オフの無い大相撲

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、朝のうちは雲が多かったのですが、天気予報の通り、東京の天気は急速に回復して午前中に青空が広がりました。
 ところで、何時ものように昼のお弁当を食べながらNHKニュースを見ていると、大関の高安が休場になり、再出場の可能性が無いことから、このままでは負け越し、高安は今場所はいわゆるカド番であったために、大関は陥落になると報じられておりました。

 高安に限らず、大相撲の関取は場所中の怪我は元より、自身の体重を支えないといけない足腰への故障との闘いと言えるかもしれません。現在大相撲の本場所は、皆さんご承知の通り、奇数月の1、3、5、7、9、11月に開催されており、つまり年間6場所です。更には本場所の間には地方巡業と呼ばれる興行がありますから、他のプロスポーツでは存在する「シーズンオフ」という期間は殆ど存在しないと言ってよい。
 これでは、故障や怪我のために身体をケアする時間が取れない。横綱以外の関取であれば、高安の如くに折角掴んだ地位を降格になってしまうし、降格の無い横綱の場合には引退に追い込まれるということになる。
 小生如き、相撲の素人が外野として見ていてもこのように感じるのですから、日本相撲協会が改善の必要性を考えていないわけは無いと思います。思いますが、本場所が増加してきた歴史を考えると、興行収入面からも今更本場所数を減らしてシーズンオフの期間を設定する、なんていうことは絶対やらないでしょうね。
 であるならば、次善の策として関取に上がった力士であれば、1年間で最低5場所は出場しなくてはならないが、任意の1場所は本人の意思で休場可能として、その場所については休場扱いにはならないとしたらどうでしょうか。一般的に会社員ならば、お休みしても給料は支払われる「有給休暇」が付与されるのですから、相撲の如き激務のプロスポーツならばその位の権利があっても良いと思いますね。

| | コメント (0)

山陽新幹線の発車メロディー

 こんばんは、チェスです。

 週明け、月曜日の東京、朝はかなり厚い雲に覆われていて、実際午前中はパラパラと雨が落ちてきたようですが、昼間は持ち直して曇り空で持ち堪えていた一日でした。

 先週末の広島出張で、鉄道関係の記事ばかり書いていて恐縮ですが、本日もその続きです。ま、そろそろ止めます。

 広島で新幹線を降りた時には、広島行きののぞみ号だったので気が付かなかったのですが、岡山へ移動するために広島からさくら号に乗車しようかという時と、岡山で降りてサンライズに乗り換えようとした時に、新幹線の発車メロディーに「銀河鉄道999」(ゴダイゴの曲の方)が使われているのに気が付きました。下り列車には、Aメロ、上り列車にはサビの部分が使用されている模様です。
 関東では、西武池袋線の大泉学園駅で使われているということでしたが、JR西日本の山陽新幹線では、新大阪駅を除く、全列車停車駅(つまり主要駅)で999が使われている模様で、これはかなりの規模の採用ですね。
 999は、威勢の良いマーチに編曲しやすいようで、良くブラスアンサンブルや吹奏楽による編曲で聴くことができます。自衛隊のお祭りで、音楽隊が良く「ヤマト」と繋げて演奏しています。でも、まあなんと言っても親和性が高いのは鉄道においての使用なんでしょうね。

| | コメント (0)

東海道本線

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の東京、昨日に引き続き、洗濯日和とでもいうか、朝から青空で気持ちの良い一日でした。
 昨日の記事にちょっと触れました、広島から岡山まで乗車したJR九州の車両の新幹線「さくら」の座席が豪華だった件ですが、後から調べましたところ、さくら号の車両の全てがあのような豪華仕様のシートなのではなくて、指定席車両のシートがまるでグリーン車の如きシートなのだということです。
 座席の指定料金は実のところ大したことはありませんから、その差額であのような快適なシートに座れるならば、仮に自由席に十分座れる列車だったとしても、座席指定を取る価値は十二分にありますね。その位豪華なシートでした。

 で、一昨日の出張の往き、広島まで行く手段としても飛行機ではなくて、広島行きの新幹線「のぞみ」に乗っていったのですが、大阪までのいわゆるJR東海の区間、時折在来線の電車と並走していて、静岡と浜松の間の区間であっても、在来線~東海道本線ということになりますが、そこを走っている電車が、3両編成とか、非常に短い編成の電車であることに驚きました。
 東海道本線、とは言っても、東京と、名古屋・大阪という巨大都市を結ぶ役割は、もはや完全に新幹線に移ってしまって、在来線の役割はローカル線のそれになってしまったということなんですね。静岡県の県庁所在地の静岡市と、西の大きな産業都市、浜松市を結んでいる路線区間であったとしても、電車は3両繋いでいれば十分足りてしまう、というのは、何とも、この区間の交通が、鉄道から自動車に移ってしまっていて、衰退している様子を見せられてしまい、鉄道ファンとしては何とも寂しい気持ちになりました。

 

| | コメント (0)

喫煙の臭い

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京、朝からすっきり青空で、風も無かったので申し分のない好天の一日でした。

 仕事で広島に出張に行き、時間の都合で帰りに寝台特急「サンライズ瀬戸」に乗って帰京しました。時間が遅くなりそうだったための帰京手段ですが、一泊して今日帰るということも当然選択肢としてはありました。ただ、機会がなければなかなかわざわざ乗る機会も無さそうな列車で、更に今後いつまでも存続しているか?というと、それも疑問であったので、チャンスと思ったのは確かです。

 サンライズに乗るとすれば、広島から岡山には新幹線で移動しておく必要があり、「さくら」という九州新幹線の車両が来たのですが、この車両は普通車指定席であっても2列2列の4列配置の座席で、シートも中々豪華なもので、まるでこれはグリーン車?と思う様な作りでした。

 さて、サンライズなんですが、金曜日夜のサンライズは人気らしく、喫煙ができる部屋しか予約ができなかった。その顛末は8日の記事に書きましたね。消臭スプレーを買ってから乗車するつもりが、結局見つけることができずに、乗車することになった次第です。

 シングルB寝台という、個室の寝台は、寝るだけと割り切れば十分な広さで、横になって、寝返りも打てるベッドというのは、これはやはり夜行バスの座席と比べても、圧倒的に快適です。一人だけの個室というのも良いですね。
 ただ、繰り返しになりますが、喫煙可というのが、これはやはり臭いが残っていた。しかも、この車両に入ったとたんに強烈なタバコの臭いがしました。夜中に、タバコを吸って自分の煙で激しく咳き込んでいる音が聞こえてきたのですが、それほどまでにタバコを吸わなくてもいいじゃないの、とも思いますが、たぶん推測するに、止めたくても止められない、ニコチン中毒になってしまっているのでしょうね。

 高々一晩だから我慢しましたが、次回サンライズに乗る機会があるとしたら、万難を排して、禁煙車両を予約しよう、と固く誓った次第です。

| | コメント (0)

桜を見る・・の続き

 こんばんは、チェスです。

 週末金曜日、東京でも朝晩が寒くなってきましたが、お天気は概ねよかったです。

 昨日書きました「桜を見る会」騒ぎに関する感想の続きです。
 国会での発端は、日本共産党の田村議員の質問ですよね。ただ、この会自体は毎年の様にやっていて(総理によっては開かれない年もあったし、震災で中止された年もあった)ニュースとしては春の風物詩の一つくらいにしか流れなかった。今年の開催の後、日本共産党の議員から刺されるというには、こいつはやはり目立つことがあったとしか考えられませんね。

 状況証拠だけですが、どうも法に触れる可能性がある、黒に近いグレーである、という印象がある事件です。
 ただまあ、公金使ったといっても、何億という規模でなし、そんな大事なのかなあ、という印象もあります。
 例えば自分の地元の利益のために鉄道を引っ張ったとかいう総理とかもいたわけで、お金の規模からしたら大したことは無いのでは。昨日の記事に書きましたが、自分の後援会を呼んだのは良くなかった、来年は中止にしたので、その後は本来の姿に戻していきます、と記者会見すれば、暫くは叩かれるでしょうが、それで終わりになるのではないですかね。

| | コメント (0)

桜を見る会とか・・

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、小生が出勤する時間(7時少し前)には、未だパラパラと小雨が落ちてきていたのですが、お天気は回復傾向であって、昼頃はもうすっかり青空になっておりました。
 昼間は気温も上昇して上着も要らないくらいだったのですが、風向きが変わると夜は気温が急降下、寒くなりました。こういう季節ですから仕方ありませんが、どうも風邪引きの人が増えているように思います。

 さて、最近はモリカケの問題が国会では騒がれなくなって、この問題についての国会追及からは総理は逃げ切ったのかな、と思っていたら、毎年4月に新宿御苑でやっている「桜を見る会」の在り方がおかしいのではないか?と野党から追及されている。
 そんな会への招待状なんぞいただいたことはありませんから、実態がどうなっているかなんて、全く興味も関心もありませんでしたが、どうも本件は野党の主張は頷けるものがある。どうも証拠は出てこないらしいのですが、状況証拠だけでも色々とヤバいのではあるまいか、と一般ピープルたる小生が思い始めていたら、当の安倍総理はその会を来年、2020年は中止するという。二階さんの如く「何か問題あるんですか?」とか開き直ってしまえれば、別に来年もやればいいのに、と誰もが思いますよねえ。今年の開催にあたって、公職選挙法に違反するような解釈ができるもんだから、来年はやめておいて、ほとぼりが冷めるまで待っておこう、というなら姑息です。
 皇室が春秋にやっている園遊会の、総理主催版ということならば、総理大臣は衆議院議員でないとなれませんから、税金を使って自分の選挙区の有権者を呼ぶというのは、それが本当なら如何にもまずい。それは認めて記者会見で謝ってしまった方がいいのではないかなあ。

| | コメント (0)

はやぶさ2 リュウグウを出発!

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、好天が続いていた今週ですが、本日は西からお天気が崩れてくるようで、朝から厚い雲が垂れ込めておりました。日中雨は落ちてきませんでしたが、夕方からはついにパラパラと雨が降ってきました。

 ところで、本日11月13日、リュウグウに滞在していた我らがはやぶさ2は、化学系スラスタを噴射して地球へ向けて出発しました。最初に大きく軌道を変えるには、やはり化学系スラスタが必須なのでしょうね。そして地球へ向かう軌道に乗れば、次は燃費に優れたイオンエンジンの出番です。イオンエンジンを全力噴射して、はやぶさ2をじわじわと加速してくれることでしょう。
 地球帰還は、約1年後。来年2020年の12月を予定しております。行きよりも帰りの方が少し早い様なのですが、これはたぶん、リュウグウと地球との相対的な位置関係が最善のタイミングで出発したということなのでしょう。
 初代のはさぶさの際には、地球帰還の帰り道ではトラブルに次ぐトラブルで、「これはもうダメポ」という状況になりながらも関係者の知恵と工夫と、はやぶさの頑張りで地球帰還を果たしました。そのドラマが映画になったのですが、目下の所はやぶさ2には目立ったトラブルは発表されてはおりません。はやぶさ2のプロジェクトマネジャーも、「ドラマはいらない」とおっしゃっている様に、はやぶさ2は淡々と1年後に地球に戻ってきてくれる様な気がします。その位、2代目は初代に比較して安定して困難なミッションをこなしています。後はリュウグウで頂戴したお宝を持ち帰るだけなのですが、しかし1年というそれなりに長い間に、何が起きるかはわかりません。遠足は家に帰るまでが遠足だから、決して油断せずに無事に戻ってこい>はやぶさ2

| | コメント (0)

那覇空港

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、朝から雲一つ無い快晴で、気温もそれなりに上昇。昨日は何やら昼間でも寒い感じの一日でしたが、今日は少なくとも昼間は気温が戻りました。

 この記事でも確かご紹介したかと思いますが、人気youtuberのスーツさんの旅行動画「日本一周の旅」で、彼はきちんと日本全国の全都道府県を(貧乏)旅行しているのです。で、沖縄県は格安航空会社LCCを使って行っているのですが、沖縄の空の玄関、那覇空港の様子もしっかりと映っていました。
 それを見て驚いたのですが、那覇空港は那覇市の海岸沿いに、3000m滑走路一本で運用されているのですが、もう既に沖合の滑走路増設工事がかなり完了しておりました。何せ、沖縄県は観光業が中々好調で、空の玄関である那覇空港も相当の混雑。しかも、航空自衛隊も同居している軍民共用空港になっていて、かつての千歳基地と千歳空港の関係の様に、現在では空の緊張は北よりむしろ西ということになっていて、那覇基地の航空自衛隊のスクランブル回数も相当増えている。
 このままでは、いずれ那覇空港の能力は限界に達する、と誰もが思ったのでしょう。
 現在の滑走路に平行して、沖合にもう一本滑走路を増設する、という話は、結構前に出てきて、国土交通省が増設の工事を始めたと言われておりました。で、スーツさんの動画に繋がるのですが、新しい滑走路、もう完成間近みたいです。新しい滑走路は長さ2700m。現在の滑走路との間隔は1300m以上でオープン・パラレル配置ですから、2本の滑走路で同時に離着陸が可能。更に高速誘導路を付けることで、速やかに滑走路を空けることもできる。つまり、2本目滑走路ができればかなりの能力アップなのは間違いないです。
 同じ海の埋め立てによる滑走路の造成でも、辺野古基地とは随分と状況が異なりますねえ。

| | コメント (0)

かみのやま温泉

 こんばんは、チェスです。

 昨日の土曜日の記事の掲載をサボりました。昨日の土曜日~本日日曜日、会社の旅行に行っていたためでして、その行き先は山形の上山市の温泉旅館でした。
 皆様ご存じの通り、小生はいずれ山形県民、山形市民になる身ですが、今の所は東京で会社に通わねば忽ち食いっぱぐれてしまいますため、山形におりますカミさんには時々会いに行く、年に2回程はカミさんが東京に来る、という様な行ったり来たりをしております。
 で、今回の会社の旅行の行き先、というか宿泊先が山形県上山市の温泉でしたので、昨日の土曜日は会社のみんなと同じ行程を共にして、温泉旅館に宿泊し、本日日曜日は自由行動をさせてもらって、帰りの新幹線までカミさんの顔を見るということをしてきました。

 土曜日、日曜日ともにお天気は良く、非常に良い会社の旅行になったのではと思います。山はすっかり紅葉になっておりました。

| | コメント (0)

サンライズ予約

 こんばんは、チェスです。

 週末金曜日、東京はこの1週間の流れで、朝晩の冷え込みは次第に強くなってきましたが、昼間は暖かいという日の続きでした。

 さて、一昨日の記事に書きました様に、出張で広島へ行く用事ができて、帰りに「サンライズ出雲・瀬戸」に乗車して帰る、というチャンスが出来た。ただ、寝台が予約できないとどうしようもなく、その場合には他の交通手段を考えるか、一泊するかということになってしまいます。今は新幹線やJR東日本の特急列車はネット予約ができますが、サンライズの寝台の予約だけは、これはみどりの窓口へ行かないとできない仕組みなのです。何故かは知りませんが、ネットで予約できない微妙な問題があるのでしょう。

 で、今朝、会社に行く途中でみどりの窓口に寄りましたが、朝が早くて未だ開いていない。みどりの窓口は8時にならないと開かない。
 仕方がないので、飛鳥山公園をほっつき歩き、俳句のネタ探しをしました。

 そして、時間になりましたのでみどりの窓口へ。何と、狙っていた「シングルB寝台」は喫煙できる部屋しか残っていないとの事。うーん、喫煙部屋ということは、部屋の中に小生の大嫌いなタバコの臭いが染み付いているでしょうな。一瞬、「それなら結構です」と言いそうになりましたが、他のテを考えるのが面倒になり、その残っていた喫煙室を予約しました。もう、仕方ありません。広島で消臭スプレーでも調達して、部屋に撒くとしますかね。

| | コメント (0)

«来年の箱根駅伝は