足りないとか、確かニュースで言っていましたし、スキー場ではゲレンデに雪が無いという話も聞きます。
 未だ2月を残していますから、これから本格寒波がくるとも限りませんが、寒さに弱い小生としては、この感じでこの冬をやり過ごすことができればありがたいです。

| | コメント (0)

«成人の日