まいばすけっと

 こんばんは、チェスです。

 週末金曜日、東京はどんよりと曇り空で、いつでも雨が落ちてくるという空模様でしたが、意外にも持ち堪え夕方までは曇り空ですみました。

 おそらくはこの1年~半年位の間ではないかと思いますが、小生が毎日通っている勤務先(北区王子)の周辺には「まいばすけっと」のお店が次々と開店しています。中には「こんな近くに新しく開店して、食い合いになってしまうのではないの?」と思う様な位置関係にあるお店もあります。

 「まいばすけっと」とは、ご存じない方はいないかもしれませんが、一応説明しておきますと、イオンが運営しているミニスーパーであって、コンビニよりは生鮮食品などの充実度が高い、という品揃えです。大きなスーパーとコンビニの中間と言えばわかりやすいでしょうか。営業時間は、コンビニの24時間営業に対して、それよりは短い様に思いますが、それでも結構朝早くから営業しています。ただ店舗によって営業時間は異なる様です。
 小生などは、「如何にも中途半端な存在」に見えてしまうのですが、業績の方はどうなのかな。ターゲットにしている客層はどんなあたりなのでしょうか?

 ところで、綾瀬駅近くの廃業してしまったパチンコ屋の後、どうなるのかな、と注目していた所、どうやら後に入るお店が決まったらしく、中の工事が進んでいます。この間、ちらっと中が見えましたら、たくさんの商品棚がぎっしりと並んで配置されていましたから、何かを売るお店ができるのは確からしい。コンビニにしては少し広い店舗になるから、ひょっとすると「まいばすけっと」か、あるいは100均ショップか、でも綾瀬駅周辺は100均は既にたくさんあるのですよ。
 

| | コメント (0)

パレードは延期

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、朝の情報番組では「帰りが遅くなる人は傘をお持ち下さい」ってな予報だった様に思うのですが、午後3時頃には小生の勤務先では雨が降り始めておりました。今日の所は雨雲の進み方を見誤ったのかもしれませんね。どうもこのまま週末土曜日までお天気は悪いみたいです。

 本日は、毎月第3木曜日開催の句会。今月は本部句会が台風襲来のため中止になったので、10月2回目の句会です。間隔が空いて余裕ができたは良いが、だからと言って良い句ができるというわけでもない。この句会は小生は度々スコンクを食っていて、鬼門でもあります。今日はどうかな。

 ところで、来週火曜日に迫ってきた、新しい天皇皇后両陛下のパレード「祝賀御列の儀」が、どうやら延期になりそうです。官房長官からは未だ「延期」という発表は無いのですが、「政府は延期の方向で調整に入った」という報道がありますから、まあ間違いなく延期されるでしょう。これは台風19号の災害対応で人員が割かれている現状では、警備に多くの人が必要なパレードは難しいということなのでしょう。
 ただ、「即位礼正殿の儀」「饗宴の儀」は予定通りに行われるということですから、外国からやってくるお客様は予定を変えないでいいですね。

| | コメント (0)

ヤリス

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、朝からかなり厚い曇り空で、テレビからの「傘を持ってお出かけ下さい」との言葉に素直に従って出勤しました。気温もだいぶ下がって秋が深まってきた、もうこれからはさすがに半袖シャツの出番はなさそうに思われます。

 日本と、海外とで、商品名を変えているというケースは、まま見られます。日本語ではなんの問題も無い商品名でも、外国へ持っていくとその名前はちょっと不味い意味が生じるとかいうのが多いケースでしょうかね。
 トヨタ自動車のエントリーカーとして、長らく親しまれてきた「ヴィッツ」ですが、このクルマの名前も外国では「ヤリス」になっておりました。トヨタ自動車は、今回のヴィッツのフルモデルチェンジに合わせて、日本でも「ヤリス」の名前で売る、つまり「ヤリス」に統一すると発表いたしました。

 日本におけるモータースポーツは、実のところあまり人気が無く、注目されるのはF1くらいでしょうか。ところが海外ではラリー、その世界選手権=WRCは世界中を回る人気のモータースポーツになっておりまして、この分野ではトヨタヤリスは大活躍をしております。ただ、国内ではヴィッツ登場からかなりの年数が経過しており、この名前にすっかり馴染んだユーザーも多いはずです。さて、WRCでは栄光の「トヨタ ヤリス」が日本の市場ではどうなるか、大いに見ものです。

| | コメント (2)

CS廃止が叶わぬなら・・

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、昨晩の雨は朝には上がって、一応お天気は回復してきました。ただ、にわか雨はまだ所々で降っている様でした。

 台風19号は13日の日曜日の午後には、日本からは離れていったのですが、未だ昼のNHKニュースには主に東日本のあちこちの水害による台風被害がかなりの分量をもって報じられていることからも、あの台風は相当の爪痕を残していきましたし、その意味では自民党の二階幹事長の例の発言は不用意というか認識が浅かったと責められても仕方ないですね。

 さて、ラグビーワールドカップもサッカーワールドカップの2次予選も世間の注目を集めていますが、日本のプロ野球も、大詰めの日本シリーズが週末に開幕します。セ・リーグはペナントを制したジャイアンツが順当に出てきますが、パ・リーグはペナント覇者のライオンズを4連勝で倒したホークスが昨年と同様に登場です。
 で、少し前に書きましたCS廃止論を、しつこくまた書くわけです。
 もう、CSという仕組みというかルールというかシステムは、日本のプロ野球ファンには定着しているんだから、今更なにを言っても無駄だ、というか興行主の方が何らの問題意識を持っていないのだから、外野がいくら大声を出しても仕方ない、というのは確かだろうと思いますが、毎年おかしい、と思っているので、やはり書きたい。

 たぶん、日本プロ野球機構の方だって、「CSなんて止めろ」みたいな声は知らない筈はないです。外野とは言え元選手の評論家などからも同じ意見を聞きますし、ネットでちょっと「CS不要論」で検索すると、そんなことを書いているブログがボロボロ出てきます。そういうことを書いているブログのコメント欄を読むと、これが見事にCS廃止に賛成コメントが圧倒的に多い。やはり「ペナント終了後に3位のチームでも日本シリーズへの出場チャンスがあるのはおかしいし、それで勝ったチームが日本一、というのも納得できない」ということでしょう。小生もそれに同感です。
 CSは最初はパ・リーグで始まりました。どうしてもパ・リーグは人気でセに劣るので、何か盛り上がることをやりたい、特にペナントレース終盤での消化試合を無くしたい、というのがCS創立の動機でしょう。これはとにかく興行的には成功し、セ・リーグも追従して、今やプロ野球の一風景になってしまった。そして興行側としてはCSは結構美味しい興行なので、色々言われても今更止めるということはあり得ないらしい。プロ野球というのは結局のところ人気商売で、儲かってナンボなのです。ならば、CSの勝者同士の日本シリーズというのは、名称を変えて、CSファーストステージ、CSセカンドステージ、CSファイナルステージ(これが旧日本シリーズに相当)とかにして欲しい。下剋上で上がってきて、日本一というのはこれはやはりおかしいので、せめて名前だけでも変更してもらいたいと思います。

| | コメント (0)

生鮮食品

 こんばんは、チェスです。

 週明け、というか世間的には本日は「体育の日」で休日なんですが、小生の勤務先は出勤日でしたので、空いている電車で出勤しました。朝から雨がパラパラ落ちてくるお天気で、これが一日続きました。
 先日ISS(国際宇宙ステーション)への物資輸送に打ち上げられた「こうのとり8号」ですが、7号に引き続いて日本産の野菜や果物といった生鮮食品が輸送品の中に入っていたそうです。現在ISSに駐在している宇宙飛行士たちがその荷物を開けて喜んでいる様子の写真が、JAXAのサイトに掲載されていました。

 大きな粒のぶどう、パプリカ、みかんなどが宇宙飛行士の前でぷかぷかと浮いている様子は、やっぱりあんな感じになるのか、と思う反面、自分としては宇宙には行けないかな、とも思ってしまいます。「ガンダム」の世界ではありませんけれども、最早「地球の重力に囚われた人間」になってしまったのですね。将来人間が宇宙で暮らすということになれば、それは年齢が若いほど適応力が高いということになりませんかね。

 で、目下のところは、こうのとりが輸送した様な生鮮食品は、宇宙では作れないのですかね。人工の重力と光と水があれば何とかなりそうには思いますけれどもね。

| | コメント (0)

河川氾濫

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の東京、もう明るくなる段階から、昨夜の台風の風雨は感じられない、文字通りの台風一過の青空が広がっておりました。
 おりましたが、大雨の被害は関東地方のあちこちの河川で発生しており、どうも今回は北関東の方が河川の氾濫の被害が大きい様に思われました。これはやはり、カムチャツカにあった低気圧から延びる前線が雨雲を伴っていて、北上してきた台風19号の外側の雨雲と一緒になって猛烈な雨を降らせ、しかもその時間が長かったというのが原因なのではないでしょうかね。

 いずれにしましても、河川の氾濫などで大きな被害のあった地域の皆さまに心よりのお見舞いを申し上げます。

 さて、元々稲刈りの予定のあった日曜日の予定が無くなり、お店を開いているかどうかわからなかったものの、そろそろ行かねばならない床屋に行ってみますと、ちゃんと営業しておりました。ま、さすがに日曜日で混んではおりましたが、のんびり週刊新潮などを眺めながら待っているのも良いものです。小生の頭をやっていただいたスタッフの方に訊いてみると、やはりというかお店を開けた時には社長ともう一人2人しかいなかったそうで、お昼頃にようやく揃ったそうです。

 無事に床屋を済ませて、こちらもだいぶ間隔が空いてしまったスポーツクラブのプールに行きました。このままですと、単に会費を納めているだけの超優良会員になってしまいますから、それは避けないといけません。兎に角泳いで、マッサージプールも使い、お風呂にも入って引き上げました。

| | コメント (0)

ついに襲来19号

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京、今日のところは午後位から風雨が酷くなるのかな、と思っていましたが、朝から既にして台風モードで、時折の横殴りの雨と強い風で、これではちょっとコンビニへ買いに行く、という気もしなくなる状態です。昼を過ぎるといよいよ風が強くなり、雨の方も本格的になってきました。
 足立区で大きな河川というと、まずは区の中央部を流れる荒川、まあ正確には荒川放水路という人工河川ですが、これが大きい。それから東の方に葛飾区との区境を流れる中川が大きいかな。あとは綾瀬川などの中小河川になります。

 荒川放水路は、相当な豪雨でもめったなことでは氾濫はしません。岩淵水門で本来本流だった隅田川と分けていますし、さらに上流部にはいざという時のために貯水池も設けられていたと思います。
 ただ今日の場合は、その「めったなこと」に近くなったのか、足立区や葛飾区、国土交通省の関東整備局だったかな、これらの行政から、川がヤバいので高い階に避難しろ、というエリアメールが飛んできました。このメールはたまにしかきませんが、マナーモードを無視して音を鳴らしますので、最初は驚きますね。

 午後の段階で、このメールですから、上陸してきたらどうなることかと思っていたのですが、まあ風は酷いものの、荒川の方はどうやら持ち堪えてくれた様です。
 ただ、神奈川県の相模川や都県境の多摩川など、厳しい状態になっている川が多く、今回の台風はどうも雨の方がひどいという印象です。

| | コメント (0)

大川小学校行政訴訟の判決確定

 こんばんは、チェスです。

 週末金曜日、東京は、昨晩雨が降ってきたのですが朝にはその雨は一応上がり、しかし夕方にはポツポツと雨が落ちてきました。おそらくこいつは、いよいよ台風19号の端っこの雲がかかりだしてきたものと思います。

 台風19号接近中でなければ、もっと大きく扱われていたであろうニュースが本日ありました。東日本大震災の津波被害で、宮城県石巻市立大川小学校の児童と教員が犠牲になったのですが、遺族が石巻市と宮城県を訴えた行政訴訟の判決が、原告勝訴で確定したのです。具体的には、仙台高裁の2審判決を最高裁が支持し、市と県の上告を棄却したということです。
 確かここの記事にも書いたと記憶しておりますが、数年前の夏、小生は以前お世話になっていた水泳のコーチ(そのコーチは当時震災復興事業に携わっておられた)のご案内で、この大川小学校の遺構を見学させていただきました。津波が遡上してきた北上川は確かに大河ではありますが、大川小が立地していたのは河口から3キロは距離があったと記憶していますので、おそらくですが地震が発生した後、大津波警報が発令されたことが知りえたとしても、その津波がすぐにも北上川を遡上してくるという想像が、先生方に働かなかったということなんでしょうね。とすると、防災マニュアルに不備があったというのは致命的なミスだったと指摘されても、これは仕方ない。それが故にこの小学校で多くの児童と先生が犠牲になってしまったのですからね。
 刻々、台風19号が北上してくる本日ですが、平時においての防災対策は、本当に重要であるという判決確定であると思います。

| | コメント (0)

いよいよ北上してきた

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、朝の情報番組では「今日までのところはまだ晴天が持ちますから、洗濯を済ませて下さいね」と気象予報士が言っていまして、その通りで昨日ほどの青空ではなく薄雲はでてきたものの、基本的にはお天気が持ちました。
 今年もノーベル賞ウィークがやってきて、医学・生理学賞と物理学賞には日本人は受賞できなかったものの、化学賞で吉野彰さんが受賞されて、まずはめでたいです。この方の肩書はどのように書いたらいいのかな?旭化成名誉フェローでいいのかしらん。受賞理由が、今や身近なリチウムイオンバッテリーの開発に関する研究成果であるので、誰もがそのお世話になっていて、「それなら凄い人だ」と素直に誇りに思えますね。

 昨日の記事に書いた様に、日曜日の稲刈りはやはりというか、中止となった旨、お誘いいただいた方からメールが来ました。まあ当然というか、妥当な決定であって、とても決行はできない状況です。
 本日の気象庁の天気図を見ますと、日本の北のカムチャツカ半島に、かなり発達した低気圧があって、これが昨日は北海道に相当雨をふらせたのですが、この低気圧から前線が南に延びています。で、その先っぽあたりに、いよいよ進路を北に向けた台風19号がおりまして、明日の深夜あたりには台風の雨雲と前線の雨雲が繋がって南北に長く雨雲の帯ができてしまいます。そうなると、結構豪雨の時間が長くなるかもしれない。加えて台風の通過時には猛烈な風が吹くので、おそらく今回関東地方には相当の被害がでるかもと思われます。停電断水位には備えないといけませんな。JR東日本も土曜日~日曜日は計画運休をする予定だそうです。

| | コメント (0)

稲刈りは絶望的か

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、朝からすっきり青空が広がり、これ以上は望めないというくらいの晴天が一日続きました。

 こんな良いお天気ではありますが、マリアナ諸島を通り過ぎて不気味に進路を西から北寄りに変えつつあるのが台風19号です。日曜日に書いたのだったか、小生は今週末の日曜日に稲刈りに誘われていて、楽しみにしているのですが、どうもこうもこの台風19号の進路予報では土曜日あたりに関東襲来ということになりそうです。
 日曜日にはおそらくこの台風は日本の東の海上に抜けるので、お天気は悪くても曇り空くらいには回復するのではと思うのですが、何分催しの内容が「稲刈り」なのです。猛烈な台風がやってくると、稲はなぎ倒されてしまうでしょうし、豪雨で田圃が冠水してしまうと、これまた作業は難しい。つまりは日曜日のお天気というより、その前の土曜日で既に稲刈りはできません、という判断になる可能性があるみたいです。
 私たちは農業体験をさせてもらいに行くのですが、農家の立場としては、強力な台風が来るのがわかっているのならばその前に稲刈りを済ませてしまおう、という判断になろうかと思います。いずれにしても、気象庁の進路予想通りにこのタイミングで台風が来れば稲刈りはできないということになりそうですね。

| | コメント (0)

«漁船?