雪は降らなかったが

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京、天気予報通りに朝から雨降りで、日中は殆どずっと降っていて、夕方近くになって漸く上がりました。
 昨日の予報では関東地方では平地でも雪が降るかもしれません、なんて言っていて、そんなに寒くなるのかと文字通りに震え上がっていたのですが、さすがに東京の東の方では雪は降らなかったです。西部の多摩の方ではどうかな?

 たぶん、北からの寒気が関東地方の方まで南下してきたので、これだけ寒くなったのでしょうね。お日様も出ていなかったので、最高気温は10℃には届いていない筈で、毎年寒くなると厄介になる赤外線ヒーターを慌てて出して、火を入れました。

 寒くなってくると、小生の場合にはどうしても夕食が鍋ばかりになります。八百屋ではもう芹を売る様になっていたので、これを買ってきて、後は白菜やお豆腐、茸に鱈なんかを入れて、最後に芹を放り込めば出来上がり。

 鍋は、後で洗う食器の数が少なくて助かります。

| | コメント (0)

まつや セルフ化

 こんばんは、チェスです。

 金曜日の東京、ここ暫くの間続いていた東京の好天も止まってしまい、今日は朝から分厚い雲に覆われておりました。ただ北の空は明るい感じでしたので、南からのお天気の崩れという奴かもしれませんね。

 週に一度、水泳部の活動と称して(実際に水泳部の活動にしています)会社の帰りに北区のプールに寄って、ひと泳ぎしてから帰るのですが、その場合帰宅してから夕食にすると遅くなってしまうので、どこかで食べてしまいます。小生が良く立ち寄るのが定食屋の「大戸屋」ですが、ここは最近値上げ激しく、あまり評判がよろしくありません。安いのが牛丼チェーン店の「まつや」で、牛丼のみならずハンバーグやカレーもあるため、牛丼は食べない小生でも重宝していたのです。
 で、先週「まつや」に入ったら、お店が少しリニューアルしていた。椅子とテーブルが増えていて、病院の待合室にあるような「番号表示モニター」が付いていた。で、料理の配膳がセルフになったのです。
 元々まつやは食券購入の前払い式でしたが、以前は食券を持ってテーブルにつくと、お茶かお水を持ってきて食券を回収し、料理が出来ると持ってきてくれたのです。それが今度は、食券の番号がモニターに表示されると、前のカウンターに取りに行き、自分の席まで自分で運ぶ。お水とお茶は飲みたい人が自分で持ってくる。食べ終わったら、食器は返却口へと運ぶと。つまりは、立ち食い蕎麦屋と同じセルフサービスになったわけ。
 こうなると、お店の人とのコミュニケーションは益々希薄になりますね。それでも小生は食器を返却する時に、せめてもと思って「ご馳走様」と言って返しますが・・・まつやでも、人手不足が厳しくなってきたのでしょうね。もう一つ小生が良く寄る天丼の「てんや」もいずれこうなるかな。

| | コメント (0)

扇屋の厚焼き玉子

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、引き続き、太平洋側の冬晴れの一日でした。空気の乾燥は要注意になってきましたね。

 昨日の水曜日の夜、小生が会員となっている俳句結社で最も楽しみにしている句会がありました。今年最後の句会で、句会後の懇親会は納会ということになるので、皆さんなんかかんかと差し入れを持ってきます。どうしてそんな差し入れが可能なのかと言うと、前にも書いたかと思いますが、結社の主宰が経営している居酒屋が会場だからです。
 で、小生は毎度、王子名物の「扇屋の厚焼き玉子」を買って差し入れにしています。これは皆さんに喜んで食べていただいていて、見ていると結構早く無くなります。かつて割烹として営業していた頃からお正月用として買いに来たものですが、この玉子焼きはあまり日持ちがしない。だからお正月に食べようと思ったら、大晦日に買うのがいいのですが、この日は予約販売で一杯なのです。今回買うときに聞いてみたら、既に大晦日の分の予約は一杯になっているとの事。割烹が無くなって久しいですが、厚焼き玉子は相変わらずの人気の様です。

| | コメント (0)

イノシシ

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、北日本、特に日本海側は荒れた天気になった模様ですが、東京は朝から快晴で、一日快晴でした。空気は乾燥して、こうなるとインフルエンザの流行が怖いですね。朝乗っていた電車の、7人掛けのロングシートに座っていた人のうち、6人がマスクを着けていました。みんなインフルがヤバイと思い始めている模様。ただお医者さんによると、マスクは外出毎に交換するべきで、その時にはマスクのフィルター部分は触ってはいけないのだそうです。

 さて、昨日の夜だったか、うちのカミさんからのメールで「足立区にイノシシが出たんだって?」というのがあって、いやいや、そんなバカな、いくらなんでも足立区にイノシシはいない。と思っていたら、今日になって埼玉県の富士見市という所でイノシシが捕獲されたとのニュースを見ました。そのイノシシは、昨日足立区で目撃されたのと同じ個体かもしれない、ということで、本当だったのか、と驚きました。

 足立区、というのは、荒川放水路の河川敷のことだったのですね。そのため、荒川の北の方から河川敷伝いに足立区までやってきたイノシシが、今日は少し埼玉県方向に戻った所で御用になった、のではあるまいかと。
 いや、それにしてもね。イノシシが生活しているというのは荒川の上流の方でも、相当に遡らないとそんな場所にはいきつかないでしょう。埼玉県と言っても南の方は全くの住宅地と工業用地で山なんかありません。荒川は大宮の少し西を流れているけれど、少なくともそのあたりまではイノシシの生活は無理でしょう。もう少し北で入間川との合流点がありますが、入間川は西から流れてきて、荒川は更に北から。まあ少なくともこのあたりより上流だろうなあ、と思いますが、意外にもイノシシはそんなに山奥ではなくてもちょっとした雑木林のあるあたりにでもいるのですかねえ。イノシシの専門家に、如何なるところで生活しているのか訊いてみたいような気もします。

| | コメント (0)

はやぶさ2 進路地球へ

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、昨日の雨が上がり、朝は少し雲がありましたが、やがてすっきり晴れて好天の一日でした。

 お昼のNHKニュースでも取り上げていましたが、今日はやはりこれを書かないわけにはいきません。
 先月、小惑星リュウグウから離脱した、JAXAの「はやぶさ2」ですが、惑星間空間を巡航するためのイオンエンジンの動作確認、試運転をした結果、準備完了となって、いよいよ本日11時、加速のためにイオンエンジン全力運転が開始されました。一路地球へ向けてはやぶさ2、発進!というわけですね。

 奇しくも、本日12月3日は、丁度5年前にはやぶさ2が種子島宇宙センターから打ち上げられた日です。

 はやぶさ2は小惑星リュウグウで1年以上の滞在の間、困難なミッションを次々とこなして、大きな科学的成果を上げました。後はリュウグウからの「お宝」をしっかり持ち帰って、来年の今頃、オーストラリアのウーメラ砂漠にカプセルを届けてもらわけばいけません。イオンエンジンを始めはやぶさ2のシステムが無事であれば、特段の心配はないだろうと思いますが、しかし惑星間区間を1年間航行しないといけないわけで、何が起こるかわからない。かつてのJAXAの火星探査機「のぞみ」の如き事故だって起こり得るのですから、油断は禁物ですね。
 無事に戻ってこいよ、はやぶさ2!

| | コメント (0)

酒もタバコも薬物

 こんばんは、チェスです。

 週明け月曜日、東京は朝からパラパラ雨が落ちていて、予報では何やら横殴りの本降りの雨が降る、みたいに言われていましたので、長い傘を持って家を出ました。
 朝のうちはそれほど寒くは無く、ここ数日の朝の寒さはやわらぎましたが、前線が通過すると風向きが変わって寒くなるらしい。寒いのは何しろ嫌ですが、何せ師走ですからね、仕方が無い。

 しばらく前に、何とか言う女優さんが違法薬物所持で逮捕されましたが、芸能人・有名人だからこうしてニュースになるのであって、たぶん違法薬物で捕まる人は相当数いるのでしょう。
 ところで、イギリスの研究者が、世の中で良く知られている薬物の人間に対する影響度を調べて医学雑誌に投稿した論文によると、興味深い図があります。横軸に、薬物による人間への害の大きさ、縦軸に依存性を取り、色々な薬物を、この図にプロットしているのです。
 害の大きさ、依存性の双方が一番大きいのは、ヘロインということになっていました。で、この図の中ほどにタバコやアルコールがプロットされていて、この2つより害も依存性も小さい所に大麻やLSD、MDMAがプロットされておりました。これらは、依存性や害の大きさという物差しでいけば、タバコやアルコールよりは大したことは無い、という風に読めてしまいます。それでも、これらの薬物は法律で厳しく規制されておりますから、日本で持っていたり使用したりすると逮捕されてしまいます。つまり違法ということです。

 タバコや酒は、日本では年齢制限はあるものの、持っていても違法では無い。合法なのです。
 害については、同じ研究者グループがより細かい分析をしていて、薬物を摂取する本人に対する害と社会に対する害を分けて数値評価しています。そうすると、驚くべきことにアルコールの害はヘロインを抜いて1位になってしまうのですね。
 もちろんこの数値評価には、ヘロインは違法薬物なのに対して、アルコールは、どこにでもあって入手が容易であるということも強く影響しているものと思います。
 近代国家が形成される以前から、アルコールとタバコの2つは広く人間に浸透してしまっていたために、法律で規制するには既に手遅れだった、というのはわかります。しかしタバコの方は、タバコを吸っている人間の周辺にまで害を及ぼすことが明らかになるに至り、世界的にも規制が厳しくなってはいます。
 アルコールについても規制ということになる時代が来ることはあるのでしょうか。

| | コメント (0)

師走

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の東京、どうやら好天の日は終わってしまったようで、朝からの曇り空でしたが、お天気が悪くなるという感じはなく、しかし気温は上がらなかったので寒い一日でした。
 で、カレンダーはとうとう最後の一枚になり、2019年~令和元年と言った方がかっこいいのでしょうか、本日から師走12月ということになりました。
 師走の声を聞くと、何かと気忙しい。やれ忘年会の予定だ、年賀状の準備はどうする?勿論お正月は山形に帰らないといけませんから、その切符の手配も必要になる、という訳です。

 と同時に、昨晩まで何故か夏掛けの掛布団のままであったので、本日からの師走に際して冬用の掛布団にチェンジしました。
 そうすると、夏掛けの布団の布団カバーを外して洗濯し、布団袋に仕舞わないといけない。洗濯機は大物が一つ入るだけで一杯になってしまいます。洗濯物も、今日は少し乾きが悪い様に思いました。

 ところで、J2のモンテディオ山形、最終盤でバタバタと負けてしまって、自動昇格の2位も逃した上、プレーオフの6位まで危なかったのです。小生はてっきり、水戸に抜かれたと思ったのですが、総得点で辛うじて上回り、ギリギリ6位に踏みとどまり、今日はプレーオフの第1戦、まあ、第1戦と言っても負けるか、引き分ければその時点で終わりなのですが、大宮アルディージャとの第1戦を2-0で勝ってくれました。すると次は徳島へと乗り込んで、まあここも勝つしかないのですが、来週第2戦があり、これに勝つとやっとJ1昇格への挑戦権が得られるわけ。未だ未だ道程は遠いですが、来週も頑張れよ~モンテディオ!

 

| | コメント (0)

虫歯の治療跡

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京、昨日の好天の続きで、朝からの青空が夜まで続きました。昨日の夜、山形にいるカミさんからリンゴが届き、これは一人では食べ切れないので半分強を鳥越の小生の実家に持っていくこととしましたが、その前に歯医者の予約が入っているので、まずはそちらから。

 歯医者の予約というのは、約3ヵ月に1回、歯医者に勤務しておられる歯科衛生士の方に、歯の健診とクリーニング~歯石を取ったりですね~をしてもらうことをやっている訳です。
 暫く前に、親知らずが軽い虫歯になっていると言われて、親知らずですから、抜いてしまったらどうですか?と言われたのですが、歯を抜く時の麻酔の注射が嫌な小生は、抜くのを回避して治療をしてもらうことにして、つまり親知らずはそのままになっています。ちなみに小生の親知らずは1本だけ抜かれていて、残りの3本は居残っております。

 で、今日はいつもの様にクリーニングのみで終わるのかな、と思ったら、左の上の歯の、治療をした跡の被せてある金属がかなり傷んで汚れてきているので、一度この金属を外して、改めて被せ直すという処置をしたらどうか?と言われてしまいました。
 虫歯の治療をした跡なので、既に神経を抜いてしまっていて、だから仮にここが再び虫歯になっても痛みを感じない、ということは悪くなっても自覚できないということで、つまりは昔の虫歯の治療の跡をメンテナンスした方が良い、ということらしい。

 そう言われると、これはほおっておいて良い話ではなさそうなので、しかし緊急を要するということも無いらしいので、年を跨ぐとよろしくないため来年1月に予約を取って、被せてある金属を外して、付け替える処置をしてもらうことにしました。3回位で終わるということですので、まあその位なら仕方ないのでしょう。

| | コメント (0)

中曽根元首相

 こんばんは、チェスです。

 週末金曜日、東京は朝から一片の雲も無く、きれいな青空で、この青空が一日続きました。東京は約1週間位は雨模様のお天気が続いていたため、朝からお日様を拝んだのは久しぶりな気がしました。但し気温は低く、出勤時、駅へと向かう人たちの中には寒そうに手をポケットに突っ込む姿がだいぶ見られました。手袋やマフラーという耐寒装備はまだ準備していないというわけですね。両手ポケットは実は結構危ないので、手袋を出した方がいいですね。

 ところで、中曽根康弘元首相が逝去したというニュースが入ってきました。日本が未だ比較的景気が良かった頃の総理大臣で、当時の米国大統領 ロナルド・レーガン氏とは良好な関係を築いて「ロン・ヤス」だとか言われていましたね。米国海軍を象徴する原子力空母の名前にも、「ロナルド・レーガン」はついておりますね。
 ちなみに我が海上自衛隊の艦船名には人名はつかないので、航空護衛艦「中曽根康弘」はまず実現しないでしょう。この艦船名に人名を付けない、というのは別に戦後になってからではなくて、旧帝国海軍の時代から、既にそういうルールになっていた様です。
 昭和の日本の総理としては、存命だったのは中曽根さんは最後の人かな。昭和が終わって平成になってから少しして、日本の景気はどんどん悪くなり、「失われた何十年」ということになるのですが、現在の日本は急速な少子高齢化社会で社会保障費はうなぎ上りに増大し、一方で経済は長期低迷して給料は上がらない、と・・どうにも袋小路に入っています。良い時代に総理をやりましたね、中曽根さん。

| | コメント (0)

谷根千

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、昨日に引き続いてどんより曇り空で、時々雨が落ちてきました。秋雨前線というには季節が進んで寒くなっていますが、今週はこんな冴えないお天気ばかりですねえ。

 ところで、小生が会員となっている俳句結社の中でも、特に若い人が中心の第1水曜日開催の句会で、今後の句会の運営方針等についての会合があり、昨日会社が終わってからそちらに行ってきました。
 会場になったのは、日暮里駅から歩いてほんの数分の所にある夕焼け酒場というお店で、2階の座敷が会場になっておりましたが、なにやら非常に趣があるというか、昭和の建物であって、古めかしく面白い民家でした。
 谷中銀座というのが近くにあるエリアなんですが、最近では「谷中・根津・千駄木」をまとめて谷根千という言葉があって、この言葉も市民権を得ているようなんですね。どうも、そもそもはタウン誌を編集している人が作った言葉の様なんですが、ただ文京区方面の人たちからすると、谷中方面の下町とは一緒にしないで欲しい、という様なクレームもあるそうです。難しいもんですねえ。

| | コメント (0)

«タモリ鉄道(電車)クラブ