カッシーニ

 こんばんは、チェスです。

 木曜日、東京は朝のうち、小雨が降っていましたので、折り傘をさして出勤しましたが、この雨は直に上がり、昼頃には晴れてきました。
 今日は傘を勤務先に忘れる人が多くなりそうですね。

 ところで、アメリカ航空宇宙局とヨーロッパ宇宙機関により開発された惑星探査機「カッシーニ」が「グランドフィナーレ」と呼ぶ最後のミッションに入ることが発表されました。
 グランドフィナーレは良いですけれど、この探査機は1997年の打ち上げなんですね。とすると、驚く無かれ20年前だ。20年にもわたって、過酷な宇宙空間、のみならず、土星周辺という何やら衝突する物がたくさんあるような空間で、よくまあ故障もせずに無事に観測が継続できたものだと感心してしまいます。
 このカッシーニには「ホイヘンス」という子観測機を積んでいて、ホイヘンスは土星最大の衛星タイタンへの着陸に成功しています。
 これだけの長期間にわたる観測ですから、その天文学的成果も実に大きく、名前に負けない偉大な探査機と言えるでしょう。

 グランドフィナーレのミッションの後、燃料を使い果たしたカッシーニは、土星の大気圏に突入し最期を迎えることになるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

核実験もミサイル発射も無かったが

 こんばんは、チェスです。

 北の独裁者が牛耳っている某国において、昨日の4月25日は建軍記念日なんだかだそうで、本来はここで軍事パレードをやるのが、前倒しして既にやっているから、それではこの日に核実験かミサイル発射かをやらかすのではあるまいか、と周辺が緊張していたわけですが、それとは無関係に小生は暢気に夜プールで泳いでいたわけです。

 それで、帰宅後に大ニュースでもあるかな、と思って報道番組なぞ見たのですが、上記の如きは無かった模様。

 変わりに、大砲をずらっと並べて、砲撃訓練をやり、これを刈り上げ某氏が見守ったらしい。
 核もミサイルも大変な脅威には違いないですが、南側の某国にとっては、むしろこちらの方が現実的な脅威となるに違いない。
 大砲は、日本には届かないですが、南側の某国の首都には楽勝で届いてしまいますからね。

 とにかく、かの北の独裁者の国は、国連安保理決議なんつうものを守る心算はさらさらないのです。
 しかし、米国の武力をもって、かの国の核施設、ミサイルを一気に粉砕というのは、できるかもしれませんが、かなり大きなリスクもあるわけです。全部つぶせればよいが、残ってしまったら、刈り上げ某氏はヤケクソになって残りをこっちへ打ってくるかもしれない。そうなった場合には完全に戦争で、米国は地上兵力をつぎ込む覚悟があるのか。我が国は後詰をする国民的コンセンサスはあるか。

 かの国の核、ミサイルの問題は、どうにもならずにもうここまできてしまった。ポイントはやはり「独裁者の国」という点にある。自分の兄貴を亡き者にしてしまった様に、どうにかして刈り上げ某氏を亡き者にしてしまえば、あとはどうにでもできるのではないかと思いますが、如何でしょうかね。まあ「それができれば苦労はない。できればさっさとやっている」という話かもしれませんが。ゴルゴ13が仮にいても、難しいかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バリアフリー工事

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、朝のうちは曇り空でしたが、次第に雲が取れて晴れてきました。但しこのお天気も今日までで、明日からお天気は下り坂になってしまうようですが。

 激昂の今村復興大臣、またもや口を滑らせて、どうやら大臣を辞めるらしい。ちょっと大臣の椅子には相応しくない政治家でしたかね。

 さて、新年度になって漸く、小生も水泳部の活動に参加することができました。バリアフリー工事のために暫く休業していた北区のプールですが、小生は工事後今回が初めての利用です。
 果たしてどんな感じになっているのかな、とプールに入っていくと、廊下の途中からスロープになっていて、ロッカールームの扉は撤去されていました。で、ロッカールームの入口の段差が完全になくなっていて、ロッカールームの床全体が嵩上げされていました。

 すると、元々設置されていた洗面台のレベルがまるで下がってしまったように見えてびっくりです。壁に固定されているヘアドライヤーの高さも低くなってしまい、平均的身長より低い小生をもってしても、これは使いにくい。

 まあ、そんな影響はあったものの、プールの中へ入る所にある腰洗い槽はそのまま。あれがあるとバリアフリーにはならないのではないかしらん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まさか・・は有り得るが

 こんばんは、チェスです。

 週明けの月曜日、東京は、午前中少し雲が出ていましたが、次第に晴れてきて、午後はすっきり快晴になりました。洗濯日和ですね。

 世界が、特に欧州が結果を見守ったフランス大統領選挙が終わりました。いずれの候補者も過半数の得票には届かず、上位2名の決選投票ということになりました。もしかしたら上位2名が極左と極右という組み合わせになったかもしれない、ということから考えれば、フランス国民はまあ順当な判断をしてくれた、というのが大方の感想でしょう。
 というのも、極右と言われているルペン候補と、中道のマクロン候補の組み合わせなら、敗れた左派陣営はマクロン支持に回るだろうから、大方の予想ではルペン候補の目は無い、ということなんですな。実際、この結果を受けて株式市場は早速反応し、今日の株価は上げました。
 決選投票は2週間後の5月7日の予定ですが、もう「まさか」は無いだろうとは思いますけれどもねえ・・ただ、英国のEU離脱、米国のトランプ当選は「まさか」という感じだったからなあ・・まだ、「何が起きるかわからない」とは言っておきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

炬燵塞ぐ

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の東京、昨晩の雨はすっかり上がって、朝からほぼ快晴という気持ちの良いお天気になりました。
 確か今日は、ヨーロッパで注目の、フランスの大統領選挙があるのですが、その直前にパリの繁華街で警察官を射殺したテロ事件が起きました。例のイスラム過激派による犯行ではと言われていますが、大統領選挙に影響するとしたら、極右のルペン候補に有利に働くかもしれないですね。

 冬の寒い間は、小生のパソコンの椅子の横に置いて暖を取っていた、カーボンヒーターの電気ストーブ、今シーズンも活躍しましたが、もうさすがに出番はないかな、と思って仕舞いました。
 同様に、冬の間は布団の足元を温めていた、電気加温式の湯たんぽも、カバーを洗濯してこちらも仕舞いました。

 俳句の春の季語に「炬燵塞ぐ」(こたつふさぐ)というのがあります。まさに小生がやっていた様なことなんですが、良く考えたら来月は「立夏」が来れば既に暦の上では春から夏になってしまう。ちょいとこれらの作業は遅すぎたかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中学校からお手紙が来た

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京、どんより曇って、怪しいお天気でした。しかも夕方頃からポツポツと雨が降り出し、小雨位で収まるのかと思いきや、意外にしっかりとした本降りの雨になりました。

 今週月曜日に書きました記事「修学旅行」というのを覚えておられるでしょうか。
 秋田県仙北市立神代中学校という中学の皆さんが、修学旅行で東京に来た時に、地元の神代をPRする手作りのパンフレットと、「あきたこまち」一合を配っておられて、たまたま信号待ちしていた小生が、その袋を頂戴したのです。

 で、いただいたお米を炊いて賞味したところ、中々美味しかった。そこで、この中学校宛てにE-Mailを出しました。メールでお礼状というのも味気ないですが、まあ手っ取り早くというのがちょっと情けないですね。

 したら本日、そのメールへのお返事として、紙のお手紙が来ました。書いてくれたのは、修学旅行の実行委員長でした。字が丁寧で綺麗なので、たぶん女子だろうと思います。美しい栞が4枚も同封されておりました。

 本当に嬉しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

爆音

 こんばんは、チェスです。

 週末金曜日の東京、薄曇りで、終日雲は取れませんでしたが、まずまずというお天気でした。

 週末なので楽しい話題でも書きたい所なんですが、いやしかし、相変わらずスマフォを弄りながら自転車を走らせているという命知らずな方がおられますねえ。まず第一に自転車という車両を運転するのに、「スマフォしながら」は反則でしょ。ところが、見ていると、こういう反則をしている人が、若い学生とかであれば、まだわかるのですが、ごく普通の主婦ですとか、普通の会社員風情の人がやっている。
 スマフォしながら自転車というのが、一般的、ということになったら、これは怖いですよ。アウトローな暴走族が、公道を爆音立てて走るのとは違いますからね。

 週末暴走族というのがいるのかどうか、知りませんけれども、小生が夕食を食べていたら、窓の外で爆音が響いておりました。2台や3台のバイクとは思えない爆音で、その後にパトカーのサイレンも聞こえましたので、警察が取り締まっていたのを逃げていたのかもしれません。
 ああいうアウトローは、悪いこと、とわかっていて、敢えてやらかしているわけです。
 ところが、スマフォ自転車の方は、おそらく「反則」という意識は殆どないでしょうね。あれはもう、一罰百戒で、ネズミ捕り式に街角で警察官が待ち伏せしていて、スマフォ自転車がきたら片っ端から捕まえて、罰金取る。一回罰金払えば、たぶん意識は変わると思うし、変わらなければただのバカですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

右側に虫が飛ぶ

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、午前中は良く晴れ、昼頃から少し雲が出てきましたが、お天気が崩れるということはありませんでした。

 ところで、ここひと月くらいの事なんですが、たまに視野の右の端を掠めるように、何か黒い虫の様なものがさっと飛び去る様に見えることがあります。最初は本当に虫が飛んだのかと思ったのですが、それにしては場所に関係なく飛ぶので、こいつは虫が飛んでいるのではなく、我が眼の問題か、視神経の問題か、脳の問題か、どこかに支障があって虫が飛んだ様に見えるということではあるまいか、と考えております。

 ちょっと調べると、何やらそんな様な症状があるのですね。

 ただ、小生の場合にはそんなに頻繁に虫が飛ぶという訳ではないので、今の所はさして気になるほどでも無い。
 まあ、もう少し様子を見て、頻度が上がってきたら眼科で見てもらう必要があるかもと思っております。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

独身生活

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、昨日程ではありませんでしたが、晴れて気温が上昇し、爽やかでした。が、午後から風が強くなってきました。どうも日本海側では荒れたお天気になっていた様です。

 小生が会員として参加している俳句結社の、最も古いと言われている句会が、明日(毎月第3木曜日)夜の句会なのですが、今月に限っては「兼題」が出されませんでした。いつもはこの兼題にかなり頼って俳句を作っているのだ、ということがわかったのですが、今月は中々良い句ができない。このように兼題の無い場合には「当季雑詠」と言って、句会が行われる季節の季語を自由に斡旋して俳句を詠む、ということになるわけです。しかしこれは中々難しいのです。「付かず離れず」と言って、詠みたい対象と、取り合わせる季語とは、イメージが近すぎても遠すぎてもダメだ、とは良く言われることです。でも、その頃合いがわからない。まあ、これはたくさん作って、皆さんの評価を待つしかないでしょう。

 さて、今日からうちのカミさんは山形へ行っています。いよいよ、連休明けから山形の家のリフォーム工事となるのですが、それに先立って家の片づけをしていかないといけない。しかし小生は会社がありますから、東京を離れることはできない。で、カミさんが先発して行きました。
 GWになったら小生も山形へ行って家の片づけですが、それまでの間は久しぶりの独身生活です。
 尤も、GWが終わったら、また一人だけ東京に戻るわけでありますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

砂糖ゼロ

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、強風が吹き荒れていて、雨が降っていた朝でしたが、幸いにも小生が出かける時には雨が上がりました。
 雨が上がると気温が上がって、東京でも夏日になったと思います。

 会社のデスクでは、みんなそれぞれ好きな飲み物を机の上に置いて仕事をしている訳ですが、小生の場合には時々に好みが変化して、何かに凝っているとそればっかり飲み続けるということをやります。そうすると当然というか、ある時に突然に飽きてぱったり飲むのを止めるという飲み物もあります。

 実はブレンディのカフェオレのシリーズがそれで、過去にはこのカフェオレのシリーズが大好きで、片っ端から買ってきては飲んでおりました。
 それがなんというか、簡単に言ってしまえば飽きて、少し前から紅茶のティーバッグに変わっておりました。

 ところが先日、イトーヨカドーのコーヒー売り場を眺めていたら、以前に飲んでいたブレンディのカフェオレの「砂糖ゼロ」という新製品が登場していた。(小生が見たのが最近だっただけで、製品自体は前からあったかも)「砂糖ゼロ」というからには、コーヒーとミルクのみでカフェオレを作っているのか、と思って、試しに買ったわけです。スタバで飲む「カフェミスト」みたいな感じかなと思いまして。

 ところが、どうもこの「砂糖ゼロ」がイマイチなのです。砂糖の入っていないカフェオレの筈だが・・ブレンディのカフェオレはかくあるべし、という固定観念があるのだろうか、イマイチ美味しいとは思えない。ということで、たぶん再び買うことはなさそうです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«修学旅行